健康、生活 › 2018年09月20日

2018年09月20日

歯周病が進行して歯を支える骨が吸収(溶けること)してしまうと歯を保存(残しておくこと)が困難となります

歯と歯肉の境目にある溝の深さをポケットプローブ(探針)という器具で測定します。
健康な歯ぐきのポケットの深さの目安は約1~2mm、3mm以上になると「歯周ポケット」となります。この歯周ポケットが深ければ深いほど、歯周病が進行していることを意味してします。また、ポケットプローブで測定した溝からの出血の有無も炎症の目安となります。もちろん炎症のある場合には、出血があります。

レントゲン検査
レントゲン撮影により、歯を支えている顎の骨(歯槽骨)の量を調べます。歯周病は顎の骨が溶かされて(吸収されて)いく病気なので、歯の根が植わっている骨の量が少ないほど歯周病が進行していることを意味しています。また、骨の質もレントゲンで調べることができます。骨の密度が小さいとレントゲン写真では黒っぽく写りますが、骨の密度が大きいところはより白く写ります。歯周病から回復してくると、骨の密度が増し、歯の動揺もおさまってきます。
マイクロモーター
歯周病の再生療法
歯周病が進行して歯を支える骨が吸収(溶けること)してしまうと歯を保存(残しておくこと)が困難となります。この吸収してしまった骨を再生して元の骨の形態に戻す治療法を歯周組織再生療法と言います。すべての骨吸収に対して可能ということではありませんが、CT等で事前に骨吸収の形態を把握して、適応症であるならば骨の再生ができます。
術前の歯の周りの骨が黒くなっているところが溶けてしまっている骨です。

術後1年の写真では歯の周りの骨がだんだん白っぽく写ってきていることがわかります。これが歯周組織再生療法です。歯周組織再生療法はマイクロスコープを使って行う繊細な手術ですので、非常に高度な技術が必要となります。

歯周病と歯ぎしりの関係
歯周病の症状は、かむ力によっても左右されます。歯周病によって顎の骨が弱くなってくると、歯は、より左右に揺さぶられるのです。家の基礎に例えるなら、くいの刺さった土台がひび割れてきている状態といえます。ただでさえ安定しませんし、隙間に歯周病菌が入り込む恐れもあります。
 歯科バイブレーター
<ナイトガードを併用した治療方法>
歯周病が確認され、なおかつ歯ぎしりや食いしばりが顕著な場合は、睡眠するときにお口へ「ナイトガード」を着用してみましょう。模型や絵図がございますので、詳しく知りたい方は、直接おたずねください。
  


Posted by koikenina at 15:48Comments(0)

2018年09月20日

口の中の健康は単に、虫歯を防ぐことや、虫歯を治すことだけで得られるものではありません

出っ歯や受け口(反対咬合)といった悪いかみ合わせやらんぐい歯のような 悪い歯並びをきれいにする治療を矯正治療(歯列矯正)といいます。

歯列矯正は単に見た目を良くするだけでなく、機能的な問題(かみ砕く能率、あごの運動)の改善や歯周組織を含めた歯の健康の向上に関わっています。悪い歯並びやかみ合わせのままですと、歯は“噛む”という作業に対して参加が弱まって咀嚼(かみ砕く)力が落ちたり、咀嚼の際に各々の歯が十分に機能していないために、歯肉や歯そう骨といった歯のまわりの組織が丈夫になりません。また、歯ブラシが良く届かないことによって、虫歯や歯肉炎になりやすかったりします。

口の中の健康は単に、虫歯を防ぐことや、虫歯を治すことだけで得られるものではありません。よい歯並びとかみ合わせが加わってこそはじめて口の中の健康が得られ、長持ちします。生涯自分の歯で 楽しく食事をするために、矯正治療に挑戦してみませんか。矯正治療は、自分の歯を矯正装置の力でゆっくりあごの骨の中で動かして並べ治す治療です。

歯並びや口もとを気にして、ずっと悩んでいらっしゃる方へ。
とりむら歯科クリニックでは、「キレイな歯並び」をつくることを全力でサポートし、美しい笑顔で健康な生活を送るためのサポートをさせていただきます。
来院されてすぐに矯正治療をスタートすることはありません。まずはお口の中を拝見して、あなたに矯正治療が必要か判断し、大まかな治療プランをご説明いたします。早く、最小限で治療を行って欲しいという方には、部位を絞って行う部分矯正、プチ矯正をご提案いたします。まずはお気軽にご相談ください。
歯科 通販
短期間・低価格で、気軽に行える矯正治療
「歯並びや見た目は気になるけど、費用、期間の問題から矯正治療に踏み込めない…」という方は多いと思います。

そんな方のために、矯正装置をすべての歯ではなく、限られた本数に取り付ける、部分的な矯正治療も行っております。「気になるところだけキレイにしたい」「歯を削らずに形を整えたい」そんな願いを叶えます。※症状、お口の状態によっては部分矯正を行えない場合があります。まずはしっかりと検査・診断し、最適な治療法をご提案いたします。

矯正歯科のデメリットは?
1.治療期間が長い
平均2年の治療期間が長いと感じる方がいらっしゃるようです。最近では治療期間が短くなる治療方法も出ており、ライフスタイルにあった治療方法を検討下さい。
口腔内カメラ
2.矯正治療の器具の見栄えが悪い
矯正治療の器具ブラケットの見栄えが悪く、治療中は、明らかに治療しているというのが周りの方にもわかります。最近では裏側矯正や透明な器具も出ており、選択肢が増えています。  


Posted by koikenina at 13:06Comments(0)

2018年09月20日

歯周病の予防と治療に欠かせないのが、歯面に付着したプラーク(歯垢)を取り除く毎日のセルフケアです

最近では小学生にも歯周病がみられますが、歯周病のピークは50歳代と言われており、70歳以降の人に歯周病が少ないのは、歯の喪失により、歯周病に罹患する歯が少なくなるためです。70歳以上で「なんでも噛んで食べることができる」と答えている人は半数に過ぎないという調査結果があります。
マイクロモーター
歯が失われると食物を咀嚼する機能が損なわれ、栄養のバランスが崩れてしまいます。また、「歯の喪失が進んでいる人」「咀嚼に支障のある人」は、ミネラルやビタミンの摂取が少なく、炭水化物の摂取が多くなりがちとも言われています。さらには、歯周病が肥満やメタボリックシンドロームに密接に関係していることも報告されています。
高齢になっても、自分の歯でなんでもおいしく食べ、バランス良く栄養を摂取するためには、幼児期からの生活習慣やプラークコントロールを確立し、歯周病を予防することが重要なのです。

プラークコントロール
歯周病の予防と治療に欠かせないのが、歯面に付着したプラーク(歯垢)を取り除く毎日のセルフケアです。お口の中の状態は個人差があるので、歯科医師や歯科衛生士に適切なブラッシング方法を指導してもらいましょう。自分ではしっかり磨いているつもりでも磨き残しもありますので、かかりつけの歯科医院を持ち、定期的にプロフェッショナルケアを受けることも必要です。以前は痛みがある時だけ通っていた歯科医院ですが、最近では歯周病の予防や治療後の維持など長期的な健康管理を求めて来院する人も増えています。歯科医院のかかり方に対する意識変化も必要と言えるでしょう。

歯周ポケットとは
歯のまわりの歯肉の溝を歯周ポケットと言います。
健康な歯肉の溝は 1~2mmですが歯肉炎や歯周病が進行するとだだんだん深くなっていきます。

歯周病ポケットの検査
「あなたは歯周ポケット検査をされた事がありますか?」
歯医者さんへ行っても歯周ポケットの検査をしたことがある方は意外に少ないです。
歯茎の中をよく調べる事で、歯周病の進行状態や回復状態をチェックする事ができます。これが歯周ポケット検査です。
歯科 コントラ
糖尿病と歯周病は特に関係が深いと言われています。歯周病が進行するとご飯をしっかり噛んで食べる事が出来なくなり消化作用が弱くなります。そうなると血統値のコントロールがうまくいかず、糖尿病を引き起こす原因になります。血糖値のコントロールがうまく出来ていないと、だ液の量が少なくなり口の中が乾いて歯周病菌が増えてしまいます。
糖尿病の患者さんが歯周病にかかっていると血糖コントロールが難しくなり、さらに悪化してしまう可能性があります。近年では、歯周病菌を一掃して歯周病を治療した結果、糖尿病が改善されたという研究結果も出てきています。まだまだ研究が必要な分野です。  


Posted by koikenina at 12:03Comments(0)