健康、生活 › 2018年08月28日

2018年08月28日

色が変わりづらく、すり減りにくい長所を持っている素材を使用します

美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療のことです。歯を白く綺麗にしたり、歯並びを綺麗にしたり、歯ぐきの色を美しいピンク色に改善するなど、健康的で美しい口元を作ることを目的としています。

ジルコニア
ジルコニアは、金属やプラスチックを一切含まないオールセラミックの素材です。透明でダイヤモンドに近い高い屈折率を有することから模造ダイヤモンドとも呼ばれています。セラミックのなかでも一番強度があり、優れた審美性・耐久性を誇ります。また、ジルコニアは硬度があるため、物を噛みしめても欠ける可能性がかなり小さく、奥歯のように力がかかる部分には最適です。
マイクロモーター
ハイブリッドセラミック
セラミックは透明感のある歯によく似た質感の素材ですが、割れやすいため、歯ぎしりがある患者さんには使えないという特徴がありました。ハイブリッドセラミックは、セラミックにプラスチックを混ぜることで、硬さとやわらかさを併せ持ち、きれいな見た目はそのままになりました。

ハイブリッドセラミックは金属を一切使用しないために、金属アレルギーの患者さんにも安心して使うことができます。ただ、長年使っていると少しずつ変色していくことがあり、全く変色しないセラミックと同様と考えることはできません。上手く使うことで、手頃な価格できれいな白い歯を作ることができます。

主な審美歯科治療
ホワイトニング
飲食や喫煙、服薬などで着色してしまった歯を、ホワイトニング剤で削らずに白くする審美治療です。

オールセラミック
素材が全てセラミック(陶器材料)でできているものを使用する審美歯科治療です。
超音波スケーラー
ラミネートベニア
薄いセラミックを接着し歯の色や形、隙間等改善する審美治療です。

ハイブリッドセラミック
色が変わりづらく、すり減りにくい長所を持っている素材を使用します。

クリーニング
むし歯や歯周病等の原因となる、歯石や歯垢を取り除きます。PMTCともいいます。

メタルボンド
内側を金属で補強したものを使用する審美歯科治療です。  


Posted by koikenina at 12:32Comments(0)

2018年08月28日

オールセラミックより透明度がおちるため、やや審美性が落ちますが、強度と美しさを兼ね備えた治療方法となります

近年、歯科技術の進歩によって、多数のメディアにも取り上げられることで、より身近に使われるようになってきました。歯には、「食事をする」という機能的な側面と、「笑顔を作る」という審美的な側面があり、ともに日常生活を送る上で必要な要素です。歯科審美では、この両方に焦点を当て、さらに患者様の希望を取り入れ、患者様にマッチした口元の「美」を求める歯科治療です。美しい口元は好印象を与え、笑顔にも自身が持てるようになります。

オールセラミック(ジルコニア)
金属をまったく使用しないので、天然の歯に近い白さや、透明感、輝きがあり、審美性に大変優れているため、最上級の輝きを求めるお方におすすめです。
歯科 コントラ
セラミッククラウン(メタルボンド)
金属の上にセラミックを焼き付けて作ります。
オールセラミックより透明度がおちるため、やや審美性が落ちますが、強度と美しさを兼ね備えた治療方法となります。
すでに、金属のつめ物が入っておられるお方も、この治療でセラミッククラウンに交換することができます。

ハイブリッドセラミッククラウン
金属のかぶせ物が嫌、天然の歯に近い白さが良いという方にオススメの、セラミックと硬質強化樹脂を生かした新しい材料です。

ハイブリッドセラミックインレー
金属のつめ物が嫌、天然の歯に近い白さが良いという方にオススメの、セラミックと硬質強化樹脂を生かした新しい材料です。
すでに金属のつめ物が入っておられるお方も、この治療でセラミックインレーに交換することができます。

歯ぐきのメラニン除去
歯ぐきに薬剤を塗りレーザーによって、歯ぐきに沈着したメラニン色素を除去します。
歯科 ユニット
セラミック治療のメリット
白く美しい
透明感があり、天然の歯のように自然。銀歯がチラチラ見えることなく白く美しい口元を作れる
体に優しい
金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がなく体にやさしい
※ジルコニア、e-maxクラウンに限る
着色や汚れがつきにくい、変色しない
セラミックは汚れが付きにくく、変色しない素材なので、美しさが変わらない。汚れも付きにくいので虫歯の再治療の可能性が低い。
  


Posted by koikenina at 11:59Comments(0)