健康、生活 › 2018年06月20日

2018年06月20日

歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。

痛くなってから行く⇒歯を削るの悪循環をとめることが重要です。そのため、近年はむし歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、むし歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。

毎日しっかり歯を磨いているつもりでも、歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目に、歯ブラシでは落とすことの難しい汚れが残っています。このネバネバした汚れをバイオフィルムといいます。バイオフィルムには、バイ菌が住みつき放っておくと、むし歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となります。バイオフィルムが形成されると、抗菌剤やフッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで到達しない為、十分な効果が期待されなくなります。バイオフィルムは普段のブラッシングでは除去しにくいので、プロによる定期的なクリーニングでしっかり除去しましょう。
マラソン マイクロモーター
PMTCは、毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れを歯医者さんで専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。歯石を取るような治療ではなく、あくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。治療ではなく歯磨きの手伝いをして欲しい人、歯周病の治療が終わっている人、矯正中の人、被せ物やブリッジなどがある人におすすめです。
コントラ 歯科
PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略です。歯科医師、歯科衛生士などの専門家により、さまざまな器具とフッ化物入りペーストを用いて、すべての歯面とその周辺のプラーク(歯垢)を除去する方法です。約20年ほど前にむし歯、歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され、現在多くのリサーチに裏付けられて着実な臨床実績を上げています。PMTCは歯の表面がツルツルして気持ち良いばかりでなく、プラークに含まれる雑菌を落とすことによるむし歯・歯周病予防の効果があります。歯のクリーニング専用に開発された特殊なブラシやゴムのカップなどを使うので、痛みはありません。また、歯肉の腫れや痛みを抑え、苦痛緩和、歯の延命効果も期待できます。PMTCはあくまでケア行為ですから、それだけでは病気は治りません。しかし、プロのクリーニングによってお口の中の雑菌レベルが低くなれば、それだけ治療成績も良くなります。また、歯の着色は落とすことができますが、歯の色そのものは変わりません。  


Posted by koikenina at 12:52Comments(0)

2018年06月20日

歯周病は、バクテリアの停滞とそれに対する抵抗力とのバランスで進行します。

歯周病菌のゲノムの解読も完了し、将来的にはこのような抵抗力に働きかける遺伝子治療が可能となると思われますが、実際の治療現場での活用はもう少し先の話でしょう。

やはり現在の歯周治療はバクテリア、実際には、これら複数のバクテリアで構成された歯垢(プラーク)が歯周治療のターゲットになります。プラークが再形成されやすい環境、言い換えれば再発しやすい環境を残したままで、Stability(長期的な安定)を達成できません。皆様に何度も「同じ問題」で悩んでいただかないためにも、安全・適切な外科処置の選択をお勧めすることもあります。
歯科医療機器
歯周精密検査
歯周ポケットの深さ、歯肉出血の状態、歯の動揺度、プラークの付着度など、現在の病状を把握するため、レントゲンや口腔内の写真、模型、歯周組織検査、細菌検査などを行います。

歯周基本治療
精密検査の結果をもとに、可能な限りプラークを口腔内から取り除きます。この処置の基本は、ご自身での清掃になります。歯ブラシや歯間ブラシ、フロスの使い方をご説明させていただきます。セルフケアでは対処しきれない歯ぐきの中の歯の根に付着したプラークを、トレーニングを受けた歯科衛生士が除去、歯周病の治癒を促します。

積極的歯周治療
歯周病が進行すると、基本治療のみでプラークを除去できないことがあります。また、除去できたとしても再度プラークが形成されやすい環境が残る場合があります。
この様なときには、積極的にそれらの問題を解決するため、外科処置が必要となることがあります。
歯科ハンドピース滅菌
メインテナンス
歯周病は完治することはありません。しかし、部分的な再生療法や、適切なプラグラムのもとで現状を維持していくことは可能です。ブラッシングが上手い人でも2~3割の磨き残しがあると言われてます。定期的に専門医によるメインテナンスをおうけいただくことで、より安定した状態を維持することができます。  


Posted by koikenina at 12:19Comments(0)