健康、生活 › 2018年10月01日

2018年10月01日

天然歯と遜色のない輝きと色味を持つ「セラミック」を用いた審美治療を実施しています

たばこやコーヒーなどの汚れ、加齢による黄ばみが気になる時は意外と気になるのが歯の「汚れや黄ばみ」。
原因はタバコやコーヒー、加齢による場合もあります。
これらは毎日の歯ブラシやクリーニングでは落とすことがなかなかできません。歯の白さで顔の印象ががらりと変わることもありますし、その人のイメージを歯が決定してしまう場合もあります。「歯の白さ」でお困りの患者さんには、ホワイトニングをおすすめします。

ホワイトニングとは
アメリカで開発され、「歯のエステ」とも呼ばれるもので、歯科治療ではなく歯の美しさに特化した施術です。まず、歯の表面を清潔にした後、ホワイトニング剤を塗布し、レーザーやハロゲンライト、プラズマライトなどの特殊な光を歯に照射します。光を受けたホワイトニング剤が反応し、歯の色素を分解して徐々に歯を白くさせていきます。
歯科 スケーラー
差し歯や銀歯に本来の歯の輝きを求めたい方
天然歯と遜色のない輝きと色味を持つ「セラミック」を用いた審美治療を実施しています。
「口を開けると銀歯が目立っていそうで笑えない」、「差し歯の色が気になる」などでお困りの患者さんは、ご相談ください。

セラミック
陶器を材料に、天然歯とまったく見分けがつかないほど精巧に造られた被せもので、現在で最上級の被せものと言えます。また、いくつかセラミックには種類があり被せものの土台に金属を使ったものをメタルボンド、すべてセラミックでつくられたものをオールセラミック、またはジルコニアという鉱物を土台に使ったものをジルコニアセラミックと言います。
抜歯 器具
インレー
インレーとは虫歯治療等で歯を削った後に歯に被せる詰め物のことです。このインレーをセラミックやハイブリッドと呼ばれる素材にすることにより、自然の歯のような美しさを取り戻せるのです。

金属のインレー
保険適用でできる詰め物ですが大きく口を開けた時にどうしてもチラチラ見えてしまいます。
セラミックインレー
治療したことが分からないほど自然できれいな仕上がりです。
保険適用外になります。  


Posted by koikenina at 17:09Comments(0)

2018年10月01日

「審美歯科」とは、「美しさ」という観点から歯の治療を行うことを意味します

歯茎の黒ずみをとったり(メラニン除去)、歯を削らずに漂白して白くする(ブリーチング)といった 簡単な処置から、ラミネートベニヤ、セラミッククラウン、といった被せ物、ひいては全体的な 噛み合わせを治療して、失ったきれいな笑顔を取り戻す治療迄、と様々です。

審美歯科治療は何も特別な治療ではなく、歯科治療でもワンランク上の質の高い治療の一つだといえます。 それは、美醜の感覚はとても文化的な感覚で、美醜の基準は、患者さんの気持ちや生活背景にあるもの だからです。私達はそのような要素を患者さんと一緒に考えながら、患者さん個人にあった美しさを 引き出す治療を心掛けています。
歯科 スリーウェイシリンジ
にっこり笑ったときに、口元から見える白い歯は、笑顔をより一層、美しく見せてくれます。反対に、歯や歯並びに自信がないと、なかなか笑顔にも自信を持つことができませんよね。つまり、笑顔の美しさには、歯の美しさが大きく影響しているといっても過言ではありません。

「審美歯科」とは、「美しさ」という観点から歯の治療を行うことを意味します。特に、歯を白く、美しく整えることは審美歯科で最も多く行われる治療です。
クリーニング

本格的なクリーニング器材を使って、歯の表面についた汚れを落とし、本来の白さに戻す方法です。
超音波スケーラー
ホワイトニング
歯に薬剤を作用させて漂白(脱色)していく方法です。
当クリニックでは専用のマウストレーを使ってホワイトニングを行う「ホームホワイトニング」を行っています。
基本的に、患者さまにご自宅で行っていただくホワイトニング治療ですが、定期的にご来院いただき医師が診察いたしますので、安心して行っていただけます。もちろん、治療を開始する前には、ご使用方法等について丁寧にご説明いたします。

ラミネートベニア
前歯の表面を0.5mmくらい削り、セラミックで作った付け爪のようなものを張りつける方法です。歯の色だけでなく、歯の形もきれいにすることができます。  


Posted by koikenina at 12:22Comments(0)

2018年10月01日

今までの冠をかぶせる治療方法に比べると非常に歯にとってやさしい治療法です。

歯科治療には大きく分類して「口腔機能を修復する治療」と「見た目を改善する治療」がありますが、いながき歯科が行う審美歯科治療は、そのどちらかではなく、機能と美しさの両立を追求します。

歯を白くする事は、短期間で満足のいくようにできる場合と、時間をかけてもなかなか満足の得られない場合があります。
何故歯を白くできるのか、そのメカニズムを理解する事が大事です。これまで6システムのホワイトニングを試みましたが、現在のシステムに落ち着きました。
現在のシステムは確実に効果が上がり、歯がしみたりする事はありません。 
歯科用マイクロスコープ
3タイプ別ホワイトニング治療
1.現在の歯の色より白くしたいケース。
一番希望の多いケースです。
ここでのポイントはどれくらい白くしたいのかという点と、どこを白くしたいのかという点です。前もってのご希望を詳しくお伺い致します。
2.お口に今ある被せものと色を調和させるケース。
すでに被せた物に色を合わせるのは、困難なケースがあります。
ホワイトニング後に被せ物のやり直しをお薦めする事もあります。
3.ホワイトニング予定の歯に虫歯治療が必要なケース
原則、ホワイトニング治療を先にします。
集塵機歯科
大体2,3週間で目的を達成できるので、その間、歯磨き指導、応急処置を先行して、ホワイトニング治療終了後、白くなった歯の色に合わせて虫歯治療をします。 そのほうが合理的です。ホワイトニング期間中はフッ素を含んでいない専用歯磨き剤を使ってもらいます。原則的に病院内と家で並行して治療します。
そのほうが仕上がりも早く、色もきれいなので、並行して行います。
病院だけだと仕上がりが悪く、お勧めできません。


ラミネートべニア
一部分ではほとんど削らずに歯の幅や形、色などを変えることの出来るラミネートベニア治療を行っています。今までの冠をかぶせる治療方法に比べると非常に歯にとってやさしい治療法です。
  


Posted by koikenina at 11:28Comments(0)