健康、生活 › 2018年08月31日

2018年08月31日

短期間で歯並び、歯の大きさ、歯の形を治療したい

審美歯科の大きな目的は、美しい口元で自分に自信をつけることだと思います。
歯並びや色の黄ばみ以前に、治療した銀歯などが気になってしまい、思いっきり笑えないといったコンプレックスをお持ちの方は、どことなく自信がないように見えてしまうこともあります。一方で、笑った時や話した時に見えるきれいな歯は、清潔感があり明るい印象を与え、自然と笑顔や会話に自信があふれてくることでしょう。しかし、治療により手に入れた美しさも、それが長期に渡り持続しなければ、本当の審美歯科とは言えません。
光照射器
歯並びが悪い、歯の色が変色してしまったなどのトラブルを解決する治療です。
神経のない歯や差し歯を、セラミックできれいにすることができます。
「オールセラミック」は、金属を一切使わず、自然な色合いと質感を追求したものであるため、ご自分の歯と同じようにお使いいただけます。歯の汚れ(プラーク)も付着しにくく、歯ぐきにも優しく、歯ぐきが黒く見えることもありません。
また、セラミックは、金属を使わないので食べ物の味が変わらず、金属アレルギーの心配もない体に優しい素材です。
こんな方にお勧めです。
白い歯にしたい
銀歯が気になる
口元が気になって笑えない
歯並びが悪いが、矯正はしたくない
短期間で歯並び、歯の大きさ、歯の形を治療したい
差し歯をの歯ぐきの色が気になる
神経をとった歯の黒ずみが気になる
金属アレルギーの方
マイクロモーター
つめもの・被せもの紹介
オールセラミック
金属をまったく使用しないでセラミックだけでできたもので、見た目も一番自然の歯に近く歯先に透明感があり、変色もしないため自然な色合いと形を再現できます。そしてセラミックのみの使用なので歯と歯茎の間が黒ずむこともありません。金属アレルギーの方にもアレルギーを心配なく使用していただけます。ビタインセラムはブリッジが可能な高強度のアルミナコアフレームに光の吸収特性や反射特性が天然歯に極めて近似したビタデュールアルファ陶材を筑盛焼盛するシステムです。

金属をまったく使用しないでセラミックだけでできたもので、見た目も一番自然の歯に近く歯先に透明感があり、変色もしないため自然な色合いと形を再現できます。
そしてセラミックのみの使用なので歯と歯茎の間が黒ずむこともありません。金属アレルギーの方にもアレルギーを心配なく使用していただけます。

メタルボンド
金属の上にセラミックを焼き付けたもので強度に優れているためブリッジにも使用ができます。また、保 険のものとは違い擦り減らず変色もない上、歯の多様な色を出すこともできるため審美性にも優れており、表面がセラミックのため抗菌作用があり細菌を寄せ付 けにくいので歯が長持ちします。  


Posted by koikenina at 15:45Comments(0)

2018年08月31日

「保険適用」と「保険適用外」の治療では何が違うの?

「審美歯科とホワイトニングでは何が違うのですか?」というご質問をよく患者様から受けます。
「歯を白く綺麗にする」ことは同じなのですが、その「やり方」が異なります。
審美歯科治療とは、つめ物・かぶせ物を用いて「歯の色」「歯の形」「歯並び」をより美しくするための治療です。

ホワイトニングと異なり、「後戻り」することはなく、白さは半永久的に持続します。しかし、つめ物・かぶせ物を用いた治療となりますので、「歯を削る」必要があることがホワイトニング(薬剤を利用し歯を削りません)と異なる部分です。どちらの治療にも一長一短がありますが、まずは本文を読んで頂き、担当医と相談することをお勧めします。
マイクロスコープ 歯科
「保険適用」と「保険適用外」の治療では何が違うの?
健康保険制度は、国民全員が等しく治療を受けることができる制度です。
その反面、保険適用の歯科治療においては「かめる」という最低限の機能を取り戻すことに主眼が置かれているため、使われる材料や治療方法は20年から40年ぐらい前のものに限定されています。このため、「自分の歯と区別がつかないような治療をしたい!」「芸能人のような透きとおる歯にしたい!」という「美しさ」を追求するご要望には保険が適用されない全額自己負担での治療を受けていただくことになります。では、全額自己負担の審美歯科治療と保険適用範囲内の治療ではどのような違いがあるのでしょうか。以下、ご説明します。

見た目の美しさ
患者様にとって一番わかりやすいのは、経年劣化(けいねんれっか)とよばれる治療経過後の見た目の変化だといえます。その違いは写真で確認いただくと一目瞭然です。

審美歯科治療が虫歯の再発リスクを低下させる!?
虫歯治療をした歯は人工のかぶせ物をしているため、「歯」と「かぶせ物」にはどうしても目に見えない程の「隙間(すきま)」が生じてしまいます。そこから虫歯菌が侵入し、むし歯が再発するリスクが非常に高い事実があります。
ワックスペン
こうしたことを避けるために我々歯科医師としては、人工のかぶせ物のすき間をぴったりと埋めようとしますが、保険の材料ではこうしたことに限界があり、せっかく治療した歯も数年すると再治療になってしまうケースが圧倒的に多いといえます。

しかし、保険適用外の治療では、かぶせ物と歯の間をぴったり埋めることが可能となりますし、それだけの時間もかけることができます。その結果、保険の材料と比べ虫歯再発リスクを最小限に抑えることが可能となるのです。また、セラミックの性質上、汚れがつきにくい特徴を持ち合わせていることも虫歯再発リスクの低下に貢献することになります。  


Posted by koikenina at 12:33Comments(0)

2018年08月31日

審美治療とはただ歯の形を整え、白くする事だけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します

バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔が生まれます。保険診療による一般の歯科治療では、虫歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復するといった治療に重点が置かれ、治療した後の見た目や周りの歯との調和・機能性などを考えた場合には、限界があります。当医院では、最先端の歯科医療技術で審美的にも機能的にも一人ひとりに合った治療を行っております。

セラミッククラウン
金属を全く使用せず、陶器のみで作られたクラウンなので、金属アレルギーなどの心配がなく、アレルギーの方も安心です。特に色調や透明感に優れていますので、きわめて自然の歯に近いものを再現することができるため、前歯などきわめて目立つ部分の歯の治療に適しています。むし歯を治療したあと、歯の表面を削り、そこにセラミックのクラウン(冠)をかぶせて、歯の色、形、歯並びなどの美しさをトータルに修復、改善する方法です。
マイクロモーター
セラミックインレー
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。むし歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、むし歯治療をした部分を埋める場合に用います。セラミックインレーは、ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。治療費は、やや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりを求める方にはお勧めです。

ラミネートベニア
ラミネートベニアは、歯の表面を薄いコンタクトレンズのようにカバーする方法です。オールセラミックスで作製され、ホワイトニングでは白くならない歯を白くしたい、歯の形・大きさ・歯並びを変えたい、あるいは歯の隙間をなくしたい場合に有効な療法です。
エアーモーター
デジタルによる写真とコンピューターを使って歯の色を測定し、正確に色を再現していくので、歯の色調は希望どおりに作製でき、大変キレイな仕上がりとなります。ほかの治療法と比べると歯の切削量が極めて少なく、歯の神経を抜かずにできる手法であるため、欧米では審美歯科の代名詞とも言われています。

【短所】 保険適用ができない
【通院回数】 平均して3〜4回 約1ヶ月
【アフターケア】 定期的な検診やクリーニング  


Posted by koikenina at 11:51Comments(0)