健康、生活 › 2018年09月04日

2018年09月04日

歯周病が進行してくると、歯と歯肉の間の溝が深くなって歯周ポケットができます

歯を喪失する原因で多いのは、虫歯と歯周病ですが、中高年以降では、特に歯周病が、その原因となっています。
成人の方の約8割が、歯周病に罹患しています。歯周病はサイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)と言われ、かなり進行するまで自覚症状がありません。
歯科レントゲン
歯周病になると、歯と歯肉の結合が壊され、歯肉が歯から剥がれてしまい、スキマ(歯周ポケット)ができます。さらに進行すると、歯を支える骨(歯槽骨)まで溶けてなくなってしまいます。歯肉からの出血、腫れ、痛みなどを繰り返し、やがて歯がグラグラしてきて、最後には抜けてしまいます。歯周病は、お口の中だけの問題ではありません。心臓病の原因となる事もありますし、妊娠中であれば,早産・低体重児出産のリスクが高まります。また、糖尿病の患者さんが、歯周病を治療したら、血糖値が下がったという報告もあります。

歯周病が進行してくると、歯と歯肉の間の溝が深くなって歯周ポケットができます。
歯周ポケットの中は細菌で充満して炎症が起こっており、内面は潰瘍になっています。全ての歯が中程度の歯周病になっていて、深さ5、6mmの歯周ポケットができているとしたら、その面積を合計すると8cm四方にも相当します。粘膜の表面に潰瘍ができて、しかもその表面には細菌がびっしりと付いており、この状態が何年も続いているのですから、細菌の毒素が体の中に入って、色々な病気を引き起こす事は想像できると思います。
超音波スケーラー
歯周病は現代病
ブラッシング不足、喫煙、ストレス、食生活などの環境因子が原因となる歯周病。生活習慣病でもあると同時に、糖尿病や心臓疾患、思春期や更年期の女性ホルモンの影響、遺伝などの生体因子もリスクファクターとなります。かかりやすく、他の病気も誘発する、大変厄介な歯周病は、現代病そのものと言えます。

歯周病を放置することは、歯だけの問題にとどまらず、寿命を縮める事になるかもしれないのです。健康を維持するためにも、歯周病の治療を行って歯周ポケットの細菌を除去する事が重要と言えるでしょう。少なくとも糖尿病や狭心症がある人は、しっかりと歯周病の治療をしておいたほうが良いでしょう。  


Posted by koikenina at 15:41Comments(0)

2018年09月04日

歯周病が進行してくると、歯と歯肉の間の溝が深くなって歯周ポケットができます

歯を喪失する原因で多いのは、虫歯と歯周病ですが、中高年以降では、特に歯周病が、その原因となっています。
成人の方の約8割が、歯周病に罹患しています。歯周病はサイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)と言われ、かなり進行するまで自覚症状がありません。

歯周病になると、歯と歯肉の結合が壊され、歯肉が歯から剥がれてしまい、スキマ(歯周ポケット)ができます。さらに進行すると、歯を支える骨(歯槽骨)まで溶けてなくなってしまいます。歯肉からの出血、腫れ、痛みなどを繰り返し、やがて歯がグラグラしてきて、最後には抜けてしまいます。歯周病は、お口の中だけの問題ではありません。心臓病の原因となる事もありますし、妊娠中であれば,早産・低体重児出産のリスクが高まります。また、糖尿病の患者さんが、歯周病を治療したら、血糖値が下がったという報告もあります。
ハンドピース
歯周病が進行してくると、歯と歯肉の間の溝が深くなって歯周ポケットができます。
歯周ポケットの中は細菌で充満して炎症が起こっており、内面は潰瘍になっています。全ての歯が中程度の歯周病になっていて、深さ5、6mmの歯周ポケットができているとしたら、その面積を合計すると8cm四方にも相当します。粘膜の表面に潰瘍ができて、しかもその表面には細菌がびっしりと付いており、この状態が何年も続いているのですから、細菌の毒素が体の中に入って、色々な病気を引き起こす事は想像できると思います。

歯周病は現代病
ブラッシング不足、喫煙、ストレス、食生活などの環境因子が原因となる歯周病。生活習慣病でもあると同時に、糖尿病や心臓疾患、思春期や更年期の女性ホルモンの影響、遺伝などの生体因子もリスクファクターとなります。かかりやすく、他の病気も誘発する、大変厄介な歯周病は、現代病そのものと言えます。
歯科レントゲン
歯周病を放置することは、歯だけの問題にとどまらず、寿命を縮める事になるかもしれないのです。健康を維持するためにも、歯周病の治療を行って歯周ポケットの細菌を除去する事が重要と言えるでしょう。少なくとも糖尿病や狭心症がある人は、しっかりと歯周病の治療をしておいたほうが良いでしょう。  


Posted by koikenina at 12:18Comments(0)

2018年09月04日

毎日丁寧にブラッシングをしても歯周病や虫歯になる可能性があります。

末期になると、最初は1本だけがぐらつくだけであっても、短期間のうちに次々とぐらついてくることがあります。放置しておくと全身への影響がでることもあります。
そのため歯を守るには、歯周病を早い段階で予防や治療を行うことが大切となってきます。
毎日同じように歯磨きしていても、歯周病になる歯とならない歯があるのは、何故かご存知でしたか?歯周病の原因とメカニズムについて解説します。治療法について、なぜ抜かなければならないのか?なぜ骨が溶けていくのか?写真やレントゲンを見ながら解説します。
ハンドピース
毎日丁寧にブラッシングをしても歯周病や虫歯になる可能性があります。これは「実は正しくブラッシングできていなかった」ということを表しています。とても残念なことですが、丁寧なブラッシングと正しいブラッシングはまったく別物なのです。そこで高崎の柳沢歯科クリニックでは、担当の歯科衛生士が「正しいブラッシング」を丁寧にアドバイス
させていただいております。
・正しい歯ブラシの選び方
・正しい歯ブラシの持ち方
・ブラッシング時の正しい力の入れ方
・ブラッシング時の正しい毛先の当て方
また、場合によってはデンタルフロス(歯間ブラシ・糸ようじなど)のご提案、ご使用方法などにも対応し、患者様お一人お一人に合ったブラッシング方法をご提供させていただいております。

PMTC(プロによる歯のクリーニング)
PMTCとは、Professional(専門家が)Mechanical(専用の機械で)Tooth(歯を)Cleaning(クリーニングをする)の略語です。つまり、歯科医師や歯科衛生士が専用の機械を使って行う本格的な歯のお掃除になります。いくら毎日丁寧にブラッシングなどのケアをしていても、取り切れない歯石や汚れ、バイオフィルム(細菌の巣)などが付着しています。こういったものがたまると歯周病や虫歯の原因になってしまいます。毎日のブラッシングに加え、歯科医院で定期的なクリーニングをしていきましょう。
 歯科レントゲン
歯周病の進行
歯周病は、進行するにしたがって歯を支える骨が溶けてしまう特徴があります。さらに、一度溶けて下がってしまった骨は、基本的に元の位置に戻ることはありません。治療が完治しても下がった場所で止めるのが精一杯で、治療を行わなければ、どんどん進行してしまうのです。
末期になると、最初は1本だけがぐらつくだけであっても、短期間のうちに次々とぐらついてくることがあります。
そのため歯を守るには、歯周病を早い段階で予防や治療を行うことが大切となってきます。  


Posted by koikenina at 11:43Comments(0)