健康、生活 › 2018年09月03日

2018年09月03日

審美歯科治療法ここでは具体的な審美歯科の治療法についてご説明していきます

審美歯科と聞くと、見た目の美しさだけを追求する特別な治療をイメージするかもしれませんが、審美歯科において、歯そのものを美しくするのは当たり前のことなのです。大切なことは、歯並びとお顔との調和、そして歯本来の機能をしっかりと考えた治療を行うことです。つまり審美歯科治療は一般歯科の技術の他に、歯科医師のデザイン力やカウンセリング力、豊富な臨床経験が必要となる治療分野といえます。

審美歯科治療法ここでは具体的な審美歯科の治療法についてご説明していきます。
『オールセラミッククラウン』
従来の差し歯は金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じが避けられませんでした。
現在は金属のかわりに「白い金属」といわれるジルコニアなどを使用することにより、前述した黒いふちどりもなく、自然な透明感のある白い歯をつくることができます。

『セラミックインレー』
歯の咬む面に詰めた金属や変色してしまった樹脂をセラミックで詰めることにより、ほとんど治療のあとを目立たなくすることができます。少し前まで奥歯は金属でもよいと言われる傾向がありましたが、現在では特に下は笑うと奥歯まで見えるので審美歯科治療を希望される方が多いです。
タービン 歯科
ホワイトニングとは
ホワイトニングとは、ブリーチングとも呼ばれますが、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を安全な薬剤の力で白く(漂白)していくものです。
例えばシャツを洗濯した場合、汚れは落ちますが(クリーニング)、もっと白くするには漂白が必要なように白い歯をご希望の場合にはホワイトニングが適しております。


ホワイトニングでできること
・生まれつき黄ばみが強い
・高齢化による変色
・抗生物質の副作用で起きた変色など
マイクロモーター
といった歯質内部の色素を分解し、さらに歯の表面に付着した頑固なステインも分解します。歯の内部から外側まで「丸洗い」することで、「歯の美しい白さをよみがえらせる」ことも、「今まで以上に白さを創造する」ことも可能です。
  


Posted by koikenina at 15:52Comments(0)

2018年09月03日

審美歯科治療法ここでは具体的な審美歯科の治療法についてご説明していきます

審美歯科治療法ここでは具体的な審美歯科の治療法についてご説明していきます
審美歯科と聞くと、見た目の美しさだけを追求する特別な治療をイメージするかもしれませんが、審美歯科において、歯そのものを美しくするのは当たり前のことなのです。大切なことは、歯並びとお顔との調和、そして歯本来の機能をしっかりと考えた治療を行うことです。つまり審美歯科治療は一般歯科の技術の他に、歯科医師のデザイン力やカウンセリング力、豊富な臨床経験が必要となる治療分野といえます。
歯科レントゲン
審美歯科治療法ここでは具体的な審美歯科の治療法についてご説明していきます。
『オールセラミッククラウン』
従来の差し歯は金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じが避けられませんでした。
現在は金属のかわりに「白い金属」といわれるジルコニアなどを使用することにより、前述した黒いふちどりもなく、自然な透明感のある白い歯をつくることができます。

『セラミックインレー』
歯の咬む面に詰めた金属や変色してしまった樹脂をセラミックで詰めることにより、ほとんど治療のあとを目立たなくすることができます。少し前まで奥歯は金属でもよいと言われる傾向がありましたが、現在では特に下は笑うと奥歯まで見えるので審美歯科治療を希望される方が多いです。

ホワイトニングとは
ホワイトニングとは、ブリーチングとも呼ばれますが、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を安全な薬剤の力で白く(漂白)していくものです。
例えばシャツを洗濯した場合、汚れは落ちますが(クリーニング)、もっと白くするには漂白が必要なように白い歯をご希望の場合にはホワイトニングが適しております。
超音波スケーラー

ホワイトニングでできること
・生まれつき黄ばみが強い
・高齢化による変色
・抗生物質の副作用で起きた変色など

といった歯質内部の色素を分解し、さらに歯の表面に付着した頑固なステインも分解します。歯の内部から外側まで「丸洗い」することで、「歯の美しい白さをよみがえらせる」ことも、「今まで以上に白さを創造する」ことも可能です。
  


Posted by koikenina at 13:02Comments(0)

2018年09月03日

ホームホワイトニングでは、患者さん自身が自宅にて漂泊を行えます

従来からの歯科治療でも内面の金属が見えないクラウンは頻繁に使用されてきました。
しかし金属アレルギーや、気になる歯肉の黒変、審美的に不自然な人工歯に不満を感じる患者も多いことから、現在はセラミックだけでできているクラウンへと移行しています。専門医の間では、内面にジルコニアを使用する方法も一般的になってきています。強固で、審美的にも自然感のあるクラウンとして「歯列修正」「歯の色」「歯の形態修正」、そして過去に処置をしたクラウンのやり直しなど様々に使用されています。
口腔内カメラ
部分セラミックス
歯の表面をほんの僅か(0.3mm~0.7mm程度)削り、精密に製作されたセラミックの人工歯を強固に接着させる方法です。希望する歯の色や形に合わせたることが可能で、自然な仕上がりとともに歯質にも優しい術式です。歯の色・歯の隙間・噛み合わせの改善など適応範囲が幅広いのも魅力です。

エンジェルクラウン
エンジェルクラウンとは、金属をかぶせるのではなくセラミックをかぶせるもので、透明感があり見た目もきれいです。また、金属がつめてある歯でも、保険で白く治すことも可能です。

ホワイトニング
ホームホワイトニングでは、患者さん自身が自宅にて漂泊を行えます。 医院での診断後に歯型をとり、専門医の十分な説明のうえ、患者さんの歯形にぴったりのトレーを作成して、薬(漂白剤)とともにお渡しします。毎日1~2時間装着し、だんだんと歯に浸透し、ゆっくりと歯を白くしていきます。通常1週間程度から効果が出始め、2週間~2ヶ月程度で希望の白さまで白くすることができます。定期的に来院してチェックを受けて下さい。
超音波スケーラー
オールセラミック
全てセラミック(陶器)を使用して製作した素材です。見た目や色が天然歯に近く、金属を使用していないので、金属アレルギーの方でも安心して使用して頂けます。

ジルコニア
人工ダイヤモンドとしても知られているジルコニアで作られた被せ物は、見た目や色が自然の歯に近く、金属の物に比べても強度が高いのが特徴です。金属を使用していないので、金属アレルギーの方でも安心して使用して頂けます。  


Posted by koikenina at 12:03Comments(0)