健康、生活 › 2018年10月08日

2018年10月08日

歯治療の場合、同じ治療を3回繰り返すと歯を失うという統計があります

「対症療法」についてご理解頂けたでしょうか?
歯治療の場合、同じ治療を3回繰り返すと歯を失うという統計があります
それでは、ここからは視点を歯科医療に戻し、「対症療法に頼り切った日本の歯科医療」が患者様にどのような「悪影響」をもたらすのかをお話しさせて頂きます。「悪影響」それはズバリ、「歯科治療を受けることで、抜歯のリスクが増大する」というものです。
と申しましてもイメージが湧き辛いかと思いますので、虫歯治療を例にあげて悪影響についてご説明します。例えば、虫歯で歯がしみるため歯医者に行くとします。こういった場合まず歯医者では、歯がしみる部分(虫歯であいた穴)を確認し、その周辺の虫歯を削り取ります。そして、虫歯や治療(削り取る処置)であいた穴を塞ぐことで「しみる」という症状を無くす処置を行い治療が終了します。
ホワイトニング装置
治療を終えた患者様は当然、「治った!」と認識されますので、「もう大丈夫!」と安心されると思います。しかし、先ほど行った治療はあくまで「しみる」という表面的な症状を無くした「対症療法」にすぎないため、虫歯になってしまった根本的な原因は解決していません。そのため数年後、虫歯が再発してしまい、以前行ったはずの虫歯治療を再び行うことになります。

そして実は、歯は削れば削るほどもろくなります。虫歯治療の場合、同じ治療を3回繰り返すと歯を失うという統計がありますので、上記の例の場合、いつの間にか、あと残り1回の治療で「抜歯」というところまで追いつめられてしまっています。つまり、まとめると、対症療法に頼り切った歯科医療は、歯を「治す」ために歯医者に訪れた患者様の歯を、「崩壊」へと導いているということです。

セルフケア(ホームケア)
あなたのセルフケアは十分ですか?
歯磨きはしっかり出来ているでしょうか。使っている歯ブラシや歯磨き粉は適切でしょうか。フロスは使っていますか?適切なセルフケアが出来ているかどうか、出来ていても継続的できているのか?等、お口の中のことはご自身ではわかりにくものです。歯医者さんで定期的にセルフケアが十分かどうかを確認しましょう。虫歯、歯周病にならないための第一歩です。
 歯科 コントラ
専門的ケア(プロフェッショナルケア)
歯科衛生士による専門的な予防とセルフケア指導残念ながら、ご自身だけで完璧に予防する事がは難しく、出来ている方でも着色や歯石がついたり磨き残しが あるところがあったりするものです。 衛生士による歯のチェックはセルフケアの再確認とともにクリーニングによってセルフケアで不十分だった原因となる汚れ (歯石)等を定期的に除去すること、また必要に応じてフッ素塗布や食生活や全身状態など個々に合わせたセルフケア指導 をさせて頂く事で、虫歯・歯周病の予防を行います。  


Posted by koikenina at 15:45Comments(0)

2018年10月08日

残念ながら日本での取り組みは諸外国に比較し30年以上遅れていると言われております

予防歯科とは読んで字の如く虫歯や歯周病にならないように予防的な管理や処置を行なう現在の歯科医療においては最も重要な分野であると言えますが、残念ながら日本での取り組みは諸外国に比較し30年以上遅れていると言われております。

予防医科学の先進国であるフィンランドでは、予防医学を普及させたことにより国民の総医療費は3分の1まで低下させることができたと言われております。また歯科の分野においては、小児の虫歯発生率が日本の3分の1となり、80歳における残存歯数が日本の7本に対して、25本以上という驚くべき数となっているのです。
抜歯 器具
本当のお口の健康を獲得していただくためにも、「治療から予防へ」というキーワードを覚えていただき、最新の予防に関する考え方をぜひとも知っていただきたいと思います。
当院では15年以上にわたって様々なかたちで予防歯科医療に真剣に取り組んでまいりました。その結果、非常に長期にわたって安定的な口腔内環境を獲得されている患者様も大勢いらっしゃいますが、そういった患者様が皆さん口をそろえたように言われることがあります。

それは、もっと前からこのような治療法があるということを知っていれば良かったということなのです。しかし、決して今からでも遅くはないのです。今以上、お口の中にダメージを背負わないようにしていただくためにも、従来の治療中心的な歯科的アプローチから一刻も早く決別し、根本から異なる予防中心型のフィロソフィーを知っていただければと思います。本当の健康をとお考えになる方は、ぜひともご相談していただければと思います。
マイクロスコープ 歯科
歯  周  病  科
歯周病とは、歯を支えている骨が細菌や強いくいしばりなどの影響によって徐々に溶けていってしまうことで歯を支えておくことができなくなり、最終的に歯が抜け落ちてしまう病気のことをいいます。
現在では成人の8割以上の人が歯周病に罹患しており、成人が歯を失ってしまう一番の要因になっている病気でもあります。

また、最近では糖尿病との因果関係が特に注目されており、糖尿病の3大合併症(腎症、網膜症、神経症)に加えて、6番目の合併症として認定され、歯科における生活習慣病の代表的疾患にもなっております。

さらには、症状がほとんどないため沈黙の疾患とも言われ、気がつかないうちに病気が進行してしまい、来院された時にはすでに手遅れの状態になってしまっていることも多いので、気になることがある場合には、なるべく早期にご相談にいらしていただければと思います。  


Posted by koikenina at 12:43Comments(0)

2018年10月08日

現在の問題点や悩みをお聞きしながら診察し、歯科矯正の概略・期間・費用などを説明します

健康で文化的な生活を送ることは、現代人の誰もが希望することです。 そして、私たちは健康であるとともに美しくありたいと願っています。『明眸皓歯:めいぼうこうし』という言葉があるように、きれいに並んだ白い歯と明るく澄んだ目は、美しさの最も重要な要素のひとつです。矯正歯科治療の目的は、歯並びはもちろん、口もとや顔かたちを整え、
上と下の歯の咬み合わせを良くする事によって食物をよく噛めるようにすることです。
口腔内カメラ
さらに、歯並びが悪いことによって起こる様々な障害を取り除くことにより、美容的に良い歯並びに改善するだけでなく、歯の正常な機能を取り戻し、肉体的、精神的な健康を増進させるための 歯科治療の専門分野です。特に、虫歯、歯周病、顎関節症など、口腔に関する病気のリスクを軽減させ、より良い状態で歯を長持ちさせるための究極の予防歯科治療です。

1. 初期相談
現在の問題点や悩みをお聞きしながら診察し、歯科矯正の概略・期間・費用などを説明します。

2. 精密検査
診断に必要な頭蓋全体のレントゲン、歯列の模型、写真などの資料をとります。症状によっては、顎間接のレントゲンや顎の動きの機能検査もします。

3. 検査の説明
精密検査の結果をもとに、治療方針・期間・費用の詳細を説明します。
超音波スケーラー
4. 歯磨き指導とクリーニング
治療中にむし歯や歯周病にならないように予防処置をします。既にむし歯や歯周病がある場合には治療します。

5. 動的治療:半年~3年程度
矯正装置を装着して歯を動かし、段階的に治療を進めます。装置の装着後には3~4週間ごとに通院します。

6. 静的治療(保定):2年程度
動的治療を終えてから、かみ合わせが安定するまで保定装置を使い、移動した歯をしっかり安定させます。  


Posted by koikenina at 12:02Comments(0)