健康、生活 › 2018年06月21日

2018年06月21日

実は「問題の解決になっていない」ということももはや明らかになりました。

虫歯を削って詰める、かぶせる、歯石をとる、入れ歯を入れる、インプラントを埋入する、、、
これらの歯科治療はすべて、結果への対症療法です。虫歯も歯周病も『結果』に過ぎません。では原因はなんでしょうか?『歯垢(プラーク)(バイオフィルム)がその歯に十分な時間ついていた』ということです。「原因」を正さないで結果への対症療法だけを行うのは、もう過去の時代遅れの歯科診療であり、実は「問題の解決になっていない」ということももはや明らかになりました。

どういうことかというと、治療(対症療法)だけしていても、数年で同じような問題が再発し再処置が必要になる、あるいは、もっと広範囲の新たな歯科治療(対症療法)が必要になる ということです。そのような歯科治療(対症療法)を繰り返すうちに結果的に、歯科医院に通院していても、数年ごとに口腔内の健康な歯や歯肉、歯槽骨というものがどんどん失われていたりします。
歯科用マイクロスコープ
このようなことのないように、時間が経過しても、健康な歯や口腔内組織と機能とが維持されているように、一度治療した歯は再治療が必要な状態になることのないように、とくに、多数の歯の治療が必要な状態になった人、歯周病が進行した状態になった人は治療(対症療法)だけを進めるのではなく、応急処置(対症療法)で急性症状がいったん落ち着いたならば、できるだけ早期に、予防(原因除去療法)に取り組まれることをお勧めします。
諦める前にまだまだやれることはあると思います。
コントラ 歯科
お口の健康を守り、口臭の原因を根本から改善します
最近は口臭に悩む方が増えていますが、原因の1つに現代社会のストレスが挙げられます。また、年齢ととも口臭が気になる方が増える傾向にあるのは、加齢によってお口の機能や身体の免疫抵抗力が衰えて、歯周病が進行してしまうことなどが原因と考えられます。
一般に市販されている洗口剤は、使った後だけしか効果を発揮できません。口臭の原因を根本から改善するには、お口の中をしっかりキレイにして、健康な状態を保つことが重要になります。

お口の中の食べかすが臭いを放ち口臭の原因となる場合もありますが、日常的に口臭が気になる場合は、お口の中の細菌がその匂いの原因と考えられます。お口の中には多くの細菌が存在し、歯ブラシが届かない場所に入り込んで炎症を起こしたり、虫歯の原因になったりします。その細菌から出る老廃物や、炎症から発生した膿などが口臭の原因になっているのです。

当院の予防歯科では、徹底して細菌のすみかを無くすための治療を行っています。お口の健康を保つことは、口臭の原因を取り除き、口臭を減らすことにもつながるのです。
また、口臭には胃など他の臓器に原因があるケースもあります。当院で口臭が気になるという患者さまがいらっしゃったので、よく診察し検査した結果、医科をご紹介したところ、糖尿病が見つかったことがありました。医科と連携している当院では、このようなケースにも対応が可能です。
  


Posted by koikenina at 16:40Comments(0)

2018年06月21日

また、予防歯科に通うことで虫歯や歯周病にかかった時に初期段階で発見できるのもメリットです

予防歯科に通うメリット
ここまでの説明で、予防歯科に通っても虫歯や歯周病にかかる可能性があることが分かったと思います。ただ、そうなると予防歯科に通う意味があるのかと疑ってしまう人もいるでしょうが、定期的に通ってなおかつ予防歯科のアドバイスを実践していれば、高い確率で虫歯も歯周病も予防できます。

また、予防歯科に通うことで虫歯や歯周病にかかった時に初期段階で発見できるのもメリットです。特に歯周病はハッキリと分かる自覚症状がないため、気付いた時には進行していることがほとんどです。予防歯科に通っていればそういった事態は起こりにくいため、予防だけでなくいざかかった時に早期発見と早期治療できるという大きなメリットもあるのです。
エアータービン
予防歯科で行うこと
ここまでの説明で、予防歯科に通っても虫歯や歯周病にかかる可能性があることが分かったと思います。ただ、そうなると予防歯科に通う意味があるのかと疑ってしまう人もいるでしょうが、定期的に通ってなおかつ予防歯科のアドバイスを実践していれば、高い確率で虫歯も歯周病も予防できます。また、予防歯科に通うことで虫歯や歯周病にかかった時に初期段階で発見できるのもメリットです。特に歯周病はハッキリと分かる自覚症状がないため、気付いた時には進行していることがほとんどです。予防歯科に通っていればそういった事態は起こりにくいため、予防だけでなくいざかかった時に早期発見と早期治療できるという大きなメリットもあるのです。
小型高圧蒸気滅菌器
予防歯科で行うこと
予防歯科の治療を受けたことのない人からすれば、予防歯科で行う治療内容が気になると思います。そこで、予防歯科で行うことをここでお伝えしておきます。まずはPMTC、これはお口のクリーニングです。プラークを綺麗に除去できますし、歯がツルツルするのを実感できる気持ちの良い治療です。次にスケーリング、これは歯石の除去です。歯石は歯磨きで除去できないため、その意味でも重要な治療です。

また、私生活の過ごし方次第で虫歯や歯周病にかかるリスクが高まるため、それを防ぐために生活習慣改善のアドバイス、さらに歯磨きの精度を高めるブラッシング指導も行います。そしてフッ素塗布、フッ素が虫歯予防に効果的なことは知っていると思いますが、
フッ素塗布では歯科医が扱える濃度の高いフッ素を塗布するため、より高い予防効果が得られます。  


Posted by koikenina at 16:05Comments(0)