健康、生活 › 2018年06月27日

2018年06月27日

ブラッシングだけではどうしても落としきれない「磨き残し」というものが毎回出来てしまいます

日頃から予防を行うことで、80歳以上の方でも20本以上歯が残っているというデータがあります。いつまでも自分の歯で美味しく食事ができるように、いつまでも楽しい会話ができるように、定期健診とクリーニング、そして日々の歯磨きで虫歯や歯周病を予防しましょう。

毎日の歯磨き
私たちは毎日食事をし、毎日飲み物を飲みます。それは同時に、お口の中にいる虫歯菌に食事を与えていることになります。虫歯菌が食事をすればするほど、歯は虫歯になりやすくなります。それを防ぐためには正しいブラッシング方法で歯を磨くのが1番です。当院では、ご自宅で上手に歯磨きができるようにブラッシング指導を行っています。衛生士が分かりやすく丁寧にお教えいたしますので、いつでもお声掛けください。

医院でのクリーニング
ブラッシングだけではどうしても落としきれない「磨き残し」というものが毎回出来てしまいます。歯科医療に携わっている者でも毎回20%ほど磨き残しができてしまいます。その磨き残しをすっきりキレイにするのが医院でのクリーニングです。
歯科医療機器
歯科衛生士によるクリーニング
歯科衛生士が専門の機器を使用し、どうしても残ってしまう磨き残しや食べ物や飲み物などの着色のクリーニング、歯石の除去をいたします。
【クリーニングで行うこと】
①磨き残し汚れや着色を落とします
②歯と歯の隙間、歯茎の隙間の歯石を除去
③研磨ペーストを使って歯の表面を1本1本クリーニングします
④歯茎の隙間(歯周ポケット)の洗浄
ポータブルレントゲン
食べ物を噛む
よく噛むことで栄養を吸収しやすい形にし、胃腸などにかかる負担を軽くします。
味覚を補う
“歯ごたえ”などの食感が味覚の補助をして、よりいっそう食べることの楽しみを増やします。
異物の誤飲を防ぐ
砂や石、ごみなどの異物を口の中で分別して、体内に異物が入ってしまうのを防ぎます。
発音を正確にする
発音を補助して、聞き取りやすい話し方にするためにも歯は重要な役割を果たしています。
表情を豊かにする
豊かで生き生きとした表情には、歯並びが整っていることが重要です。もし、歯がすべてなくなってしまったら、表情が乏しくなってしまうかもしれません。
力やバランスを調整する
歯をぐっと噛みしめることで、全身にかかる力のバランスを調節することができます。  


Posted by koikenina at 16:02Comments(0)

2018年06月27日

歯磨きだけでは虫歯は予防できません

 虫歯の進行は主に5段階あり、その段階によって治療法は異なっていきます。
CO(シーオー)
虫歯になる前兆の状態です。ブラッシング指導や再石灰化を促し、自然に治るように進めます。
C1(シーワン)
虫歯の始まりですが、まだ痛みを感じません。この段階なら簡単な治療で済みます。早めの受診がおすすめです。
C2(シーツー)
虫歯が進行し、冷たいものが染みるようになってきます。この段階なら数回の治療を行うことで症状を抑えることが可能です。
C3(シースリー)
神経まで進行し、大きな穴があいている状態。炎症を起こすと、激しい痛みを伴います。
C4(シーフォー)
歯の頭の部分がなくなり、歯根だけが残った状態。神経が死んでいることが多いため、痛みはありません。
エアータービン
歯磨きだけでは虫歯は予防できません
「毎日、歯を磨いているのに虫歯・歯周病になるのはどうしてですか?」患者さんからよく聞かれる質問のひとつです。 もちろん、毎日の歯磨き習慣は大切なことです。 しかしながら、それだけでは虫歯・歯周病の予防ができないのも事実です。その秘密は、バイオフィルムとよばれる 歯磨きをしていても除去できない強力な汚れにあります。このことをお伝えするために、患者さんには次のような例え話をすることにしています。たとえば、毎日、台所の三角コーナーの中にある生ごみを捨てますよね。これがお口の中でいう、”歯を磨く”ことにあたります。しかし、毎日、生ごみを捨てていても1ヵ月もすると、”ヌメヌメ”してきますよね。
口腔内カメラ
実は、これと同じことがあなたのお口の中でも起きているのです。この三角コーナーのヌメヌメをきれいにするためにどうしているでしょうか? おそらく、クレンザーなどの強力な洗剤を使用して、元通りのピカピカの状態に戻しているとおもいます。
三角コーナーと異なり、お口の中では、このような強力な洗剤を使用することはできません。したがって、それよりも安全なものとして、普段、あなたが使用している歯磨き剤を使用することになります。しかし、残念なことに歯磨き剤だけでは口の中の”ヌメヌメ”を完全に落とし切ることはできません。これが、毎日、歯を磨いていても虫歯・歯周病になってしまうメカニズムなのです。お口の中にできる”ヌメヌメ”をバイオフィルムと呼び、虫歯菌などにとってのバリアのようなものといえます。このバリアを壊さない限り、虫歯菌などに直接効果的な攻撃を加えることはできないのです。このバリア(バイオフィルム)を除去するためには、歯科医院で定期的にPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれる”プロによる機械を用いた歯のクリーニング”を受ける必要があります。  


Posted by koikenina at 12:12Comments(0)

2018年06月27日

歯質を強化し、耐酸性をアップさせるにはフッ素が有効です

近年、日本でもようやく予防歯科が注目されるようになってきました。虫歯や歯周病が悪化してから治療するのではなく、それらを事前に防ぐ、または初期段階で丁寧に抑えてしまうのが予防歯科の目指すところです。歯の治療方法にはいろいろありますが、見た目も機能も、自然の歯に勝る人工物は存在しないと言わざるを得ません。いつまでも健康を保つ秘訣として、ぜひ定期的な歯科医院でのプロケアをおこなってください。

歯質を強く
歯質を強化し、耐酸性をアップさせるにはフッ素が有効です。方法としてはハードレーザーを用いた定期的なフッ素塗布、またご家庭でのフッ素洗口やフッ素入りの歯磨き剤を使うなどがあります。

虫歯菌を退治
虫歯菌(ミュータンス菌、ラクトバシラス菌など)が潜むのは、歯垢(プラーク)の中です。歯磨きできちんと歯垢を取り除けば虫歯を防ぐことができます。しかしすべての歯垢を歯磨きだけで取り除くのは不可能です。歯科医院での定期的なPMTCをおこなうことで、虫歯菌を退治しましょう。
オートクレーブ滅菌
代用糖を使う
虫歯菌は、砂糖(ショ糖)を分解する際に、歯を溶かす酸を出します。そのため砂糖ではなくパラチノース、キシリトールといった代用甘味料を使うことが、虫歯の抑制につながります。

間食を控える
通常、私たちの口内は唾液の働きによって殺菌され、守られていますが、食事中は歯垢のpHが歯を溶かすくらいに下がってしまいます。ということは、間食すればするほど歯を溶かす時間を長くしてしまうことにつながります。
家庭用超音波スケーラー
プロの手による歯のクリーニング(PMTC)
歯科衛生士が専用の器具を使い、30分程度かけて患者さまのお口の中を丁寧にクリーニングするのが「PMTC」です。どれだけしっかり磨いても、毎日のブラッシングでは落とせない汚れを定期的に除去し、ツルツルに磨き上げることで歯を健康に保ちます。リラックスして心地よい刺激による快適なひとときとしてお受けになる方も数多くいらっしゃいます。  


Posted by koikenina at 11:38Comments(0)