健康、生活 › 2018年05月24日

2018年05月24日

食後や就寝前の歯磨きは重要ですが、それだけでは、健康な歯を守りきれないのが現実です

虫歯になって治療をすることを繰り返すのは、患者さん自身の将来を真剣に考えると、あまりよいことではありません。欧米では日常的となっている、定期的な歯のケアをすることが大切です。

食後や就寝前の歯磨きは重要ですが、それだけでは、健康な歯を守りきれないのが現実です。日ごろの歯磨きだけでは落としきれない汚れを、専用の器具で落とすことで、虫歯のケアはもちろん、歯の色も今までとは違い、きれいになります。

予防歯科プログラム
PMTC
クリーニング専用の器具で歯の表面、歯と歯の間、付け根の部分を丁寧に磨き上げます。
これにより、歯磨きでは落としきれなかったプラーク(ネバネバした細菌のかたまり)やタバコやコーヒー、赤ワインなどの食べ物による汚れも除去します。
歯科 マイクロスコープ
フッ素
歯の表面に抗酵素作用や抗菌作用がある、フッ素を塗布することで、歯質を強化します。
これにより、虫歯になりにくい環境を作ります。定期的に続けることが重要です。
※お子様にもお勧めです。

シーラント
奥歯の溝や歯の隙間に入った汚れは落としにくく、虫歯になる確率が高いです。
シーラントというフッ素の入った樹脂で隙間や溝を埋め、汚れを着きにくくします。
※乳歯から永久歯に変わる頃のお子様に特にお勧めします。

カリエスリスク検査
唾液検査等により、口腔内にいる菌の数を調べたり、食生活を伺った上で、虫歯になる危険度を検査することができます。
そして、個人のウィークポイントを知ることで予防効果を高めます。
超音波スケーラー 家庭用
予防歯科とは徹底的なプラークコントロール
虫歯や歯周病の原因は歯垢(プラーク)です。プラークを適切に除去し、お口の中を清潔に保つことが虫歯や歯周病を防ぎ、歯を確実に守ることにつながります。(プラークコントロール) ではこのプラークコントロールを徹底し、健康状態を維持するためには実際にはどのようなことを行えばいいのでしょうか。それは定期検診(メンテナンス)とご自宅での正しい歯磨き(セルフケア)です。日本で定期的に歯科医院でメンテナンスを受けている方は全体の約15%程度なのに対し、スウェーデンでは実に約80~90%の方が定期的に歯科医院でメンテナンスを受けており、これがスウェーデンの人々に虫歯や歯周病が少ない理由なのです。  


Posted by koikenina at 15:24Comments(0)

2018年05月24日

虫歯や歯周病にもならず痛みも発生しないからです。

お口の病気における一般的な病気は虫歯と歯周病です。
医食同源という言葉があるとおり、食生活が全身の健康につながるといえます。さて、虫歯や歯周病は治療さえすればいいと思っている方も多いと思います。しかし例えば虫歯で歯医者を受診し、適切な治療を受けたとしてもその歯は完全に元の状態には戻りません。
そこで虫歯や歯周病にならない予防歯科が重要になってくるのです。歯科クリニックでは予防歯科は究極の無痛治療だと考えております。何故なら予防歯科治療自体は心地よいものであり、また予防歯科を徹底することにより、虫歯や歯周病にもならず痛みも発生しないからです。
歯科用バー
セルフケア
セルフケアとは、毎日の歯磨き(ブラッシング)のことです。
しかしながら毎日の歯磨きで丁寧に磨いているつもりでも実は磨き残しがあります。
そこでかかりつけの歯医者さんでブラッシング指導を受けていただき、ご自宅でしっかりとお口のお手入れができるようになることが予防歯科のファーストステップといえます。
やはり普段の予防ケアが一番大切です。継続は力なり。。。一緒に頑張りませんか!

プロフェッショナルケア
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの頭文字です)と呼ばれる歯科医院での専門クリーニングをとも歯科クリニックでは実施しています。歯医者で行う最も基本的な予防ケアとして効果があります。やはり日頃のセルフケアで丁寧に磨いても、どうしても汚れをすべて取り除くことは困難です。PMTCでは、歯科専門家がお口の中を隅々まで綺麗に仕上げます。一度PMTCを受けていただくとお分かりいただけると思いますが、ピカピカツルツルになった歯は実に気持ちいいものですよ。

口腔(だ液)検査
歯や歯茎の状態、お口の中の細菌の数などを調べることで、お一人ひとりに合わせた効果的な予防方法をご提案いたします。
抜歯 器具
スケーリング(歯石取り)
歯周病の原因となる細菌が含まれる歯石は、ハブラシでは絶対に除去できません。専門の器具を使って、歯石を徹底的に除去します。

歯みがき
自分ではしっかりと磨けているつもりでも、実際には磨き残しができてしまうものです。歯科医院での指導を受け、自分に合ったハブラシで正しい歯みがきを行いましょう。  


Posted by koikenina at 10:53Comments(0)