健康、生活 › 2018年06月06日

2018年06月06日

今や歯科医療の主流は、「治療」から「予防」になりつつあります

歯間や歯と歯茎の境目には、歯ブラシでは落とすことの難しい細かな汚れが残っています。このネバネバした汚れをバイオフィルムといいます。バイオフィルムには、バイ菌が住みつき、放っておくと虫歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となってしまいます。バイオフィルムが形成されると、抗菌剤やフッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで到達しない為、十分な効果が期待されなくなります。

PMTC
プロによる徹底的なクリーニング「PMTC」
PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、虫歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には歯ブラシが届かない箇所ができてしまうため、磨き残しが出てしまいます。PMTCを行うことで、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保つことができます。
歯科 マイクロスコープ
フッ素塗布
「フッ素」とは、言わば「歯の栄養剤」です。塗布することで歯の表面のエナメル質を強化し、 虫歯の原因である酸によって歯が溶けるのを防ぎます。 また、酸で柔らかくなり始めてしまったエナメル質を再び硬くする「再石灰化」という作用も持っているのです。

予防のメリット
・将来虫歯や歯周病になりにくくなる。なってもコントロールしやすい。
・定期的な予防を受けることにより お口全体のチェックができる。トラブルがあった場合軽症のうちに処置できる。
・お母様が予防をすることにより お子様の虫歯のリスクが低くなる。(ミュータンス菌の量が多いお母様の場合、同じスプーンではお子様に感染しやすくなるといわれています)
歯科材料販売
定期健診でしっかり予防を行いましょう
今や歯科医療の主流は、「治療」から「予防」になりつつあります。悪くなってしまったところを治療するのはもちろん大切なのですが、それだけでは「悪くなっては治療し、また悪くなっては治療し」の繰り返しになってしまい、健康な歯がどんどん少なくなってしまいます。大切なのは「これ以上お口の健康が損なわれないような口腔環境をつくること」なのです。現在お痛みを感じている方はもちろん、そうでない方も定期的にチェックして頂く事をオススメしております。  


Posted by koikenina at 15:31Comments(0)

2018年06月06日

歯科医院は「お口の病気になったら行く場所」と思っている方が多いのではないでしょうか。

確かに、痛みなどの異変を感じた場合は、すぐに歯科医院で治す必要があります。しかし、虫歯治療などで一度削った歯は、どんなに丁寧に治療しても元の健康な歯に戻ることはなく、弱くなります。これでは、お口の健康を維持することは難しくなってしまうので、削らずにすむよう、病気を予防することが大切です。その役割を果たすのが歯科医院です。つまり歯科医院は、「お口の病気を予防しに行く場所」でもあるのです。

PMTC
『PMTC』は、『Professional Mechanical Tooth Cleaning』の略で、歯科医師や歯科衛生士が専用機器を使って行なう歯のクリーニングです。毎日きちんと磨いているつもりでも、歯並びやブラッシングの癖により、歯ブラシの届きにくい部分や汚れが溜まりやすい部分ができてしまいます。そこで、歯ぐきの縁から1~3mm下のプラークが多い歯面を中心として、徹底的にきれいにしていきます。特に、ブラッシングでは簡単に落とせないバイオフィルム(※)、たばこのヤニや茶シブのなどの着色汚れを落とすのに効果的です。また、使用するペーストにフッ素が含まれているので、虫歯予防の効果が期待できます。終了後は爽快感が広がり、お口の中がさっぱりします。1~3ヵ月に1回ほど受けていただくと、虫歯・歯周病の予防により効果的です。
超音波スケーラー 家庭用
定期健診+ご自宅でのケア」で、効果的に病気予防を!
末永く天然歯を維持するためには、歯科医院で定期健診を受けるとともに、毎日ご自宅でしっかりと歯をケアすることも大切です。当院では、効果的にご自宅で病気予防をはかって頂くために、ブラッシング指導も行っております。「磨いている」のと「磨けている」のとでは、効果に大きな差があります。患者様の歯に合ったブラシを使って、適切な方法で磨いてこそ、初めて効果的に病気を予防することができるようになります。ブラッシング指導では、歯科衛生士がブラシの選び方から磨き方まで丁寧にご指導させて頂きます。むし歯、歯周病と無縁な歯を手に入れるためにも、「当院での定期健診+ご自宅での適切なケア」を実践するようにしてください。
パルスオキシメーター
歯を失う原因第1位は「歯周病」第2位は「むし歯」
現在、歯を失う原因第1位は歯周病、第2位はむし歯であると言われています。どちらも耳馴染みのある病気で、それゆえに「たかが歯周病」「たかがむし歯」とお考えになっているかもしれませんが、それは間違いです。それらは、あなたの「生涯、自分の歯で物を噛み続ける」という希望を阻む、恐ろしい病気なのです。これらの病気を予防するためには、歯科医院での定期健診が不可欠です。定期健診により、歯を健康な状態に保つことで、天然歯の生涯維持をはかるようにしてください。  


Posted by koikenina at 12:21Comments(0)