健康、生活 › 2018年09月05日

2018年09月05日

最新の技術では、様々な要望にお応えすることが可能です

審美歯科とは、虫歯や歯周病といった「歯の病気」の治療とは少し異なります。
欠けてしまった歯並びや歯の色などを整え、審美性(見た目)を回復させ、より美しい口元を作る治療です。気になる部分の歯を削り、人工の歯を装着することで自然の歯に近い、白く美しい歯を手に入れることができます。金属を使用しない素材を装着すれば年月がたっても黒ずみしません。
歯科器具
さらにもう一歩進んで
審美歯科とは、虫歯や歯周病の治療などお口の中の病気を治すことが目的ではなく、 美しく健康な歯を作ること、美しく健康的な笑顔を作ることを目的としています。
素敵な笑顔を取り戻す為に・・・
・笑った時に銀歯が見える。
・歯並びが気になる(歯の大きさが不揃い)
・歯の着色や変色が気になる(歯を白くしたい)
・笑うと歯茎が見えすぎる(ガミースマイル)
・歯茎が黒く見える。
・昔入れた被せ物と歯茎との境目が黒い。
・前歯のすきっ歯をなくしたい。
・歯茎が痩せてきた (歯肉ラインが上がって根が見える)
・美しい歯にしたい。
歯科レントゲン
ドクターのコメント
最新の技術では、様々な要望にお応えすることが可能です。 審美に関するお悩みをお持ちの患者様は、歯科医院で『そこまでする必要はない』とか 『それは出来ない』と断られた経験から、悩みを打ち明けづらいとお考えの場合も多い様です。 症例によっては、コンポジットレジンという樹脂を用いて保険診療で行う事も可能です。 お気軽に一度ご相談下さい。カウンセリングの際に、治療期間や費用なども含めてご相談させていただき、 十分ご理解をいただいた上で治療を進めさせていただきます。 そして、あなた本来の笑顔と自信を取り戻して下さい。

歯のクリーニング(PMTC)では、エナメル質より下に染み込んだ色素はなかなか落ちません。そんなときはホワイトニングがおすすめです。ホワイトニングとは、薬剤を歯の表面に塗布して歯を漂白する方法で、院内で処置を行うオフィスホワイトニングと自宅でできるホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングは、短期間で歯を白くしたいとか、自分でやるのが面倒だという人に向いています。1回約1時間の治療で歯が白くなる治療法などいくつかの方法がありますが、治療法や個人差によっては効果があまり期待出来ないこともあります。  


Posted by koikenina at 15:56Comments(0)

2018年09月05日

歯の全面にセラミックス製のクラウン(冠)をかぶせ、固定する治療です

審美歯科とは、一般的には歯の美しさに焦点を当てた歯科医療のことを言います。
従来の歯科治療は虫歯や歯周病等、歯の悪い部分を治すことに主眼がおかれてきました。しかし最近では治療するのであれば、さらに美しく見えるように治療しようという考え方に変わってきています。綺麗で白い歯は人に好印象を与え、歯並びの良い歯は健康で楽しい食生活をおくることもできます。歯の悪い部分だけを治すのではなく歯や口元の欠点をカバーし、トータルなお口の美容と健康を一緒に目指しましょう。

オールセラミックスクラウン
歯の全面にセラミックス製のクラウン(冠)をかぶせ、固定する治療です。歯の全体を一回り削り、上からセラミック製の歯をかぶせます。歯並びを修正ができ、先天的な歯の変色に対しても有効です。金属を一切使用していないので金属アレルギーがおきないというメリットがあります。光の透過が天然の歯とほとんど変わらないので、透明感のある自然な歯が再現でき、治療箇所も目立ちません。
歯科 通販
セラミックインレー
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。虫歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に用います。セラミックの自然な仕上がりで、虫歯跡を目立たないようにできます。

ラミネートベニア
歯の表面を貝殻状のセラミック素材でコーティングしてしまう治療で、歯の隙間やねじれた歯、欠けた歯に有効な治療方法です。コーティングする際、歯の表面を薄く削ることがありますが、痛みはなく、歯の負担も極めて少ないです。またラミネートベニアは歯にコーティングを行なうので歯の治療だけでなく、ホワイトニング効果も同時におこなうことができます。素材自体もかなりの強度があり磨耗や変色の心配がありません。治療期間も短期間でおこなえます。
マイクロモーター 販売
ホワイトニングって何?
歯の表面に白い色を塗って白く見せるのではなく、本来の自分の歯そのものを白く変化させるものがホワイトニングです。したがって、歯ブラシを使って歯を磨いたとしても色は落ちたりしません。
しかし、ホワイトニング終了後から少しずつ元の色に戻っていきます。大体4~12ヶ月で、元の歯の色に近くなります。
 
ホワイトニングの種類
歯のホワイトニングの方法は基本的にはどちらも歯科医院を利用しますが、大きく分けると2つ。 一つは、歯科医院(DENTAL OFFICE)のみで行なう「オフィスホワイトニング」と、もう一つは、歯科医院などで作ってもらったマウスガードを使って自分の家(HOME)で行なう「ホームホワイトニング」があります。どちらも歯を白くすることは可能で、自分に適した方法を選択すれば良いと思います。  


Posted by koikenina at 11:40Comments(0)