健康、生活 › 2018年07月27日

2018年07月27日

歯周組織を傷つけてしまうので決しておすすめできません。

当院では、歯のみならず歯肉状態のコントロールも予防歯科として重点を置いています。歯の健康は歯肉や歯髄骨が支えていると考えるからです。
歯石とは歯垢が硬くなったものです。歯みがきでみがき残した歯垢が、唾液の中のミネラルと結合して、硬くなって出来ます。歯についた歯垢は、たった2日間で歯石になります。歯と歯ぐきの境い目や歯と歯の間にできた、それこそ石のように硬い歯石は、歯磨きだけでは取り除くことができません。「石」という字の通り、歯石はとても硬く、いったんついてしまった歯石は歯ブラシでは取ることが出来ません。日常の歯みがきでは完全に歯垢を除去することは困難なため、どんなに歯みがきをがんばっても、歯石は少しずつついてきます。放置すると歯石はどんどん硬く、そして増え続けます。歯石の表面はデコボコしているために、歯垢がつきやすく、細菌の温床になるばかりでなく歯肉を刺激して、歯周病の原因となったり、歯周病を悪化させます。バイオフィルムとは食後8時間程度で生成されると言われているプラーク(歯垢)。食べカスとはまったく別物ですが、細菌は食べカスに含まれる有機質を栄養源にして活発化するので、まったく無関係というわけではありません。食べカスを残さないことは、細菌の活動を抑えるうえでとても重要なのです。ちなみに、ネバネバしているプラークは水や洗口剤でうがいをしたくらいでは落とせませんが、歯磨きなどの物理的処置によって落とすことができます。
歯科器具中古販売
20年以上前はほとんどの歯科関係者が歯垢のことを「プラーク」と呼んでいました。しかし、10年ほど前からでしょうか。プラークの構造がお風呂の排水溝やシンクの三角コーナーなどで見られるヌルヌルと同じ構造であることが、研究によって分かってきました。ここで、このヌルヌルを指す言葉として登場してきたのが「バイオフィルム」です。以降、バイオフィルムという言葉が環境や医科といったさまざまな領域で扱われるようになり、ここから一部の歯科関係者がプラークをバイオフィルムと呼び始めたことで広がっていきました。これらを取り除くには、患者さんご自身による正しいブラッシングが欠かせません。しかし、患者さんご自身ではどうしても取り除けない部位もでてきてしまいます。

鉗子 歯科そのような部位は、歯科医院で適切に除去してもらうことをおすすめします。プラークの付着を招く歯石の正体歯石(tartar)は、歯に付着したプラークが唾液に含まれるカルシウムやリン酸などと反応して石灰化し、石のように硬くなって歯の表面にくっついたものです。歯石は「死んだ細菌の固まり」であり、プラーク(バイオフィルム)のようにそのものが歯周病を引き起こす原因にはなりませんが、歯石の表面はデコボコしているのでプラークが付着しやすい状態です。そのため、歯石の上にプラークが付着して石灰化するとさらに大きな歯石となり、歯茎の炎症をさらに招く結果となってしまいます。このように、プラークが歯石になってしまうと歯磨きで取り除くのは不可能です。歯茎の縁よりも上にある歯石は黄色みを帯びた乳白色をしていますが、歯茎の縁より下にある歯石は褐色です。重度の歯周病で抜け落ちた歯を見てみると、そのほとんどに褐色の歯石が付着しています。歯科医院でこの歯石を取り除くことが、歯周病の改善には欠かせません。なお、ご自身で歯石を取ろうとする方もいらっしゃるようですが、歯周組織を傷つけてしまうので決しておすすめできません。
  


Posted by koikenina at 15:39Comments(0)

2018年07月27日

虫歯や歯周病からお口の環境を守るのに一番効果的な方法があります

北欧では急速にむし歯・歯周病が減少しています。
アメリカの富裕層の間でも同じことが起きています。これは、最先端の予防技術を駆使し、制度的にも予防を受けやすくする事の大きな成果です。振り返って我日本ではどうでしょう?技術も制度も充分とは言えないのではないでしょうか。 私は、すべての歯科治療は予防なしでは成り立たないと感じています。どんな一般的な治療法でも、最先端のインプラント治療でも同じだと思っています。だから、予防歯科が歯科治療法の1つではなく、すべての歯科治療法の土台にあるものだと考えています。崩れない土台があって初めて良い治療ができ、長く良い状態を維持できるのです。

虫歯や歯周病からお口の環境を守るのに一番効果的な方法があります。
それは「予防」することです。予防をしっかり行えば虫歯や歯周病になり、痛い思いや治療をせずに済みます。ただ、予防と聞いてもあまり身近に感じない方も多いと思います。しかし、歯科医療の先進国である北欧の国々では、とてもポピュラーな治療法なのです。
歯科医療の遅れている日本では、予防治療に力を入れず、虫歯を削って埋める、その箇所の病気が再発し再治療をするという数十年前と変わらない治療法を繰り返し、その結果、日本人の歯の寿命は先進国で最下位になってしまいました。
コントラ 歯科
以前は北欧の国々もヨーロッパ諸国に比べ、虫歯が多いことが問題となっていました。そこで、国を挙げて予防治療に取り組んだ結果、世界的にも虫歯の少ない国になることができました。つまり、予防治療の遅れている日本でも、北欧式の予防治療を取り入れることで、効果的に虫歯や歯周病の予防が出来るのです。そう考え加藤歯科医院では、予防治療を大切にしています。

PMTCはオーラルエステ?】
PMTCに、痛みはありません。サロンに通うような感覚で受けられる方も多いほど、処置は気持ちのよいものです。また、虫歯や歯周病菌の温床となるプラークがすべて除去されるため、処置後の歯面がツルツルになり、汚れの再付着もしにくくなるのはもちろん、お口の中がスッキリします。
抜歯 器具
【噛み合わせチェック】
ガタガタに乱れた歯並びはブラッシングがしづらく、磨き残しが多くなりがちで虫歯や歯周病のリスクが高くなります。また、噛み合わせの問題により、肩こりや腰痛、顎関節の痛みなどの症状があらわれることもあります。それらを予防する意味で、当院では「噛み合わせのチェック」も予防処置メニューとして採り入れています。

【生活習慣の指導】
ブラッシングを含む日常の生活習慣が乱れてくると、口腔内環境も悪化しがち。当院ではお口の健康維持と予防促進のため、生活習慣の指導を行っています。患者様一人ひとりのライフスタイルに合わせた生活習慣につてのアドバイスを行います。  


Posted by koikenina at 11:57Comments(0)