健康、生活 › 2018年07月06日

2018年07月06日

お口の中の歯周病菌を減少させ、歯周炎の症状を軽くする

PMTCをすることにより、歯がツルツルになり、細菌が付きにくくなるだけでなく、着色がとれて美しいご自身の歯がよみがえります。歯科衛生士が各患者さんのお口の中の状態に合わせて行うものです。

PMTCの効果
虫歯予防
お口の中の細菌を減少させ、プラークの再付着を防ぐ

歯周病の改善
お口の中の歯周病菌を減少させ、歯周炎の症状を軽くする
光重合器
口臭予防
お口の中にいる菌の減少により口臭も軽減

審美性の向上
着色を除去し光沢のある歯の表面を回復する

歯質の強化
フッ素入りの研磨ペーストを用いるので、歯の再石灰化を促し、歯質を強化する

セルフチェック
□ 朝起きた時、口の中がネバネバする
□ ブラッシング時に出血する
□ 口臭が気になる
□ 歯肉がむずがゆい、痛い
□ 歯肉が赤く腫れている(健康的な歯肉はピンク色でひきしまっています)
□ 固い物が噛みにくい
□ 歯が長くなったような気がする
□ 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた
□ 歯が浮くような感じが時々ある
鉗子 歯科
a) ひとつも当てはまらない方
健康です。この状態を維持してください。

b)1~3つ当てはまる方
歯周病になっている可能性が高いので検査を受けた方がよいでしょう。

c)4つ以上当てはまる方
歯周病が進行しているようです。歯周病の処置をしてもらいましょう。  


Posted by koikenina at 16:32Comments(0)

2018年07月06日

メインテナンスとは、歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです

歯周病は、おもに歯肉が歯に接する付近に存在する歯垢中の細菌が原因で進行します。
歯肉と歯の間にできたポケットといわれるスペースが、歯周病が進行するにつれ深くなり、細菌の増殖する空間が増え、歯肉を腫らして骨を溶かし、やがて歯は抜けてしまいます。

基本治療
ほとんどの歯周病に対する基本的な治療は、ポケットの深さを測定し、歯垢、歯石の除去を行います。歯の表面や根の表面の歯垢や歯石を機械で取除く方法をスケーリングといいます。根の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表層を除去する方法をルートプレーニングといいます。スケーリングやルートプレーニングを行うことにより、歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2~3mm)維持されればメインテナンスに移行します。
歯科商材
外科治療
基本治療で一部ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングで除去できない状態や、歯周病の進行が進んでしまった状態に対して、外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。また、特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術を行う場合もあります。手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。ポケットが改善されれば、メインテナンスに移行します。

歯周組織再生療法
重度の歯周病で歯ぐきの骨がなくなってしまったような症状の時には、特殊な材料を使用し、歯周病によって喪失した歯周組織を再生させる治療法を行うことができます。

メインテナンス
メインテナンスとは、歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。治療が終了した後は、3~4ヵ月ごとの定期健診の受診をお勧めします。
歯周病は主に口腔内の細菌が原因で発病する疾患です。したがって、この細菌を生涯除去し続けることが歯周病を予防し、お口の健康を維持するために必要となります。
オートクレーブ
細菌の集団である歯垢は、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌は、歯科衛生士による専門的なクリーニングでないと除去できません。歯周病は再発の多い病気と言われています。治療により症状が改善したとしても、そこは一度歯周病に侵されたところです。

治しても溶けてしまった骨が元通りに戻るのではなく、ほとんどが歯と歯肉が弱い結合で治っているのにすぎません。ブラッシングが不十分であったり、メインテナンスを怠ると、細菌が活動しはじめて、歯周ポケットが深くなり、容易に再発します。治療の限界のため、部分的に治りきらないところが残ってしまった場合でも、メインテナンスを継続することにより、歯周ポケットがさらに深くならないように進行を食い止めることができるのです。  


Posted by koikenina at 15:53Comments(0)

2018年07月06日

ほとんどの歯周病に対する基本的な治療は、ポケットの深さを測定し、歯垢、歯石の除去を行います。

歯周病は、おもに歯肉が歯に接する付近に存在する歯垢中の細菌が原因で進行します。
歯肉と歯の間にできたポケットといわれるスペースが、歯周病が進行するにつれ深くなり、細菌の増殖する空間が増え、歯肉を腫らして骨を溶かし、やがて歯は抜けてしまいます。
歯科 ユニット
基本治療
ほとんどの歯周病に対する基本的な治療は、ポケットの深さを測定し、歯垢、歯石の除去を行います。歯の表面や根の表面の歯垢や歯石を機械で取除く方法をスケーリングといいます。根の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表層を除去する方法をルートプレーニングといいます。スケーリングやルートプレーニングを行うことにより、歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2~3mm)維持されればメインテナンスに移行します。

外科治療
基本治療で一部ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングで除去できない状態や、歯周病の進行が進んでしまった状態に対して、外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。また、特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術を行う場合もあります。手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。ポケットが改善されれば、メインテナンスに移行します。

歯周組織再生療法
重度の歯周病で歯ぐきの骨がなくなってしまったような症状の時には、特殊な材料を使用し、歯周病によって喪失した歯周組織を再生させる治療法を行うことができます。
ワックスポット
メインテナンス
メインテナンスとは、歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。治療が終了した後は、3~4ヵ月ごとの定期健診の受診をお勧めします。
歯周病は主に口腔内の細菌が原因で発病する疾患です。したがって、この細菌を生涯除去し続けることが歯周病を予防し、お口の健康を維持するために必要となります。

細菌の集団である歯垢は、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌は、歯科衛生士による専門的なクリーニングでないと除去できません。歯周病は再発の多い病気と言われています。治療により症状が改善したとしても、そこは一度歯周病に侵されたところです。

治しても溶けてしまった骨が元通りに戻るのではなく、ほとんどが歯と歯肉が弱い結合で治っているのにすぎません。ブラッシングが不十分であったり、メインテナンスを怠ると、細菌が活動しはじめて、歯周ポケットが深くなり、容易に再発します。治療の限界のため、部分的に治りきらないところが残ってしまった場合でも、メインテナンスを継続することにより、歯周ポケットがさらに深くならないように進行を食い止めることができるのです。  


Posted by koikenina at 13:16Comments(0)