健康、生活 › 2018年08月02日

2018年08月02日

会社や学校での検診は、ご存じの通りむし歯があるかないかを調べるだけです

実は日本の予防歯科への意識は、予防歯科先進国と比べて大きく遅れをとっています。
スウェーデンをはじめとした欧米の予防歯科先進国では、小さい頃から歯科医院で定期検診を行うことが当たり前になっており、多くの人が歳をとっても若い頃とほとんど代わらない和の歯を残しています。

欧米では予防歯科の考えが基本になっていますが、日本ではまだ浸透しておらず、定期メインテナンスを受けている人の数も、歳をとったときの残存歯数も少ないのが現状です。
歯ブラシだけでケアしてきた人と、歯科医院の定期メンテナンスでクリーニングを受けてきた人とでは、残存歯数に大きな差がうまれます。歯を失う原因の9割以上はむし歯か歯周病です。むし歯で一本でも歯を削ったり詰め物をしたりすると、その治療によって弱くなった部分からむし歯が再発してしまい、最終的に抜歯するといった悪循環が生まれてしまう場合があります。
歯科レントゲン
定期メインテナンスで、むし歯や歯周病になる前に細かくお口の状態(むし歯や歯周病のなりやすさ、むし歯になりやすい部分など)を検査していくことによって、患者様にあった予防計画を立て、むし歯や歯周病を未然に防ぐことが可能です。できるだけ多く天然の歯を残し、健康にすごすために、定期メインテナンスを受診しましょう。

「Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナルメカニカル トゥース クリーニング)」の略称で、歯科医師や歯科衛生士による徹底的な歯面の清掃のことです。
歯磨きでは落とすことのできない歯の汚れや細菌の巣(バイオフィルム)をゴムのチップややわらかいブラシのついた専用の機械を使って取り除きます。施術後は歯の本来の白さとツヤツヤが出て、汚れがつきにくくなります。PMTCでは多くの細菌を取り除く事ができ、むし歯や歯周病の予防になります。歯を削るわけではないので痛みはなく、むしろすっきりしてきもちいいという方もいらっしゃいます。

定期検診と予防検診の違い歯科器具

会社や学校での検診は、ご存じの通りむし歯があるかないかを調べるだけです。当院での検診は、むし歯の有無はもちろんのこと、むし歯・歯周病の予防処置を行います。
その予防処置とは......
スケーリングによる歯石除去を行い歯周病予防
PMTC(歯面研磨)により歯の汚れ、バイオフィルムと呼ばれる細菌膜を除去し、むし歯予防を行うものです。
歯科 コントラ
もちろん、歯の美白効果や口臭予防に非常に有効です。そして、お子様にはフッ素塗布により歯質強化を、シーラント処置により(歯の裂溝部に食べものをつまりにくくするための予防充填)むし歯予防を行います。歯にとって何が必要で大切か、これ程はっきりと現れているのです。どうかご自身のために予防歯科の大切さを認識して下さい。どうか大切なお子さんのためにも、歯の予防がいかに大切かを理解してあげて下さい。 お子さんの歯を守るのは、私たち歯科医よりもまず、親の予防歯科に対する理解が必要です。  


Posted by koikenina at 16:45Comments(0)

2018年08月02日

予防歯科はむし歯・歯周病を未然に防いで、歯やお口の中を健康に保つ治療を行います

日本では「歯科医院は歯に何かしら問題が起きてから治療を受けに行く所」なのに対し、欧米諸国では「問題が起きる前に予防として検診を受けに行く所」と捉えられています。ですから欧米諸国では、虫歯や歯周病等は予防することが当たり前という考えが浸透しています。

最近では日本でも予防に力を入れている歯科医院も増えてきています。定期的なメンテナンスをすることで、いつまでも健康的な歯を保ち続けることができるからです。
今ではインプラント、セラミック修復、入れ歯などの様々な治療法が開発されています。確かに審美性も良く、機能的にも回復することができるかもしれません。しかし、費用や今後の維持・管理の面で負担がかかってしまうことは免れません。そのようなことになる前に、日頃からの定期的かつ適切なケアを行っていくことが最も重要な事ではないでしょうか。

予防の手法としては、主に歯科医院での専門的なクリーニング(歯石の除去、PMTC)、フッ素塗布、ブラッシング指導等があります。セルフケアですべての歯垢を取り除くことが理想ですが、現実にはなかなか上手くいきません。虫歯、歯周病を未然に防ぐためにも、一度検診を受けてみてはいかがでしょうか。
歯科 通販
予防歯科はむし歯・歯周病を未然に防いで、歯やお口の中を健康に保つ治療を行います。
日本では歯科医院は痛くなってから行くところというイメージが強いかもしれませんが、先進国では、歯科医院は「痛くなる前にしっかり予防するために通う」という認識が浸透してきています。実際に病気にかかった歯を治療するのではなく、歯を病気にさせないことを徹底したスウェーデンでは80歳になっても平均で20本もの天然歯が残っていることが証明されています。しかし、まだその意識が薄い日本の高齢者は平均7本しか歯を残せていません。
歯科 通販

日本人の平均寿命は80歳といわれていますが、健康寿命はもっと短いとされています。年齢を重ねても元気に笑顔で過ごすためには、健康寿命を延ばすことが大切で、それにはお口の健康状態も密接に関わっています。歯がないと食事ができずに栄養摂取ができない、会話がうまくいかない、そこから人と関わることを避けてしまいがちに…。また、お口の中の細菌が全身に渡り、心疾患や認知症、骨粗しょう症、糖尿病なども併発してしまう恐れがあります。年齢を重ねてもいつまでも健康に過ごせるように、今からお口の中のケアをはじめましょう。
口腔内カメラ
ブラッシング指導
自分の歯は自分の目で360度確認することができないので、正しく歯磨きができていない方が多いです。自分の口腔内に合った歯磨きの仕方はどうすれば良いのか、担当の歯科衛生士がついて歯磨き指導を行っています。歯磨きの仕方は加齢などで変化するお口の中の状態に合わせて指導させていただいておりますので、こちらもメンテナンスごとに実施しています。  


Posted by koikenina at 15:35Comments(0)

2018年08月02日

オーラルケアの取り組みと意識の違い

日本とスウェーデンでの、オーラルケアの取り組みについても違いがあることがわかりました。日本では使用率の低いデンタルリンスやデンタルフロスの利用が、スウェーデンでは定着していることがわかります。スウェーデンでは「ブラッシング以外にデンタルフロスやデンタルリンスも使うのは当たり前」「どちらかというと当たり前」という考え方の人が約68%にのぼります。一方日本では、「ブラッシングだけで充分だと思う」「どちらかといえば充分だと思う」という人が51%と半数を超えます。

普段からセルフケアで活用しているオーラルケア用品においても、スウェーデンでのデンタルフロス使用率は51.6%で日本の20.5%の2倍以上、デンタルリンスの使用率は39.5%で、日本の24.0%に比べて高い割合です。スウェーデンでは、短い時間でも、効率のよいオーラルケアが実践されていることがわかります。
歯科 通販
歯科医への意識の違い
スウェーデンでは、子どもの歯磨きについて、出産前から歯科医による両親への指導が始まります。また、乳児でも歯が生え始めるころから歯科医院でのオーラルケアチェックが義務づけられています。治療ではないので、子どもにとっては歯科医は“怖い”“痛い”という印象にはならず、“歯について楽しく学ぶ場所”となります。スウェーデンでは、歯科医を「頼れるパートナー」と認める人が26.3%、「好きな人・憧れの人」と考える人が16.4%にものぼりました。一方、日本ではどうでしょうか。歯科医を「頼れるパートナー」とする人が17.2%いるものの、「嫌いな人・苦手な人」と答える人が14.0%もいます。スウェーデンと日本では、歯科医に対する意識が大きく異なります。これも、70才での残存歯数の差につながっていると考えられるのです。

クリーニング
歯科医院ではPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)といって、予防のプロである歯科衛生士が、毎日の歯みがきでは取り除くことができない汚れや細菌を、専用器具を用いてキレイに取り除く処置を行います。PMTCを行うことで細菌のかたまり(バイオフィルム)が除去され、むし歯・歯周病のリスクの軽減や、口臭予防、さらにコーヒーやタバコのヤニなどで起きる歯の着色汚れも取り除くことができます。
歯科 通販
本人は80~90%の方が、軽度から重度の歯周病があります。近年では小さなお子さんにも軽度の歯周病(歯肉炎)が見られます。歯周病(歯肉炎や歯肉炎)と診断がされる場合、保険の適応内でクリーニングや検査、歯ブラシの練習をすることが可能です。日本人の80~90%の方が軽度~重度の歯周病になっているため、全体の90%の方は保険適応内での処置が認められます。私たちはできるだけ治療しないで済むことを望んでおります。
それが患者さまにとっても健康へ近道です。
  


Posted by koikenina at 12:18Comments(0)