健康、生活 › 2018年07月16日

2018年07月16日

現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます

近年、日本においても予防を重視した歯科医療は広まりつつあり、歯科医院の役割は、治療から予防へと徐々に変化しています。

生涯にわたって健康な歯を維持していただくために早期発見・早期治療を心掛けることはもちろん、いかに日々の生活の中でしっかりケアし、定期的に予防することができるかが重要になってきます。そして、口腔内の細菌とさまざまな全身の病気の関連も明らかになってきています。口腔内を健康に保つことは、全身の健康を保つことにも深くつながっています。
歯科バー
PMTC
PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、日本語に直訳すると「歯科専門家による機械的なお口の掃除」という意味になります。歯と歯の間や、歯と歯茎の境目、歯周ポケットなど、自分ではケアしにくいところや、歯面に付着したバイオフィルム、タバコのヤニなどを徹底的に掃除し、歯面をきれいにします。

歯周病治療の流れ
1.ブラッシング指導
現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。 ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。

2.スケーリング(歯石除去)
歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、強い病原性を持っています。一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。
ダイヤモンドバー
外科治療
きちんとしたプラークコントロールやスケーリング・ルートプレーニングを行っても症状が改善しない部分に対しては、歯周外科治療と呼ばれる治療が行われます。  


Posted by koikenina at 15:32Comments(0)

2018年07月16日

歯の表面に着いた汚れ、歯石、歯垢、茶渋を専用の器具で隅々まで除去します

虫歯は歯そのものが破壊される病気ですが、歯周病は歯を支えるまわりの組織(歯周組織)に起こる病気です。 

周組織は歯肉(歯茎)と歯槽骨(歯を支える骨組織)、歯根をおおうセメント質、歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜からなり、歯をしっかりと付着、固定するための強固な構造を備えています。しかし、歯磨きが不十分であると歯と歯肉(歯茎)の間に歯垢(プラーク)が付着して、歯周病の初期症状である、歯肉炎(歯茎が炎症を起こして腫れている状態)を引き起こします。
ハンドピース 歯科
軽度の歯肉炎では自覚症状も乏しく、痛みもほとんどありませんが、放置すると、歯垢(プラーク)が石灰化して歯石になり、歯に付着すると、歯ブラシ等では取り除きにくくなります。 
この歯石が歯周病を悪化させる原因で、さらに炎症が歯肉(歯茎)の内部に進行すると、歯根膜や歯槽骨を破壊されて歯を支える組織が喪失し、重篤な歯周病では歯が抜けて喪失してしまいます。 
「歯周病を予防する」また「進行を抑制する」には、お家での毎日のブラッシングと歯科医院での専門のメインテナンスが必要です。

歯石、歯垢、茶渋の除去
歯の表面に着いた汚れ、歯石、歯垢、茶渋を専用の器具で隅々まで除去します。歯石や日常の歯みがきでは取りきれなかった歯垢を除去することにより、虫歯や歯周病を予防します。
ポータブルレントゲン
頑固な汚れは歯面清掃器で除去
頑固な汚れは、重炭酸ナトリウムのパウダーと水をジェット噴射して歯面に吹きつけることにより、きれいに取り除きます。歯と歯の間や、かみ合わせの溝、歯の裏側などの細かいところもきれいになります。タバコのヤニ、コーヒーや紅茶の茶渋がなくなり、歯がきれいになります。  


Posted by koikenina at 12:29Comments(0)

2018年07月16日

歯周病とは、歯を支える骨や歯肉などの歯周組織が破壊される病気

外観からはみえない静かな病気で、自分では気づく事が難しいため磨き残した部分だけでも発症することがあります。主な原因は、歯周病菌があげられます。 喫煙、食習慣、ストレスなどとも関連があり、生活習慣病といわれています。

また、糖尿病・高血圧などの全身疾患とも関連が指摘されています。症状としては、まず歯肉が赤くなる、腫れるといった炎症が見られるようになり、出血しうみが出て、口臭を伴うようになります。さらに進行すると歯を支える骨が溶けるため歯が動くようになりやがては歯が抜け落ちてしまいます。初期中期には、痛みを伴う事がなく慢性的に進行するので自分で気付いた時には手遅れになる場合があります。そのため当院では、定期的なチェックを行ない、歯周病の早期発見や予防を行なうことにより、生涯自身の歯で生活出来るようにお手伝いをしております。

予防歯科でお口の健康を強化
ブラッシング指導
歯磨きは毎日行うものですが、私たちはどれほど熟達しているでしょうか。歯磨きには正しい磨き方があり、意外と多くの方ができていないのが現状です。歯科衛生士によるブラッシング指導を受けていただくと、適切な磨き方を修得することができます。歯間が気になる方にはデンタルフロスや歯間ブラシの方法もご指導できますので、お申し付けください。
歯科医療機器
クリーニング(PMTC)
歯科医院では、歯ブラシよりももっと的確に細かな汚れを取る器具を取り揃えております。歯ブラシで100%歯垢を取り除くことは難しく、どうしても磨き残しが発生しがちです。プロによるクリーニングでは歯磨きで落とせなかった歯垢を取り除き、歯石の除去を行います。口腔内の細菌状況改善、むし歯・歯周病のリスク軽減にもなりますので、定期的にご利用ください。

スケーリング
歯石を専用の器具で除去する処置です。保険適用のクリーニング内で行うことができます。歯石は歯垢が唾液と混ざって石灰化したものです。歯石は歯磨きでは落とせませんので、できてしまったらスケーリングで取るしかありません。スケーリングが終わったら、歯肉の様子を見て、改善しているようであれば終了します。
光重合器
ルートプレーニング
歯周病の場合、歯石は歯周ポケットの内部にまで入り込んでいることが多くあります。4mm以上の歯周ポケットができている場合、スケーラーの器具は届きません。そこで行うのがルートプレーニングです。歯周ポケット奥深くまで入り込んだ歯石や病変部を専用器具で取り除きます。最後に歯面を滑らかにし、汚れが付きにくくします。  


Posted by koikenina at 11:50Comments(0)