健康、生活 › 2018年10月23日

2018年10月23日

結果、保険の材料と比べ虫歯再発リスクを最小限に抑えることが可能となるのです。

審美歯科治療とは、従来の虫歯や歯周病の治療など、通常の歯科で行っている治療に「美」の視点をプラスした歯科治療です。
ホワイトニング治療で歯を白く綺麗にしたり、歯並びを綺麗にしたり、歯茎の色を美しいピンク色に改善するなど、健康的で美しい口元を作ることを目的としています。見せかけの美しさだけを求めるのではなく、審美歯科治療により健康で美しい笑顔を手に入れ、自分に自信を持つことにより、人生をより豊かにする可能性をもっています。

虫歯治療をした歯は人工のかぶせ物をしているため、歯とかぶせ物の境目からむし歯が再発するリスクが非常に高い事実があります。こうしたことを避けるために我々歯科医師としては、人工のかぶせ物のすき間をぴったりと埋めようとしますが、保険の材料ではこうしたことに限界があり、せっかく治療した歯も数年すると再治療になってしまうケースが圧倒的に多いといえます。
抜歯鉗子
しかし、セラミック(陶器)などの保険適用外の材料を用いることにより、かぶせ物と歯の間をぴったり埋めることが可能となります。また、セラミック(陶器)は汚れが付きにくい特性を持っていますので、虫歯菌も付着しにくく、この意味でも虫歯になりにくいということが言えます。結果、保険の材料と比べ虫歯再発リスクを最小限に抑えることが可能となるのです。

セラミック
セラミックは、被せ物や差し歯の素材が全てセラミック材料(陶器材料)で出来ているものを使用する審美歯科治療です。金属類を使用しないので、体に金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療を行うことができます。また、歯科クリニックでは、従来の焼成型ポーセレンだけでなく、強度が3~4倍になったガラスセラミックや8~12倍のジルコニアなど、審美性と機能性を兼ね備えた最新のセラミックを準備しております。

ホワイトニング
クリーニングをしても取れない歯の黄ばみにお悩みの方はホワイトニングはオススメの治療方法です。 歯を削ることがないので痛みや不快感はなく、リラックスした状態で治療して頂け、健康的な白い歯を取り戻すことができます。
歯科 鉗子
ホームホワイトニングの効果を高めるために、以下の事項にご注意ください。
ホワイトニングをしてから30分間は飲食・喫煙をお控えください
ホワイトニング期間中は色の濃い食品をできるだけお控えください
期間中はできるだけ毎日ホワイトニングを行ってください  


Posted by koikenina at 16:27Comments(0)

2018年10月23日

セラミックや金合金を使った治療は、自費診療となります

審美歯科とは、歯の見た目の修復や改善を行う処置のことです。クリニックでは、セラミックを使用した各種処置のほか、ホワイトニング、レーザー、歯科技工士との連携、歯周病治療など、総合力を活かした多様な審美歯科治療を行っています。以下、それぞれの事例を交えて紹介します。
生体情報モニター
保険診療と自費診療との違い
セラミックや金合金を使った治療は、自費診療となります。保険適用のコンポジットレジン法では、その日のうちに治療を終えることができますが、自費治療の場合、患者さんが結果に納得していただくまで何度でも治療をやり直すことがあります。また、詰めものや被せものを作る技工所も、より技術力の高いところを厳選しているので、微妙な色・形にぴったり合わせたものが仕上がってきます。それでも難しいケースには、技工士が歯科医師とともに、実際に直接歯を見ながら色・形の適合をすることもあります。治療を終えて患者さんの心からの笑顔を見せていただけるように、症状やご予算に合わせた最適な治療をご提案いたします。

オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウンは、クラウン全体がセラミック(陶器)で出来ている白の陶材のかぶせ物です。 金属を一切使用していないクラウンなので、色調の点でもきわめて自然の歯に近いものを再現することができ、前歯など審美性が重要な部分の歯の治療に最適です。 また、金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。
マイクロスコープ 歯科
セラミックスインレー・オンレー
通常健康保険内では虫歯を削った後には金属の詰め物を入れますが、より自然の歯に近い光沢や色調のものにするためにセラミックスの材料に置き換える事で審美性・封鎖性・生体親和性を向上させることが可能です。 オールセラミックスクラウンと同様、金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。

ラミネートベニア法
歯の表面を少し削り、薄いセラミックの板を表面に貼付けします。 遺伝的にホワイトニングだけでは白い歯にならない場合や、歯の形態を直したい時に、歯の表層を少し削り、セラミックを貼る方法です。 治療期間は2回程度の通院で済みます。材質はポーセレン(セラミック)ですから、歯ぐきにもやさしく、磨耗や変色の心配もありません。 歯を白くするだけでなく、ムシ歯やねじれた歯、磨耗した歯、奇形歯などにも幅広く適応でき、セラミック片の形や大きさを調整することで、歯並びや歯の形を修正できます。  


Posted by koikenina at 15:58Comments(0)

2018年10月23日

美しくて機能的な詰め物・被せ物を手に入れたいけれど、「治療に時間はかけたくない」、「治療費は極力抑えたい」

そんな方におすすめなのが、医療先進国ドイツ生まれの最新CAD/CAMシステム、「セレックシステム」です。3D光学カメラでお口の中の形態を撮影し、コンピュータに取り込んで設計・加工を行うため、精度が高く、また上質なセラミックブロックから削り出すため、15年後の残存率が約93%という高い耐久性も誇ります。
歯科用品
(通常の残存率は、約68%)一方で、撮影から削り出し、装着までをすべてその場で行えるため、歯科技工所を介する必要がなく、今まで1週間程お待ちいただいていた詰め物・被せ物を、なんと最短1時間、来院1回の治療のみでお届けできます。面倒な型取りや仮歯もありません。その上、技術料や人件費も削減できるため、リーズナブルにご提供が可能です!「良いものを、手軽に」を実現した最新の技術を、ぜひ一度ご体験ください。※他の治療を優先すべき症状や、特殊加工が必要な症状である場合、また治療箇所が複数に渡る場合には、1時間以内に完了できないこともありますので、あらかじめご了承願います。

セラミックについて
セラミックは、生体親和性が高く(身体に優しく)、金属アレルギーの方にも安心の素材です。変色や摩耗などにも強く、色合いや質感も、ご自身の本来の歯との見分けがつかないほど、自然に仕上げることができます。

ラミネートべニア ~歯の詰め物の色が気になる方へ~
ラミネートベニアの症例です。 前歯にプラスティック(コンポジットレジン)による修復処置がされています。 最近のコンポジットレジンは材質の向上により、より審美的な修復が可能となってきていますが、前歯において広範囲の修復には審美的に問題があります。 このようなな場合、ラミネートベニア修復により自然観のある色調と形態を回復することができます。
歯科用品
オールセラミックスクラウン ~差し歯の根本が黒くなってしまった方へ
前歯の再治療の症例です。 昔にいれた差し歯の根本が黒くなってきたため再治療を希望しました。 金属を使用していないオールセラミッククラウンで修復をおこない、隣 の歯と色調をそろえています。

ブリッジ治療 ~1歯欠損~
ブリッジを用いた1歯欠損修復治療の症例です。 歯を失ってしまった場合、そこを補う方法として考えらえるのはブリッ ジかインプラント治療となるでしょう。最近は隣の歯を削りたくないと いうことでインプラント治療を選択される方が多くなっていますが、ブ リッジを用いた治療でも適正に行えば十分、機能と審美の回復は可能です。  


Posted by koikenina at 12:54Comments(0)