健康、生活 › 2018年05月17日

2018年05月17日

歯石は放置しておくと中で細菌が繁殖し、歯茎が腫れたり、歯周病の原因になったりします

歯周病は初期段階ではあまり自覚症状がなく、徐々に歯石が付いて歯茎が腫れたり、歯茎から出血するなどの炎症を起こし、痛み出したときには既に骨が溶け出していたりします。特に、前歯や上の奥歯の裏側などの唾液が出てくる箇所の周辺にみがき残しがあると、歯周病になりやすいので注意が必要です。

また、歯周病などで歯がグラついても、すぐに「歯を抜かないといけない」というわけではありません。歯周ポケットの中の汚れを取って薬剤を塗布して様子を見る、という場合もあります。掃除してキレイにすると歯茎が引き締まり、出血もおさまることがあります。毎日の歯みがきで気を付けていても、みがき残しはどうしても出てくるものです。
エアータービン
歯石除去
歯石は放置しておくと中で細菌が繁殖し、歯茎が腫れたり、歯周病の原因になったりします。今は特に問題がないと感じていても、将来起こり得る歯のトラブルを防ぐために定期的な歯のクリーニングをおすすめいたします。

これまで歯科医院へは「歯が痛くなってから行く」という方は多かったのではないでしょうか?確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。近年は虫歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、虫歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。
ポータブルレントゲン
PMTC
PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」の略称で、毎日の歯みがきでは落ちない歯の汚れや歯ブラシの届きにくい場所を、プロが専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。

歯の表面には、プラークの元となるバイオフィルムという菌が膜のように定着してしまうことがあります。PMTCでこのバイオフィルムを破壊し、菌を除去し、再付着の防止と免疫力の向上をはかります。  


Posted by koikenina at 16:10Comments(0)

2018年05月17日

初期の虫歯や歯周病は自覚症状がありません

予防歯科の目的、それは「お口の健康を生涯にわたって維持すること」です。
小さなお子様であれば、虫歯が一本もないお口の環境を作ることが可能ですし、成人の場合、治療した部分の虫歯や歯周病の再発を防ぐことができます。お口の健康を守るための基本は、毎日のブラッシングなどによるセルフケアです。ただ、それだけでは、汚れを完全に落とすことはできません。そのため、定期的な歯科医院での予防ケアが大切となります。
ハンドピース 歯科
初期の虫歯や歯周病は自覚症状がありません。そのため、気付いたときにはかなり進行してしまっていることが少なくありません。予防可能な病気である虫歯や歯周病。お口の健康のために大切なのは、虫歯や歯周病にかかる前に未然に防ぐこと。そうすれば、症状が悪化してから治療するより、身体的・経済的負担が少なくて済みます。普段から歯科医院での定期検診を上手に活用することで、自分の歯の健康をいつまでも守っていきましょう。

歯垢に棲みつく歯周病菌が、歯ぐきや歯を支える顎の骨などの歯周組織を破壊する感染症である歯周病。日本人の成人の8割が歯周病または歯周病予備軍といわれています。悪化すると歯を失うことにつながる歯周病。普段のご自宅でのケアと定期的な歯科医院でのケアでしっかり予防しましょう。末永く健康な歯でいつまでもご自分の歯でお食事を楽しむためにも、気になる症状があるときはもちろん、症状がなくても定期検診を受けて、お口のトラブルを未然に防ぎましょう。

歯周病を予防するため、また再発を防ぐためには、歯周病の原因となるプラーク(バイオフィルム)を除去することが重要です。しかし、残念ながら毎日のブラッシングだけでプラークを完璧に除去することはできません。丁寧にブラッシングをしているつもりでも、長年の磨き癖などもあるので、どうしても磨き残しができてしまいます。一般的には、奥歯や歯並びの悪い箇所にはプラークが残りやすいとされています。
ポータブルレントゲン
そのため、ご自身の口腔内に適したブラッシング方法を身に付けること、さらに、歯茎の中など、ご自身ではどうしても取り除くことのできない部位に入り込んだプラークを「メンテナンス」で定期的に除去することが重要です。

また、全身疾患に悪影響を及ぼす歯周病を予防することは、全身疾患に既往のある患者さまにとっては非常に有益です。  


Posted by koikenina at 15:41Comments(0)

2018年05月17日

PMTCは専用器具を使ったプロによる歯のクリーニングです

PMTCでバイオフィルムを徹底除去
施術後にはお口の中に爽快感が広がる
お口の中には虫歯菌や歯周病菌など、たくさんの細菌が潜んでいます。これらがお互いに結びつくと粘着性のあるバイオフィルムとなります。このバイオフィルムは歯の周りをすっぽりと覆い、この上からプラークが付着すると、虫歯や歯周病を引き起こします。
バイオフィルムは歯みがきでは落ちません。これを完全に取り除いてくれるのが、歯科医師や歯科衛生士が行う
エアーモーター
PMTC(Professional mechanical tooth cleaning)です。
PMTCは専用器具を使ったプロによる歯のクリーニングです。歯の表面の汚れや歯周ポケット内側の歯の根の表面に付着している歯石・バイオフィルムまで除去できます。処置後はフッ素入りジェルで歯のコーティング&トリートメントをします。歯の表面がツルツル、口腔内には爽快感が広がり、虫歯や歯周病の予防効果もあります。虫歯になりやすい方、あるいはメンテナンス中の方は、ぜひ一度、お試しください。

【予防治療】ブラッシング指導でプラークコントロール
虫歯を防ぐブラッシング指導
歯みがきが苦手な患者さまにおすすめしているのが、プロが行うブラッシング指導です。これは歯科衛生士がその場で歯を磨きながら、歯ブラシの当て方や動かし方を指導していきます。
パルスオキシメーター
ほとんどの方は数回の施術でコツをつかみ、歯みがき上手になっていきます。患者さまからは「歯みがきの仕方が上手になった」「プロに磨いてもらって気持ちいい」と喜ばれています。歯みがきに自信のない方は、お気軽にお問い合わせください。

予防歯科について
このような歯周病を予防する方法としては、毎日の適切なブラッシングだけでなく、定期的な来院で専門の機器を用いたクリーニングが最も効果的です。

正しいブラッシング
歯並びは一人一人全く異なりますので、患者様に合ったブラッシングの方法と歯ブラシの種類を詳しくご説明いたします。  


Posted by koikenina at 10:49Comments(0)