健康、生活 › 2018年09月10日

2018年09月10日

また、矯正治療で噛み合わせや歯並びが良くなると、健康面だけでなく、見た目の美しさも手に入れることができます

歯並びがガタガタしている、下顎もしくは上顎が前に出ているなど人によって悩みは異なりますが、大人になっても矯正治療で治すことができるケースもたくさんあります。では、なぜ大人になっても矯正治療をしたほうがいいかというと、それは歯並びやかみ合わせが全身の健康状態にも影響を及ぼすことがあるからです。

たとえば、歯並びが悪くて歯と歯が不自然に重なっていると、その重なった部分はどうしてもブラシが届きにくく、きれいに磨けなくなってしまいます。すると、歯垢や歯石が歯について虫歯や歯周病になりやすくなるのです。また、歯並びが悪いということは上の歯と下の歯がきちんと噛み合わせられないので、きちんと噛めている人に比べて唾液の分泌量が少なくなり、そのため唾液による口腔内の殺菌が十分にできず、これも虫歯などの病気や口臭の原因になります。また、受け口や上下の前歯がかみ合わせられない開咬(かいこう)という状態では、歯と歯の間から空気が漏れてしまうため、発音がしづく滑舌が悪くなってしまいます。
ハンドピース
自然な笑顔も生まれます
また、矯正治療で噛み合わせや歯並びが良くなると、健康面だけでなく、見た目の美しさも手に入れることができます。それまで何となく人前で口を開けるのが気になっていた人が、笑顔で人と話せるようになったり、消極的だった人がいろんなことに前向きに取り組めたりすることもあります。もちろん、審美のためだけに矯正するわけではありませんが、歯並びや顎の位置を正しく調整することで、自然と美しい口元を手に入れることができるのです。

矯正治療はお子様だけでなく、大人になってから治療を行うこともできます。矯正治療は時間も費用もかかりますが、上尾の麻生デンタルクリニックでは矯正の専門医が治療するので、それに見合った治療を受けることができ、最後まで安心して通っていただけます。
矯正治療に興味はあるけどなんとなく不安、費用はどれくらいかかるのか心配という方も、お気軽にご相談ください。矯正治療の前には必ず無料の矯正相談を受けていただきますので、その時になんでも聞いて下さい。
歯科レントゲン
歯並びが悪いと
歯並びや噛み合わせの異常は、口腔内を虫歯や歯周病を発生させやすい環境にするばかりではなく、噛む力の低下、ひいては、顎の関節や全身にさまざまな障害を引き起こしかねません。よく噛む(咀嚼:食べ物を噛み潰すこと)という行為は、唾液やホルモンの分泌、脳への血流を促進します。また、咀嚼は顎の筋肉だけではなく、首の筋肉も使っています。つまり、顎が不安定になり、噛みにくい状態が続くと唾液の分泌不足や咀嚼に関連する筋肉バランスの乱れにより消化不良や頭痛や肩こりをはじめ、全身にさまざまな症状をひき起こす可能性があるのです。したがって、矯正治療には審美性の向上のほかに次のような メリットがあります。  


Posted by koikenina at 15:42Comments(0)

2018年09月10日

歯並びが乱れていると、空気が歯と歯の間から漏れて発音が不明瞭になりがちです。矯正で発音も改善できます

歯周病とは、歯と歯を支える組織(歯周組織)から起こる口腔内の病気の総称です。歯周ポケットにたまった歯垢(プラーク)や歯石の中にいる歯周病菌が歯ぐきにダメージを与え、少しずつ歯を支える組織を破壊していきます。歯周病は、歯ぐきのはれや出血から始まり、進行すると歯がぐらぐらして抜けてしまうこともあり、歯を失う大きな原因となっています。さらに痛みを伴わないため、自覚症状がないケースが多く、成人の3人に1人の割合で歯周病にかかっています。
タービン 歯科
歯並びを整えることで得られるメリットをご紹介します。
お顔の印象アップ
歯並びが整うと、口元も美しくなります。歯は人の第一印象を大きく左右する要因になるもの。歯並びを整えることで、他人から見たお顔の印象は必ずよくなります。また、顔の歪みも改善されます。
発音の改善
歯並びが乱れていると、空気が歯と歯の間から漏れて発音が不明瞭になりがちです。矯正で発音も改善できます。
虫歯予防
歯並びが乱れていると歯ブラシが届かない場所ができるため、虫歯になりやすくなります。正しい歯並びにすると、歯ブラシが行き届いて口腔内をキレイに保てるようになり、虫歯になりにくくなります。
全身の健康維持
噛み合わせは全身の筋肉とつながっているため、乱れていると原因不明の頭痛や肩こりなどが起こります。正しい歯並びに整えることで、全身の健康にもよい影響があります。


歯並びが悪いと
出っ歯や受け口などといった歯並びの悪さは見た目の美しさが損なわれるだけでなく、実は身体に様々な悪影響を及ぼす恐ろしい病気なのです。
そのいくつかの例として以下のものが挙げられます。
 歯科レントゲン
虫歯になりやすい
歯周病になりやすい
発音に影響を起こす場合がある。
食べる時に効率が悪い。
 
成長期に、悪い歯並びを放置しておくことで、顎の成長が悪い方向にすすんだり、発育不足をおこすことがある。悪い歯並びが、劣等感になり、心理的にストレスを与える場合があります。全身の姿勢のバランスをくずし、頭痛や肩こりなどの原因になることがあります。  


Posted by koikenina at 12:34Comments(0)

2018年09月10日

歯の位置がずれていることによる噛み合わせの悪さが解消します。

歯科矯正というと、小学生くらいの子どもが治療を始めるイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。子どもの頃と比べると、大人の歯は生えている位置が定着しているので歯列矯正には時間がかかりますが、大人になってから始めても十分間に合います。最近は、審美面のメリットを求めて、大人になってから歯列矯正を始める人も増えています。また、歯並びを整えることは、審美面だけでなく、全身の健康状態にも良い影響を及ぼすことが分かっています。ここでは、歯を矯正することのメリットや、具体的な矯正方法などをご紹介します。
歯科 超音波スケーラー
コンプレックスから解放 
歯列矯正によるもっとも大きなメリットは、歯並びが悪いというコンプレックスから解放され、ストレスが解消することです。
「人の目を気にすることなく自然な笑顔でいられる」「考え方が前向きになった」「何事にも積極的に取り組めるようになった」など、性格や考え方にプラスの影響を及ぼすこともあります。
1-2.噛み合わせが整う
歯の位置がずれていることによる噛み合わせの悪さが解消します。噛み合わせが整うと、左右の歯でしっかりと咀嚼することができるようになります。
その結果、胃腸など消化器官への負担も減らすことができます。特定の歯だけに強い力が加わることがなくなり、歯ぎしりをしなくなったというケースもあります。
虫歯や歯周病になりにくくなる
歯列がそろうと、歯磨きやデンタルフロスがしやすくなります。歯の間に食べたものが詰まりにくくなり、詰まっても歯磨きで簡単に落とせるようになるので、虫歯や歯周病のリスクが低減します。口腔内が清潔に保てることから、口臭の改善も期待できます。
歯科 ユニット
体全体のバランスが整う
歯並びや噛み合わせが良くないと、頭がい骨のバランスが崩れ、そのバランスの悪さを取り戻そうとして体のあちこちに負担がかかります。そのことが、頭痛、肩こり、めまいなどの症状を引き起こすことがあります。
なかには、ひどい腰痛の原因が噛み合わせの悪さだったという事例もあるほどです。歯列矯正によって体全体のバランスが整うと、体のさまざまな不調が解消されるケースがあります。
矯正によってきちんと咀嚼できるようになると、表情筋が活発に使われるようになり、顔の左右差やほうれい線、シワの改善などが期待できます。見た目が整ってくると、自然と笑顔が増えます。
人は笑顔になると表情筋からの信号によって副交感神経が優位になります。副交感神経が優位になると体がリラックスし、血圧や血糖値の上昇、活性酸素の大量発生などが抑えられるのです。
また、しっかりと咀嚼しあごを動かすことは、唾液の分泌を促し、脳に刺激を与えます。唾液は消化を助けるだけでなく、免疫力アップにも役立つといわれています。脳内の血流が増えると神経活動が活発になり、脳全体が活性化すると考えられています。
歯科矯正することで、見た目も、体の内側も、より健康に若々しくなることが期待できるというわけです。  


Posted by koikenina at 12:05Comments(0)