健康、生活 › 2018年10月24日

2018年10月24日

コンプレックスのもとになる

矯正歯科は、見た目を良くするということも当然ありますが、歯並びの悪さは、美容の問題以外にも不正咬合、発音障害、むし歯、歯周病などの原因にもなります。また、義歯を付ける際、歯並びを治さないと義歯を付けられない場合があります。歯には力を加えるとその方向に移動する性質があります。その性質を利用して口の中に様々な矯正装置を入れて歯に一定の力をかけ時間をかけて歯を動かして治療していくものです。

歯並びが悪いとどうして困るの?
1. むし歯や歯周病になりやすい
歯並びが悪いと歯ブラシが歯のすみずみまで届きにくいため、みがき残しが増えてむし歯や歯周病になりやすくなります。また、人は唾液を分泌することで歯を清潔にしますが、デコボコがあると唾液にあたらない部分が出るため、むし歯になりやすくなります。
歯科器具
2. 胃や腸への負担が大きい
かむという行為は、実は非常に複雑。すべての歯に役割があり、28本(永久歯の場合)がバランスよくかみ合わさることではじめて、食べ物が消化しやすい大きさになるのです。また、ちゃんとかめないと唾液の分泌も十分でないので、消化器系への負担も大きくなります。

3. 骨格や顎関節に問題が生じる
上下の奥歯が左右にずれている交叉咬合や、上の奥歯と下の奥歯がすれ違ってしまう鋏(はさみ)状咬合などがある場合には、顔が左右対称ではなくなります。その状態でものをかみ続けると、かむ力が不均等に。また、姿勢が悪く、いつも下あごが後ろに下がっていると、負担がかかり、顎関節に症状が表れる場合もあります。

4コンプレックスのもとになる
歯並びが悪いために、「大きな口をあけて笑うのをためらってしまう」「口に手を当てて笑うくせがある」と答える人もいます。かみ合わせによっては、くちびるが閉じない人もいます。それがコンプレックスとなって、対人関係に影響を与える場合もあります。
光照射器
5発音がうまくできない
歯並びが悪いことで、発音が不明慮になることも少なくありません。極端な上顎前突や開咬の場合も上手に発音できません。受け口の場合、サ行やタ行が発音しにくくなります。  


Posted by koikenina at 15:40Comments(0)

2018年10月24日

顎の成長、顔のかたちにも影響する

矯正歯科は、見た目を良くするということも当然ありますが、歯並びの悪さは、美容の問題以外にも不正咬合、発音障害、むし歯、歯周病などの原因にもなります。また、義歯を付ける際、歯並びを治さないと義歯を付けられない場合があります。歯には力を加えるとその方向に移動する性質があります。その性質を利用して口の中に様々な矯正装置を入れて歯に一定の力をかけ時間をかけて歯を動かして治療していくものです。
歯科バイブレータ
まず第一に「噛み合わせの改善」、第二に「審美的な改善」です。
噛み合わせの改善
大人の歯列矯正治療は、外見の変化が大きな目的で利点のようですが、実際には、もっと重要なことがあります。それが「噛み合わせの改善」です。矯正治療を受けた後の歯並びでは全ての歯でほぼ均等に噛む為、極端に一本の歯だけ負担がかかると言うことがなくなります。その為、全体的な歯の寿命が長くなります。さらに、食べ物をよく噛んで食べるようになり、消化や吸収を助け、内面からも健康になります。また歯並びが良くなると、今までは歯ブラシが届かなかったところまで、歯磨きができるようになり、虫歯や歯周病の予防が容易になります。悪い噛み合わせを「不正咬合(ふせいこうごう)」と言います。不正咬合を改善しないと頭痛、肩こり、腰痛、膝痛など全身のいろいろなところに影響があると言われています。

2.審美的な改善
大人の歯列矯正を考える方たちの多くは、小さい頃からのコンプレックスが歯列矯正治療への決断をさせたようです。例えば、出っ歯、受け口、八重歯など。いつもいつも口元を気にして生きてきた自分を変えられるのが歯列矯正治療です。子供の矯正と違い、装置や治療内容の説明を納得でき、自分のお金で治療できるということも、やる気を出すことにつながります。
エアーモーター
[理由その1]  むし歯や歯周病になりやすい
歯が重なったり凸凹に並んでいると、十分に歯磨きができずに食べかすもたまりやすくなります。そのため、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。

[理由その2] よく噛めない
歯並びが悪いと正しい咬合ができません。そのために、食べ物を正しくかむことができず、まる飲みのクセがついてしまい、胃腸にも大きな負担を与えてしまいます。

[理由その3] 顎の成長、顔のかたちにも影響する
顎の骨や顔の筋肉は、正しく噛むことで発達します。不正咬合だとそれができませんので、顎が未発達になったり、顔が歪んだりする影響がでてきます。  


Posted by koikenina at 12:44Comments(0)

2018年10月24日

通常の疾患と異なり「虫歯」は自然治癒する事はありません

歯周病は感染症であり、歯周病菌が口腔内に留まってしまう事が原因です。歯周病は治療だけではなく予防が非常に大事ですから、原因菌を除去し再度口腔内に菌が蔓延しないように口腔内の清掃を行うことが重要です。また清掃性の高い環境を作ってゆく事が必要となります。また、歯周病の増悪因子といわれるストレス・歯列不正・喫煙などを取り除いていく必要がある場合もあります。さらには、薬剤による除菌(3DS法)を行うことが有効なケースもありますのでご相談下さい。

近年の歯周病に対する考え方
歯周病に全身疾患との関連があるという事が近年の研究で明らかになってきました。
特に糖尿病と高血圧については、お互いにそのリスクや病状を悪化させる増悪因子として影響しあっている事が指摘されています。また、動脈硬化や早産や骨粗鬆症へのリスク因子である事も分かってきました。ですから、全身の健康管理の観点からも歯周病の予防の重要性が高まってきているのです。
歯科器具
虫歯予防
通常の疾患と異なり「虫歯」は自然治癒する事はありません。現在の虫歯の治療は失われてしまった歯質を修復しているのです、つまり埋めたり被せたりしている訳です。近年、素晴らしい材料が次々と開発され非常に審美性の高い治療が実現できるようになりました。しかしこれらは残念ながら修復であり回復ではありません。虫歯になってしまったら出来るだけ早期に確実な虫歯を受ける事が非常に重要です。また、虫歯に罹患して軟かくなってしまったり溶けてしまった歯は元にもどせませんので、虫歯にならない口腔内環境を作る事が重要です。虫歯菌の除去は薬剤による除菌を行うことが有効なケースもありますのでご相談下さい。
光照射器
定期検診の必要性
歯科医院に「痛い」や「怖い」というイメージをお持ちの方はとても多いと思います。そういう方は特に、歯科医院へ行くのに敬遠しがちで、痛みの症状が出て仕方なく歯科医院に行くというケースが少なくありません。しかし、歯の病気には初期の自覚症状が少なく、痛みに気づいたときには、病状が進行しまっているという場合が多く、症状が進行してからの治療は、病気になってしまった箇所だけではなく、周りの歯や周辺組織にも負担がかかり、歯の寿命にまで関わってきます。そのため、定期的なメンテナンスで「予防する」という患者様の意識がとても大切なのです。また、定期検診のメリットとして以下のようなことがあげられます。  


Posted by koikenina at 12:15Comments(0)