健康、生活 › 2018年10月22日

2018年10月22日

基本治療で一部ポケットの深さが改善されない場合、外科的にポケットの深さを減少させる手術があります

 歯周病のうち、歯肉に炎症が起こっている状態を歯肉炎(しにくえん)、他の歯周組織にまで炎症が起こっている状態を歯周炎(ししゅうえん)といいます。 一般的に歯周病と言われるのは『慢性辺縁性歯周炎』のことです。 

歯周病(慢性辺縁性歯周炎)は、細菌の感染によって引き起こされます。歯周病は、歯肉の辺縁が赤くなったり、腫れたりする歯肉炎の状態から進行していきます。まず、歯と歯肉の境い目の清掃が行き届かないでいると、そこに雑多な細菌が停滞し歯肉辺縁に炎症(赤く腫れたり、出血したりする)が起きてきます。 

この状態が続くと、免疫反応で作られた酵素によって歯と歯肉を連結している細胞群が破壊されるので、歯肉溝の深さが増していきます。 歯周組織の細胞群が破壊され、歯周ポケットがさらに深く広がると、歯を支えている骨までも吸収されていきます。つまり、歯を支える歯周組織がなくなってしまうので、結果的に歯が抜けることになります。
電気歯髄診断器
歯周病治療の流れはこちら
1.基本治療
原因である歯垢の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、 ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整などを行います。 歯周病の進行度合いにかかわらず、初めに行う治療が歯周基本治療です。

2.外科治療
基本治療で一部ポケットの深さが改善されない場合、外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。
※部分的に失われた骨を再生する手術(再生療法)はありますが、全ての症例で、十分な結果を期待ことは困難です。繰り返しになりますが、歯周病で最も大切なことは「歯周病にならないために予防をする」ことです。
エアーモーター
歯周病予防の基本!
歯周病の原因は歯垢(プラーク)です。プラークがたまらないようにすることが基本です。そのためにはまず、正しい歯磨きの方法を知ることが大切です。しかし、正しく磨いているつもりでも苦手な部分や自分では磨きにくい部分があったり、各個人の歯ぐきの状態によって、微妙に磨き方が異なっていたりします。定期的に歯医者さんに行って、正しく歯ブラシができているかチェックしたり、磨きにくい部分の専門的な口腔内の清掃、そして口の中の良い環境をつくるために歯石除去を行うと良いでしょう。  


Posted by koikenina at 15:34Comments(0)

2018年10月22日

歯周病の原因になるプラークや歯石は、どれほどていねいに歯磨きをしても、口に食べ物が入る限りはできてしまうもの

お口の病気として身近なものに、虫歯と歯周病があります。
どちらも大切な歯を失うことにつながる病気であり、できるかぎり食い止めたいものです。北九州市、下関市、山陽小野田市の歯医者さん「オレンジ歯科」では、薬を用いた歯周病治療や虫歯予防などの最先端の医療をご提供することで、患者様の大切な歯を守りたいと考えています。

日本人が歯を失う原因の第1位は、歯周病です。歯周病とは、歯茎など歯の周りにある歯周組織がかかる病気です。従来の歯周病治療は、毎日の歯磨きによるプラーク(歯垢)コントロールと、歯科医院での歯石除去による、対症療法が中心でした。しかし歯周病治療は時間がかかるので、プラークがたまると再発を繰り返します。そのため多くの方が歯周病に悩み続けているのです。

近年では、位相差顕微鏡(光線の位相差をコントラストに変換して観察できる光学顕微鏡)を用いてお口の中の細菌の種類を調べ、その細菌に適した薬を服用することで、歯周病の原因となる菌を除去する歯周内治療が行われています。これは全症例の85~90%に有効とされており、治療が短期間で効果的に行えるようになりました。
歯科器具中古販売
虫歯の治療は発見が早ければ早いほど効果的で、治療費も抑えられ期間も短くて済みます。その一方で、かなり症状が進んでしまってから歯医者へ行くと、治療時間や費用がかさむうえに削る部分が増え、結果として歯の寿命を短くしてしまいます。しかもその後、歯科医院何度も行かなければならなくなる確率が高くなるのです。

また、歯周病の原因になるプラークや歯石は、どれほどていねいに歯磨きをしても、口に食べ物が入る限りはできてしまうもの。プラークも歯石も、いったんたまってしまうと、自分ではなかなか除去することができません。歯科医院で定期的に歯の健診を受けて、プラークや歯石を取り除くことが、虫歯や歯周病の予防・早期発見につながります。
光照射器
プロによる歯のクリーニング -PMTC-
「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」とは、特別な訓練を受けたスタッフが専用の器具とフッ素入りのペーストを用いて歯をきれいにクリーニングのことです。
歯に付着したプラークや「バイオフィルム」と呼ばれる細菌の塊は、毎日の歯磨きでは落としきれず、虫歯や歯周病の原因になる可能性があります。PMTCではそれらを徹底的に取り除くことで虫歯や歯周病を予防するとともに、光沢のある健康で美しい歯を取り戻すことができます。終わった後は、まるで「歯のエステ」を受けたような爽快感を得られるかもしれません。
  


Posted by koikenina at 12:57Comments(0)

2018年10月22日

「歯の治療をします」と日常的に私達も言っていますが、実はあれは治療ではありません

虫歯の場合、放置しておくと、歯の神経をとることになります。神経をとると、歯は経年的にもろくなり、歯の根が割れる原因となります。また、神経をとった歯は、虫歯の痛みを感じません。つまり、自分では虫歯に気づかないわけです。歯周病は、痛みなく進行するため、気づく頃には、重症となっている場合が多いです。以前、『リンゴを噛んで、歯茎から血が出ませんか?』というテレビCMがありましたが、歯ブラシをして、ブラシに血が付くのは、歯周病です。これら、虫歯や歯周病は、自然に回復はしません。『虫歯で歯に穴が開いたら・・・』、『歯周病で、骨が溶けてきたら・・・』自然には治らないのです。早めの処置をして、進行させない事が大事です。
歯科材料 輸入
歯ブラシに血が付くのは、歯周病です。歯周病は、歯の根元にプラーク(歯垢)が付着して、歯肉が腫れて出血することから始まります。プラーク(歯垢)は、細菌の固まりで、うがいするだけでは除去できません。痛みなく病気が進行し、歯がグラグラしてきてやがて抜け落ちます。発症してから抜け落ちるまでの経過は長く、通常30歳台半ばより発症し、50歳台半ばから歯がなくなってきます。その後は、加速度的に進行してきます。喫煙者においては、進行が早いこともわかっています。また、全身疾患との関係も分かってきており、ラットでは、脂っこい食事を与え、人間の歯周病菌に感染させると、心筋梗塞になりやすい事がわかってきています。また、インプラントに問題を起こし、喪失させる細菌は、歯周病の細菌と同じ細菌であることが分かっているので、歯周病の治療をしっかりとすることが必要です。

歯は実は治療できません
「歯の治療をします」と日常的に私達も言っていますが、実はあれは治療ではありません。虫歯を削って詰めること、修理することはあっても元の健康な状態に戻すことは、残念ながら現在の医療では不可能なのです。つまり歯は削ったら削った分だけ減ってしまいます。しかも(意外と皆さん感じていらっしゃいませんが)、詰めたりかぶせたりした歯の寿命は、虫歯のない歯に比べて非常に短くなってしまうのです。一度治療の手が入ってしまった歯は、残念ながら繰り返し治療をせざるを得ない運命です。そしてその結果、残念ながら日本ではたくさんの方が虫歯が原因で抜歯することになり、最後は総入れ歯になってしまうという「負のサイクル」にはまってしまうのです。ですから大切なことは虫歯ができてから治すのではなく、「虫歯ができないようにすること」なのです。
光照射器
歯周病こそ予防が大切です「歯周病という言葉は聞いたことがあるけど私はまだ大丈夫。」こんな風に思っておられませんか?歯周病は、実は自覚症状がほとんどないままに進行してしまう病気です。「歯が動く」「固いものが噛みにくい」こんな症状に心当たりがある方は、残念ながらかなり歯周病が進行している可能性があります。重度に進行した歯周病は歯を支えている骨がかなり溶け、なんと「吸収」されてしまっています。当院では歯周病の治療にも力を入れているのですが、初期から中等度の歯周病の方と重度の歯周病の方とでは治療の方法が異なります。初期の歯周病は本当に簡単に治療することができますが、重度になってしまうと治療の難易度も上がってしまいます。噛み合わせも乱れてしまっていることが多く、矯正や歯の固定も必要になります。だからこそ初期の段階で、いいえ、歯茎が健康なうちにしっかり予防していくことがとても大切なのです。
歯を支える骨も歯と同様、一度失うと取り返しは困難なのです!  


Posted by koikenina at 12:22Comments(0)