健康、生活 › 2018年07月11日

2018年07月11日

歯周病は痛みが少なく、これといった自覚症状も出にくいため、軽度の場合には放置されてしまうケースが少なくありません

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌(細菌)に感染して、ひどくなると歯肉(歯ぐき)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、歯の周りの病気の総称です。

歯周病は痛みが少なく、これといった自覚症状も出にくいため、軽度の場合には放置されてしまうケースが少なくありません。「毎日歯を磨いているから大丈夫」「痛くないからむし歯はないだろう」と自己判断することなく、定期的に歯科検診を受けていただくことをおすすめします。むし歯や歯周病の早期発見・早期治療を行うことは、さまざまなストレスや負担から解放されることにもつながります。

軽度歯周病と判断された場合には、治療は歯のクリーニングのみで完了します。通院も数回程度なので、時間的にも負担に感じずに治療を終えられます。クリーニングで歯垢や歯石を除去すると、徐々に歯ぐきが引き締まっていきます。出血が治まると、本来のイキイキとした歯ぐきを取り戻せます。
タービン 歯科
中度歯周病の場合には、ある程度の深さにまで歯肉が食い込んでしまっています。この場合、器具を入れ込んでの治療になるため、治療時に出血や痛みを伴います。ルートプレーニングを使って、歯周ポケットの奥にこびりついた歯石や汚れを除去していきますが、痛みが激しい場合には麻酔を施しての治療になります。重度歯周病の場合には、ルートプレーニングでは届かない位置にまで歯石が付着しています。ここまで症状が進んでしまっていると、外科的に歯ぐきの一部を切開し、歯の根元部分から歯石を完全に除去するという治療が必要になります。

歯周病を予防するポイント
大切なのはプラークコントロール
プラークコントロールとは、ブラッシングやデンタルフロスを使って歯にプラークを付着させないようにすることです。これがしっかりできていれば、「歯周病治療のおおよそ9割は完了」と言っても間違いではありません。逆にプラークコントロールを怠ると、せっかくの治療が台無しになってしまいます。
歯科用レントゲン
毎日適切なプラークコントロールに励めば、歯ぐきの出血は驚くほどなくなり、歯周病由来の口臭も改善できます。これは、歯ぐきが引き締まることによって歯周ポケットが浅くなり、プラークが隠れる場所がなくなるからです。お口の細菌の80%が棲むと言われるプラークをしっかり取り除ければ、歯周病は予防できます。
  


Posted by koikenina at 15:27Comments(0)

2018年07月11日

歯垢(プラーク)は糖分の摂取や唾液の分泌などに影響を受けています

歯周病は、歯肉で起こった炎症が徐々に広がり、歯肉や歯槽骨などの歯周組織が破壊される病気です。
しかし、歯周病の炎症は口の中にとどまらず、全身のさまざま疾患に影響を及ぼすことから、最近は予防や早期治療が重視されています。もしも、治療を受けているのに改善がみられない場合は、歯周病が原因となっている可能性があります。ここで紹介する疾患でお困りの方は、歯科検診をうけてみることも治療の足がかりになるかもしれません。
超音波骨切削器
糖尿病
糖尿病とは、血液中の糖の量をコントロールできないことによって血糖値が上昇し、手足のしびれや疲労感、目のかすみのほか、重篤な合併症を引き起こす病気のことです。エネルギーとして糖を体内に取り込むために血糖をコントロールしているインスリンが少ない場合や、うまく分泌されない場合に起こります。歯周病が進行すると、血液に流れ出た炎症性サイトカインがインスリンの働きを阻害するため、糖尿病のリスクが高くなります
さらに、糖尿病の人は抵抗力や血流が低下しているため、歯周病が重症化しやすいことから、どちらか一方を治療しても改善されないという特徴があります。そのため、このような負の連鎖を断ち切るためにも、双方の治療をしっかり行うことが大切です。

誤嚥性肺炎
誤嚥性肺炎とは、食事の際に誤って飲み込んだせいで、食べ物などが気管に入ってしまうことによって起こる肺炎のことで、飲み込む際の嚥下(えんげ)機能が低下している高齢者に多い病気です。2016年の厚生労働省の調査では、肺炎は日本人に多い死因として、脳出血疾患を抜いて第3位となっています。口の中で歯周病原菌がたくさん繁殖していると、誤嚥してしまった際に、菌が付着した食べ物が気管に入り込んでしまうため、肺炎のリスクが高くなります。特に、歯周病によってしっかり噛めない方や歯を失ってしまった方は、咀嚼力だけでなく嚥下力が低下するため、誤嚥しやすくなるのです。誤嚥予防として歯周病の治療を行うとともに、歯が抜けてしまった部分は放置せずに、インプラントや入れ歯で補ってあげることも必要です。
歯科プライヤー
歯周病予防に効果的な歯磨きのタイミング
歯垢(プラーク)は糖分の摂取や唾液の分泌などに影響を受けています。
そのため、歯垢がつきやすいタイミングでブラッシングをすることが歯槽膿漏を予防するコツです。
夜寝る前
寝ている間は、唾液の分泌が減少しています。このため、寝ている間は細菌が繁殖しやすくなり、歯槽膿漏や虫歯が進行しやすくなっています。 少しでも細菌の繁殖を抑える為に、就寝前には念入りにブラッシングをすることが必要です。

起床時
寝ている間に細菌が繁殖し、歯垢が形成され口の中がネバネバしています。 これらを除去するために朝起きたときは必ずブラッシングをしましょう。 食事をすると細菌も一緒に飲み込んでしまうので、できれば朝食前のブラッシングが望ましいです  


Posted by koikenina at 12:18Comments(0)

2018年07月11日

予防歯科はよく、屋根に空いた穴と雨漏りに例えられます

「発症させない」、「進行させない」、「再発させない」ことが大切
天然の歯に勝るものはありません。できることであれば、 生涯を通じて、自身の健康な歯のままで美味しいものを食べ、 人と語らい、笑顔で過ごすことは誰もが望むことでしょう。 

むし歯や歯周病、不正咬合などのお口の問題を 「発症させない」「進行させない」「再発させない」ことが歯科治療の基本的なスタンスであるという信念のもと、 皆様のお口の健康づくりのお手伝いをさせていただければと思っております。
パルスオキシメーター
予防歯科を始めましょう
むし歯になってから神経を抜いてセラミック冠をかぶせたり、歯周病で歯が抜けてしまってから入れ歯やインプラントをするよりも、健康な状態を維持することにエネルギーを費やした方が、経済的にも時間的にも、そしてQOL(生活の質)の点でも、計り知れない大きなメリットがあることは明らかです。 

予防歯科はよく、屋根に空いた穴と雨漏りに例えられます。屋根にぽっかり空いた穴を放置してビショビショになった床の水を拭き続けても、いずれ床が腐ってきます。 まずは屋根の穴を塞ぐことが先決でしょう。 要するに、 なぜむし歯ができたのか、なぜ歯周病で歯が抜けてしまったのか? これらの「原因」を探して根本から対処する、そんな当たり前のことから始めるのが予防歯科の基本的な考え方です。

メインテナンス”の絶大な効果
むし歯や歯周病予防のために、もう一つ大切なことがあります。 下の表をご覧ください。厚生労働省が5年に一度行う最新の歯科疾患実態調査から、 各年齢の残存歯数を示したものです。縦軸は歯の残存本数、横軸は年齢を表します。年齢を重ねると歯はどんどん失われていきます。 この結果だけ見ると、人の歯は年とともに抜け落ちてしまい、入れ歯になっていくものだと諦めてしまいそうです。
顕微鏡歯科
歯科の「メインテナンス」をご存知ですか。 むし歯や歯周病を治療したあとに再発予防と歯の保存を目的として行われる、 検診と口腔内バイオフィルムの破壊を目的とする専門的なクリーニングを含めた定期管理のことです(ただの歯科検診とは違います)。 

2004年に北欧の研究グループが、長期メインテナンスに関する臨床研究を報告しました。 進行した歯周病やむし歯の治療後にメインテナンスを受けた550名の患者群の、30年間にも及ぶ長期的な追跡調査です。 歯科治療後に適切なメインテナンスを継続して受けた場合、30年間での歯の平均喪失本数はわずか1本程度でした。 しかも歯を喪失した理由はむし歯や歯周病によるものではなく、そのほとんどが歯の破折でした。 

このことからわかることは、毎日のセルフケアに加えて歯科医院での専門的なメインテナンスを続けることで、 むし歯や歯周病の発生を抑え、歯の喪失を防ぐことができるのです。歯は決して年齢とともに失われていくものではありません。  


Posted by koikenina at 12:16Comments(0)

2018年07月11日

ブラッシングとマッサージの後は、歯ぐきの「色」と「形」を鏡でチェックしましょう

①歯と歯肉の間をブラッシング
歯周病は歯と歯肉の間から発生します。おもな原因は、歯と歯肉の境目(歯周ポケット)の中で増殖する歯垢。歯垢中の細菌から放出される毒素によって歯肉が炎症を起こしたり、歯を支える骨(歯槽骨)が溶解したりする状態が歯周病です。普段通りの歯磨きにプラスして、この部分の歯垢を取り除くと、歯周病の予防に大きな効果があります。

【ブラッシングの方法】
ブラッシングの方法は、歯ブラシのヘッドを45度くらいに傾けて当ててブラッシングするのが効果的です。一般的な歯磨きでは300g程度の力がかかっていますが、このブラッシングではそれより弱く、200g程度が理想的。鉛筆の文字を消しゴムで消すくらいの軽い力です。キッチンスケールを歯ブラシで押してみると、200gがどれくらいの力かわかります。
歯科機器 通販
②指歯ブラシで歯ぐきマッサージ
歯ぐきの血流が低下すると、歯ぐきに必要な栄養や酸素が不足したり、免疫がうまく働かなくなったりして、歯周病が発生しやすくなります。指や指歯ブラシなどを使い、歯ぐきに優しく刺激を与えると、歯ぐきの血流がよくなり、歯周病の予防や改善に役立ちます。歯ぐきのマッサージには、やわらかな素材でできた指歯ブラシがおすすめ。普通の歯ブラシだと痛みを感じたり、歯ぐきを傷めたりすることがあるからです。

③歯ぐきのチェック
ブラッシングとマッサージの後は、歯ぐきの「色」と「形」を鏡でチェックしましょう。歯ぐきを毎日チェックする習慣をつけると、「くすむ」「やせる」といった変化に気づきやすくなり、歯周病の予防につながります。

歯周病はどのように予防するのでしょうか?
歯周病を予防するためには、何よりもまずプラークコントロールが不可欠です。歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。
口腔内カメラ
歯の上側の歯垢は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯に沈着した歯石や歯ぐきの内側(歯周ポケット)に入り込んだ歯垢は、ご自身で除去できないため歯科医院にて清掃を行う必要があります。ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。  


Posted by koikenina at 11:45Comments(0)