健康、生活 › 2018年10月17日

2018年10月17日

歯並びが悪い、歯の色が変色してしまったなどのトラブルを解決する治療です。

審美歯科とは、歯を本来の姿にする見た目の美しさを求めた歯科治療です。
歯並びや白い歯が綺麗に整えば、顎のラインもスッキリして輪郭や表情も変わります。 口元を隠して笑う癖がなくなり、日常生活でも何事にも明るく積極的に行動できるようになったという方もいらっしゃいます。もちろん、審美歯科による治療は、一時的な見た目の美しさやコンプレックスを解消するだけではありません。いつまでも健康的な歯を保つためにも、興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

歯並びが悪い、歯の色が変色してしまったなどのトラブルを解決する治療です。
神経のない歯や差し歯を、セラミックできれいにすることができます。
「オールセラミック」は、金属を一切使わず、自然な色合いと質感を追求したものであるため、ご自分の歯と同じようにお使いいただけます。歯の汚れ(プラーク)も付着しにくく、歯ぐきにも優しく、歯ぐきが黒く見えることもありません。
また、セラミックは、金属を使わないので食べ物の味が変わらず、金属アレルギーの心配もない体に優しい素材です。

セラミック治療の流れ
1.カウンセリング
お悩み、ご希望をお伺いしよく相談します。 どの治療法が適当であるのか、治療時間・期間、費用などについて審美治療の提案をします。 当院では、きちんと納得のいく説明を受けていただいてから審美歯科の治療を受けていただいております。 疑問点がある場合には、お気軽にお尋ねください。
歯科技工 材料
2.検査・診断
レントゲン撮影や、歯周のポケット検査などを行い、根本的な病気の診査をします。
虫歯や、歯周病などの病気がある場合は、審美治療前に、それらの治療を優先させることもあります。

3.基本的な治療
虫歯や歯石のクリーニングが必要な場合は、お口の中の病気自体の治療を優先します。
治療後に審美治療を行います。

4.審美治療
お口の中が健康な状態になったところで、薬液を使用するホワイトニングや、歯の型取りなどの治療を行います。通常2~3回で完了します。
口腔内カメラ
5.メンテナンス
納得のいく色、形に仕上がっているか確認します。満足いかない場合には、具体的に気になる部分についてご相談ください。  


Posted by koikenina at 15:37Comments(0)

2018年10月17日

削ったり抜いてしまった歯は元に戻りませんし、歯周病も放っておくと歯を失いかねない恐ろしい病気です

予防歯科とは、その名の通り、むし歯や歯周病にならないために日頃から歯のメンテナンスをしっかりするという考え方です。
日本の医療制度では治療に健康保険が適用されるため、予防という考え方がこれまで医療の世界では浸透していませんでした。しかし昨今の国民医療費の増大や高齢化が進むにつれて病気(むし歯や歯周病)を未然に防ぐことの価値が見直されつつあります。健康な歯は人生を豊にする

むし歯や歯周病は治療すれば治ると考えられていますが、実際にはそうはありません。
削ったり抜いてしまった歯は元に戻りませんし、歯周病も放っておくと歯を失いかねない恐ろしい病気です。また、不健康な歯は、口臭の元になったり、歯茎から膿が出るなど、健康にも悪影響を与えます。歯科医院では、このような事が起きないよう、適切なブラッシング指導と食事指導で予防を行い、健康な歯で健康になっていただくということをコンセプトに予防歯科を行っております。
コントラ 歯科
予防歯科の流れ
予防歯科といってまず思い浮かぶのはブラッシングではないでしょうか?やつれて不健康な歯茎は歯周ポケットを多くし、そこに溜まった細菌や食物から歯周病が生まれやすくなります。予防歯科の第一ステップは適切なブラッシングです。正しいブラッシングをを覚えれば、歯茎を健康な状態にすることができます。健康に戻った歯は、さわやかなサーモンピンクの肌色になります。こうなると膿や口臭は消えてきます。今村歯科医院のブラッシング指導はわかりやすく、患者さん本人が自分でできるように丁寧に指導いたします。短時間で診察を終わらせなければいけない保険診療ではじっくりと患者さんのブラッシングスキルを指導することはできません。当院ならではのノウハウで、ご本人がうまくできるコツをしっかりと教えます。

歯みがき指導
皆さま、正しい歯磨きの習慣は身についていますか?虫歯菌・歯周病菌を減らすには、毎日の歯磨き・ブラッシングが最も大切です。正しいブラッシング方法で、虫歯菌・歯周病菌のすみかになるプラークを取り除く必要があります。歯並びの悪い方、歯と歯の間にすき間のある方は、歯ブラシによるブラッシングだけですべての歯垢を取り除くことは難しいです。デンタルフロスや歯間ブラシを併用することが必要です。
歯科 ユニット
歯医者では、お一人おひとりの歯・お口の中の状態に合わせた、歯の磨き方やデンタルフロスや歯科ブラシの使い方を、お教えしています。ブラッシング習慣が身についていない方、ご自身の歯の磨き方に不安のある方は、ぜひ一度ご相談ください。正しいブラッシング方法を身に付けて、虫歯や歯周病を予防しましょう。
  


Posted by koikenina at 11:33Comments(0)