健康、生活 › 2018年10月09日

2018年10月09日

健康や美を維持するには、ご自分のリスク(弱点)を補っていくことが大切です!

皆様は治療が終わったあと、またむし歯や歯周病になり、歯科医院で治療を受けた経験はありませんか?
もしそういう経験があるなら、それは定期的な検診や予防処置がきちんといかされていないのかもしれません。予防歯科の重要性がお分かりの方でも、ご自分のお口のリスク(虫歯や歯周病のなりやすさ)を知らなければ、予防しようがありませんよね。メンテナンスとは、私たちお口の専門家が、歯科医院で定期的に皆さんのお口のケアを行い、お口のリスクを「検査、管理、予防」することにより、そういった治療終了後の病気の再発を予防していくことなのです。
マイクロモーター
予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます。あまり知られていないのですが、実は初期の虫歯は痛みを感じませんし、歯周病も歯が揺れてくるまで気づかないことが多いのです。ですから、痛みが出たり、歯が揺れたりして歯科医院に訪れると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。そのため当院では治療終了後、3ヶ月ごとのメンテナンスをおすすめし、リスクの少ない方は間隔も少しずつ長くしながら、皆様のご負担が少なくなるように進めていきます。

健康や美を維持するには、ご自分のリスク(弱点)を補っていくことが大切です!
歯周病になりやすい人は、生涯にわたり歯周病菌の繁殖をコントロールすることが重要です。歯周病が進行した場合、細菌が歯周ポケットの中で繁殖して骨を破壊しますが、自覚症状は出ません。自分では気が付かないため、管理を怠ると再発する確率が高くなります。
噛み合わせに問題がある人は、定期的に安定した状態を確認し、噛み合わせの調整を受けることが必要です。日常生活の変化と口の中は密接に関係しているため、知らず知らずの間に噛み合わせが変わってしまう危険性があります。
超音波スケーラー
入れ歯の人は、加齢とともに顎の骨が痩せていくため、入れ歯がガタついたり、浮き上がったりするのを防ぐために、定期的に入れ歯を補正して安定をはかる必要があります。気がつかない間に人工の歯が掛けていたり、金具が破損したりすることがあるため、きちんと管理しましょう。このように、メインテナンスの内容は皆同じではなく、その人の傾向性や年齢に合わせて注意深く管理する必要があります。きちんと管理してあげることで、歯の健康と美を維持することができます。  


Posted by koikenina at 15:55Comments(0)

2018年10月09日

「咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)」はプラークとは関係がありません

歯が痛いまたは血が出るといった症状の場合、一般歯科の治療を行います。
一般歯科とは矯正歯科、口腔外科、審美歯科以外の虫歯治療や歯周病の治療などをいいます。 一般歯科の中で皆さんが治療に訪れることがもっとも多い虫歯治療や、歯周病治療について以下に概要をご紹介します。 矯正歯科については矯正歯科治療でご紹介していますので、ご覧ください。

虫歯とは?最前の虫歯治療とは?
虫歯は、食べかすなどがお口の中に長い時間溜まることにより、お口の中の細菌が食べかすをエサにして酸を出し歯を溶かしてしまうという過程を経て発症するのです。 症状としては歯に穴が空いたり、細菌が穴から入り神経が炎症を起こしたりします。
虫歯治療は虫歯となった部分を削って、その後患者さまに適した修復方法で施術していくのが一般的です。 ひどくなる前に早目に治療するのが最善の虫歯治療でしょう。

歯周病とは、歯の表面に付く歯垢(プラーク)に発生する細菌によって起こる、歯茎や歯槽骨(歯を支えている骨)の炎症のことです。 歯茎が腫れて出血をし、膿が出るといった症状が特徴で、治療せずにそのまま放置しておくと歯を支える歯槽骨が溶けて、 歯が抜けてしまいます。
歯周病の原因について
患主な原因は二つに大きく分けられます。
 エアーモーター
プラーク(歯垢:しこう)
これは食べカスではありません。食べカスにお口の中の細菌が一緒になった、ベタベタした粘着性のある細菌のかたまりになります。歯肉に炎症をおこす原因になります。
 
咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)
「咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)」はプラークとは関係がありません。様々な原因で起こる異常に強い咬み合わせによって、歯を支えている骨などにダメージを与えます。 歯の骨が減ったり、それによって歯が揺れるようになります。
 
リスクファクター(悪影響をおこす、様々な要素のことを言います)
糖尿病などの全身疾患・喫煙、ホルモン変化(思春期や更年期・薬の服用などによって起こる)などがあり、歯周病になりやすくするなどの影響があります。
 抜歯鉗子
対策&治療方法など
対策としては「プラークコントロール(歯磨きでお口の中の歯垢を除去すること)」が大切になってきます。これはただ歯磨きをすれば良いということではなく、個々のお口にあった歯ブラシ選びや磨き方をマスターしていただくことがポイントになってきます。
 
歯周病は再発しやすい病気です!!
せっかく良くなったお口の中を維持するには、セルフケアのプラークコントロールと専門家によるプラークコントロールが大切なってきます。  


Posted by koikenina at 13:01Comments(0)

2018年10月09日

シーラントとは、奥歯の噛み合わせの部分にプラスチックを埋め込んで、その部分を虫歯予防する方法です

みなさまは治療が終わった後、また虫歯や歯周病になり、歯科医院で治療を受けた経験はありませんか?
もしそういう経験があるなら、それは定期的な検診や予防処置がきちんといかされていないのかもしれません。予防歯科の重要性がお分かりの方でも、ご自分のお口のリスク(虫歯や歯周病のなりやすさ)を知らなければ、予防しようがありませんよね。
歯科用ユニット
メインテナンスとは、私たちお口の専門家が、歯科医院で定期的に皆さんのお口のケアを行い、お口のリスクを「検査、管理、予防」することにより、そういった治療終了後の病気の再発を予防していくことなのです。予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます。あまり知られていないのですが、実は初期の虫歯は痛みを感じませんし、歯周病も歯が揺れてくるまで気づかないことが多いのです。ですから、痛みが出たり、歯が揺れたりして歯科医院に訪れると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。そのため当院では治療終了後、3ヶ月ごとのメインテナンスをおすすめし、リスクの少ない方は間隔も少しずつ長くしながら、皆さまのご負担が少なくなるように進めていきます。

歯科医師、歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯面清掃(クリーニング)のことをいいます。歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中(1~3mmまで)のプラーク(細菌の塊)をすべて取り除くことができます。
PMTCをすることによりツルツルに磨かれた歯面はプラークがつきにくくなります。
PMTCとはお口の健康維持のための環境作りを目的とした処置です。
特に、タバコのヤニや茶渋など着色が気になる方や歯槽膿漏、口臭の気になる方にお勧めです。
PMTCの効果
歯肉炎、歯槽膿漏、口臭の予防
知覚過敏、虫歯の進行抑制
ワックスペン

TBIとは「トゥース・ブラッシング・インストラクション」の略で、歯科衛生士などによるブラッシング指導を指します。毎日ご自身が行うブラッシングは、虫歯や歯周病を予防するために大切な要素です。正しいブラッシングを身につけることで、プラーク(歯垢)を溜めることなく清潔な歯にしましょう。

シーラントとは、奥歯の噛み合わせの部分にプラスチックを埋め込んで、その部分を虫歯予防する方法です。その方法は非常にシンプルで、シーラントをする歯の溝を綺麗にし、そこにレジンを貼り付けるのです。(レジンとは、軽い虫歯治療の時につめる白い物)奥歯など歯磨き時にブラシが届きにくい場所に有効です。実際に行う際には、本来の噛み合わせをずらすことになるので、噛み合わせに注意しながら進めます。  


Posted by koikenina at 11:42Comments(0)