健康、生活 › 2018年08月20日

2018年08月20日

お口の中の健康を維持していくには何が最も大切なのでしょうか?

ご自身の歯をより健康に長く、美しく保つために必要不可欠な治療です。
昨今では歯科医療の進歩に伴い、保存不可能と考えられていた歯を残すことが可能となってきています。
しかし、逆に考えれば、それだけ虫歯や歯周病になるかもしれない歯というのが増えるということにもなります。
出来るだけ長くご自身の歯を使って頂くためにも、治療後のケアや全体のチェック、クリーニングを定期的に行う必要があります。
また、歯周病菌特定検査や外科治療といった治療も行っていますので、
より精密に診査、治療を受けることができます。
ハンドピース
お口の中の健康維持=予防と考えましょう。
お口の中の健康を維持していくには何が最も大切なのでしょうか?
例えば、虫歯になったら治療をするとか、毎日歯磨きをするとか、定期的に歯医者さんに通うとか、、、どれも大事なことですね。そして、ここで大切なキーワードは予防です。ですから、まず、お口の中の健康を維持していくのに予防が最も大切であると考えていただきたいのです。
お口の中の病気は、大きく分けると虫歯と歯周病の2つがあります。どちらも細菌による感染症で細菌の数が増えれば増えるほど悪くなっていきます。逆に細菌の数が減っていけば2つの病気は抑えていくことができます。お口の中の健康を守っていくための答えは明確で、この細菌のコントロールができれば美味しいものをいつまでも苦労せずに食べていけます。

どうして予防をして歯を守っていく必要があるのか?
もともと何で歯を大事にしたほうが良いのでしょうか?逆にどうなると皆さんにとって辛いことなのでしょうか?長い臨床経験の中で私の感じる最も強い患者さんの苦しみは、歯がないということから生じる苦しみです。
オートクレープ
歯がなくなることにより、精神的健康・身体的健康が失われることがとても多いです。おいしいもの、自分の好物が目の前にあるのに美味しく食べられない。栄養の偏りもでてくる。歯が多く失われると入れ歯も入れなくてはいけなくなります。これだけでも10歳年をとった気になります。その入れ歯が外見で良くても、痛くなく毎食美味しく食べられなければ食事は楽しみではなく、苦痛となります。その苦痛は日に3回、掛ける365日、掛ける死ぬまでの年数と続きます。結論として、健康を維持していくためにより多くの歯を残しく必要があります。そのために予防が最重要になります。  


Posted by koikenina at 15:41Comments(0)

2018年08月20日

PMTCとは、歯科医師、歯科衛生士などの専門家による歯のクリーニングのことです

予防に費用がかかることに抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、虫歯になり治療が必要になると、予防歯科以上に費用がかかります。進行するほど、費用が高くなりやすく、抜歯が必要になり、補綴治療を行うと保険のブリッジの場合でも、1~2万円はかかります(3割負担の場合・治療部位等により金額は違います)。

インプラントにする場合には、その10倍以上はかかるでしょう。予防歯科は歯科を含めた医療費の節約につながります。そして、何よりお口の中や全身の健康を維持し、健康寿命を延ばすことにもつながります。病気になってから後悔することがないように、早めに予防歯科を始めることが大切でしょう。

Dental Drug Delivery System (3DS)
3DSは,安全かつ確実にむし歯の菌だけを取り除き、お口の中の環境をむし歯や歯周病になりにくくする予防法です。ホームケア(歯ブラシ後、歯列型トレーで朝夕2回、5分間の除菌処理)と歯科医院での歯のクリーニングを一定期間繰り返し行うことにより、お口の中を虫歯や歯周病にかかりにくい状態にすることができます。

定期検診
「毎日、きれいに歯磨きをしている」と思っていてもどうしても磨き残しはあり、その汚れが虫歯や歯周病の原因になります。そのためにも当院では定期時な検診を行っています。いつまでも自分の歯で噛めるように、当院がしっかりサポートさせていただきます。
歯科器材
PMTCとは、歯科医師、歯科衛生士などの専門家による歯のクリーニングのことです。
器具とフッ化物入りペーストを用いて、すべての歯面の歯肉縁上および縁下1~3mmのプラークを機械的に除去します。虫歯、歯周病の予防管理を目的としてシステム化され、現在多くのリサーチに裏付けられて着実な臨床実績を上げています。

以前まで、むし歯とは「歯の穴」のことだと考えていたのに対し、現在では「むし歯の穴を作った口腔内環境」と考えられています。
歯に穴があいてしまった場合は削って詰める、修復治療が必要になります。
しかし、むし歯の穴を作った口腔内環境を改善しなければ、結局詰め物の辺縁からの二次むし歯や新たなむし歯に罹患するでしょう。 
エアーモーター
むし歯のほとんどは、いわば生活習慣病です。肥満やⅡ型糖尿病、癌と同じくむし歯の原因は我々の生活習慣に関係しているのです。例えば、食事・口腔衛生・フッ化物の利用などです。 

つまり世間一般に普及してしまっている予防歯科とは歯磨きだけしていれば良いようなイメージです。しかし本来の『予防歯科』とは歯科治療の本質であり、生活習慣を健康的なものへ改善し、処置は良い材料を用いて精密で確実に行うことなのです。

  


Posted by koikenina at 11:55Comments(0)

2018年08月20日

虫歯・歯周病予防で大切な事は『早期発見・早期治療』です!

美味しく食事するためには、健康な歯が欠かせません。
そのためには、口腔内の環境を良い状態で保つ事が大事です。大人のむし歯の場合、早期発見・早期治療が大事です。 当院では、可能な限り健康な歯を保存し、なるべく抜かないような方針を採っています。そのためにも、早めに治療においで下さい。 また歯医者さんでの治療も大事ですが、日常のお手入れと定期検診を受けて頂くことが、一番のむし歯予防になります。

大人になってからも健康な歯を保てるよう、子どものころから歯を大切にしていかなければいけません。歯を1本失ってしまうだけでも、全身の健康を損なうこともあるからです。乳歯から永久歯に生えかわるまでの大切な時期に治療などを行うのが小児歯科。虫歯になりやすい乳歯の治療や虫歯予防がメインです。永久歯が適切な位置に生えるための処置も行います。
エアーモーター
PMTCによる歯のお掃除
PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」の略で、歯に付着している日々の歯磨きでも落とすことができないタバコのヤニや茶渋といった汚れや、バイオフィルムを歯科衛生士が専用の器具を使い、しっかり落とす治療のことです。

PMTCの必要性
毎日しっかりと歯磨きをしていても歯と歯の隙間や、歯と歯茎の隙間、またブラッシングの癖などで磨き残し部分ができてしまうことがあります。磨き残しがあると、磨き残しをエサに細菌が繁殖し歯の表面に「バイオフィルム」と呼ばれる膜を張り、内部で菌を増殖させていきます。バイオフィルムが形成されてしまうと、日頃のブラッシングでは除去がしにくくなってしまいます。この菌が増殖することで虫歯や歯周病になってしまいます。定期的にPMTCを行うことで磨き残しやバイオフィルムといった虫歯や歯周病の原因となるものを除去することができます。
ダイヤモンドバー
治療法
歯磨き
歯周病の原因となるプラークが溜まってしまうのは磨き残しがあるからです。磨き残しは、正しく歯磨きを行えていないことで発生します。正しい歯磨きの方法を身に付け習慣化することで、プラークを溜めない・増やさないことが可能です。

スケーリング
スケーラーと呼ばれる器具を使用し、歯の表面に付着したプラークや歯石といったブラッシングでも落ちない汚れを徹底除去します。除去していくことで、それ以上の歯周病の進行を抑えます。  


Posted by koikenina at 11:19Comments(0)