健康、生活 › 2018年10月04日

2018年10月04日

歯石も歯周病に大きくかかわっています。

歯周病とは歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。歯周病になると歯がぐらつき、歯茎から膿が出てきます。そのうちにぐらついた歯は抜け落ちてしまいます。歯周病はある日突然重度な症状になるものではなく、徐々に進行する病気です。重度になってから慌てて治療するのではなく、早い段階から予防をすることが大切です。

歯周病の原因
◎直接的な原因
歯周病の直接的な原因は歯垢(プラーク)です。
歯垢とは、磨き残した食べ物のかすなどに細菌が繁殖してしまったものです。この歯垢に繁殖した多種類の細菌の集合体(バイオフィルム)が、毒素を出して歯肉などの歯周組織を侵襲することで、歯周病になります。バイオフィルム内で繁殖した細菌は、家庭でのブラッシングでは容易に除去する事ができない上に、抗生物質や洗口剤にも抵抗力を示してしまいます。
また、歯石も歯周病に大きくかかわっています。
歯石とは、歯垢に唾液中のカルシウムなどが沈着し、石灰化することで石のように硬くなってしまったものです。歯肉縁より上にできる歯石を歯肉縁上歯石、下にできる歯石を歯肉縁下歯石といいます。(歯肉縁とは歯と歯肉の境目の事です。)歯垢と異なり、歯石自体には病原性はないとされていますが、歯石の表面は非常に粗雑なため、歯垢や食べかすが更に付着しやすくなり歯周病の原因になってしまいます。
遠心鋳造器
◎間接的な原因
歯周病の直接的な原因は歯垢ですが、他にも以下のようなものが歯周病になるリスクを高めてしまいます。
● 歯並び
歯並びが悪い所は、歯ブラシを当てにくいため、歯垢が付きやすい状況になり、歯周病・虫歯共にリスクが高くなってしまいます。
● 不適合な詰め物
CR・インレー・クラウンなどの詰め物の適合状態が悪いと、段差や隙間が存在してしまい、歯垢が付きやすくなり、歯周病・虫歯共にリスクが高くなります。
● 咬み合わせ
咬み合わせが悪く、歯に許容範囲以上の力がかかってしまうと歯周病の悪化につながります。また、咬み合わせが悪くなくても、ブリッジや入れ歯を支えている歯も、本来より強い力を受け止めなくてはならず、歯周病が悪化しやすくなります。
● 不良習癖
歯ぎしりは非常に大きな負荷が歯にかかるため、歯周組織に負担がかかり歯周病を進行させやすくなります。
● 口呼吸
鼻でなく口で呼吸する癖があると、口の中が乾燥して歯垢が付きやすくなり歯周病は悪化しやすくなります。そのほかにも喫煙、ストレス、食習慣、糖尿病、妊娠などから歯周病が進んで行くことがあります。
生体情報モニター  


Posted by koikenina at 12:33Comments(0)

2018年10月04日

いくらお金があっても入れ歯では、悲しいですよね。

歯周予防のために開発された施術であるP.M.T.C.をご存じですか?
PMTCとは、まず歯石をとり、「歯科衛生士や歯科医師などの専門家」が「歯の表面の汚れを除去したり、歯茎をマッサージするための専用機器と薬剤を使って「むし歯・歯周病予防」のために行う一連の施術のことです。

歯が溶けていく!そんな想像できますか?
今ご自分の歯は何本あるかわかりますか?本来、成人の歯は抜けない限り、親知らずがない状態で28本。右の図は、定期的にクリーニングを受けた人と受けてない人の比較です。定期的にクリーニングを受けた人は80歳でもほとんど歯が残っています。(表 赤棒)将来に備えて出来るだけ若いうちから、お手入れするかによって、将来の残す歯がこんなに違うのです。
マイクロスコープ 歯科
いくらお金があっても入れ歯では、悲しいですよね。80歳になっても20本以上自分の歯を保ちましょう。タバコのヤニ、茶渋などの着色や歯の頑固な汚れを取り除きます。本来のきれいな歯の色を取り戻したい方にはおすすめです。

金属アレルギーの方でも安心なメタルフリー治療
当院ではメタルフリー(金属を使用しない)での修復治療を積極的に行なっています。
従来、虫歯の治療や差し歯・被せ物などについては様々な金属の使用がごく当たり前の治療方法ですが、当院では保険診療でも基本的には中程度までの虫歯治療では金属を使用せず、コンポジットレジンと呼ばれる素材(硬質のプラスティック樹脂に似た、白い素材)を使用した修復治療を行ないます。
尚、差し歯・被せ物をする場合、通常金属で土台を作りますが、これもグラスファイバー併用のコンポジットレジンコアにすることでメタルフリーを実現しています。
コンポジットレジンのメリット
身体負担が少ない
歯を削る量が少なくて済むので身体負担を掛けません。
また、治療期間が短い(通常1~2回程の通院)ので普段お忙しい方にも適しています。
コンポジットレジンは色が歯の色に近い為、金属に比べ治療後の仕上がりに不自然さがない(目立たない)ので、人目のストレスがありません。
歯科 鉗子
金属アレルギーなどのデメリットがない
金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がありません。  


Posted by koikenina at 11:31Comments(0)