健康、生活 › 2018年08月03日

2018年08月03日

虫歯にならないことが、歯を守る近道です

「虫歯になっても、削って詰め物をすれば健康な歯に戻る」と思われている方もたくさんいらっしゃいますが、実はそれが大きな間違いなのです。虫歯は再発しやすく、一生機能する詰め物や被せ物は残念ながらありません。必ずいつか再治療が必要になり、そのたびに歯を削ると、いずれ歯は削るところがなくなり、失うことになります。

したがって、歯を残していくためには「できるだけ虫歯にならない」ことがとても肝心だということが分かります。そのため、当院は健康な歯を守っていくための治療はもちろん、もし虫歯になって詰め物や被せ物をすることになっても、その後にしっかり「虫歯になりにくくする」ための治療を行うことで、歯の寿命をできる限り「伸ばす」ことを心がけています。
歯科 通販
予防歯科の重要性
「虫歯になったけど、治療したからもう大丈夫」と思ってはいませんか? 確かに、虫歯になってしまったらしっかり治療することが大切です。しかし、一度虫歯になった歯はもろくなり、再発のリスクが高まるので、治療をくり返すことにつながります。つまり、“はじめの虫歯にならないこと”が、「どんどん歯を失ってしまう」という事態を避けるために一番重要なのです。
歯科材料

虫歯や歯周病は初期段階でほとんど自覚症状が出ないので、自分で見つけるのが難しいという特徴があります。そのため、症状が出てから治療に通うしかありません。定期検診に通っていれば、口腔衛生のプロである歯科衛生士が虫歯や歯周病になりそうな箇所や軽度の虫歯・歯周病を見つけてくれるので、効果的な予防や患者様に負担がかからない早期治療が可能になるのです。
歯科 ユニット
定期メインテナンスの絶大な効果
ある調査によると、予防歯科で定期的にメインテナンスを受けた方とそうでない方で比較した場合、80歳の時点で歯が残っている本数に約9本もの差があるというデータが出ています。
また、歯科先進国である欧米ではメインテナンスのために歯科医院へ通うのは当たり前のことであり、その習慣がなかった日本人との差は歴然です。「年齢を重ねても、自分の歯で食事や会話が楽しめること」がいかに幸せであるか、想像してみてください。歯を失ってから後悔しないように、ご自身の将来ために予防メインテナンス習慣をはじめましょう。  


Posted by koikenina at 12:51Comments(0)