健康、生活 › 2018年10月26日

2018年10月26日

成人している日本人の約80%が歯周病といわれているため、誰にでも当てはまる可能性が ある病気です

これまで歯科医院へは「歯が痛くなってから行く」という方は多かったのではないでしょうか?
確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。近年は虫歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、虫歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。

なぜ、定期検診が必要なの?
歯医者の定期検診は、歯や口内の病気を早期発見し、予防につなげるために、必要なことです。 歯に痛みがない場合でも虫歯ではなく歯周病・歯肉炎といった歯茎の病気を発症して歯を失うことが あります。
 
※成人している日本人の約80%が歯周病といわれているため、誰にでも当てはまる可能性が ある病気です。
 口腔内カメラ
1.歯は知らない間に傷んでいく
歯の痛みや口の中に違和感を覚えて歯医者に行くという方は多いでしょう。 しかし、痛みや違和感を覚える前から歯は傷みはじめているのです。 虫歯の一番初期はほとんど痛みを感じません。ですから、ある程度進行して痛みががまんできなくなると、初めて「そろそろ歯医者に行かないと ダメかな」と重い腰を上げる人も多いのです。 進行した虫歯ほど治療に時間とお金がかかりますし、痛みをともないます。 定期検診を受けていれば、虫歯も早期発見できるでしょう。
 
2.歯が抜ける原因は虫歯だけではない
虫歯とともに気をつけなければならないのが、歯周病です。 歯周病は、虫歯のように強い痛みがありません。ですから、「何か口の中がおかしいな」と思って歯科医に行った時は、 すでに歯周病が進行しているという場合も多いのです。 歯周病が悪化すれば、歯が抜けてしまいます。 そして、歯が一本でも抜ければ連鎖的に周りの歯も抜けてしまう危険が高まります。現在、40代以上の日本人の8割が歯周病だと言われています。 歯周病を早期発見・治療するためにも、定期検診を受けましょう。
 マイクロモーター
3.歯石は病気の元
毎日歯を磨いていても、どうしても歯石はたまっていきます。 歯石とは、歯垢に唾液に含まれるカルシウムなどが結合し、石化したものです。歯垢は細菌の塊ですから、歯石は格好の細菌の住みかになります。 つまり、歯石が多いほど虫歯や歯周病のリスクが高まるのです。 定期検診を受けていれば、そのつど歯石をとってもらえます。 歯石が無くなれば見た目もきれいになりますし、虫歯や歯周病にもなりにくくなるでしょう。
  


Posted by koikenina at 16:19Comments(0)

2018年10月26日

歯垢が「歯肉溝」という歯と歯ぐきの間の溝に溜まり、歯ぐきが炎症を起こして腫れる症状を「歯肉炎」と呼びます

実は、虫歯や歯周病は痛みを感じたときにはかなり病状が進行しています。また、一度削った歯や神経を抜く治療をした歯は、決して元には戻りません。入れ歯やインプラントなどの人工の歯と入れ替えることはできますが、どんな人工の歯も天然の歯の機能を完全に補うことはできません。

ちょっとした意識でできる予防
普段の生活の中でほんの少し意識するだけで、お口の健康は大きく改善されます。ブラッシングの仕方や歯ブラシ・歯磨き剤の選び方などを覚えるだけで、虫歯や歯周病のリスクを減らすことができます。ただし、お口の環境には個人差があり、歯に影響を与える細菌の種類も異なります。当院では患者さん一人ひとりのお口の環境を検査した上で丁寧なカウンセリングを行い、ご自宅でできる予防について最適なアドバイスをいたします。また、定期的に通院していただくことも大切です。生活習慣や予防習慣の改善だけではすべてのリスクを防ぐことはできません。定期的に適切な処置を行うことで、より効果的に予防することができます。
歯科 コントラ
ブラッシング指導
自分ではきちんと磨いているつもりでも、磨き方の癖や歯ブラシが合っていないことなどが原因で、正しく磨けていないこともあります。当院では患者さんに合ったブラッシング指導を行い、お口の環境を検査して、最適な歯ブラシや歯磨き剤をお勧め・処方しています。

歯周ポケットチェック
歯垢が「歯肉溝」という歯と歯ぐきの間の溝に溜まり、歯ぐきが炎症を起こして腫れる症状を「歯肉炎」と呼びます。このとき「歯周ポケット」と呼ばれるものができます。この深さをチェックすることで歯周病の進行度を確認します。

スケーリング
超音波を発する専門の器具を使って、歯や歯周ポケット内から歯石を取り除きます。保険適用なので比較的安価で行えます。歯石は、虫歯や歯周病だけでなく口臭の原因となる細菌の塊です。定期的に取り除きましょう。
パルスオキシメーター
SRP(ルートプレーニング)
歯周ポケットが深くなってスケーリングだけでは歯石を取り除けなくなった場合は、ルートプレーニングという治療を行います。手用の器具で1歯ずつ丁寧に、歯ぐきの下、深いところから歯石を取り除きます。

PMTC
専用の器機を使ってお口の中のクリーニングを行うのがPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。歯垢や歯石を放置しておくと「バイオフィルム」と呼ばれるブラッシングでは取れない汚れに成長します。PMTCを行うことでバイオフィルムを除去し、歯の白さや健康な歯肉を取り戻すことができます。  


Posted by koikenina at 11:56Comments(0)

2018年10月26日

放置すると、むし歯と歯周病の原因となるバイオフィルム

歯ブラシでは落とせない汚れがあるのをご存知でしたか?
歯ブラシでは落とせない歯石とバイオフィルム
「歯ブラシ、しっかりやってるんだけどねー」とおっしゃる方がいらっしゃいます。しかし、そうではありません。歯ブラシを一生懸命していただいても、落とせない汚れがあるのです。それが歯石とバイオフィルムです。

歯槽骨を溶かす原因となる歯石
歯石とは歯垢(プラーク)が固まって(石灰化)できたものであり、この歯石は表面がザラザラしているために、細菌がつきやすくなります。細菌がついて、歯と歯ぐきの間にある溝(歯周ポケット)に入り込み、それにより歯槽骨を溶かしてしまう原因となります。ですから、歯石はきちんと取り除く必要があるのです。
歯科 ユニット
放置すると、むし歯と歯周病の原因となるバイオフィルム
また、バイオフィルムとは台所のヌメヌメのようなものであり、細菌同士が固まって保護膜を作り、殺菌剤や抗菌剤から細菌を守る役目を果たし、それによって歯ブラシでは取りづらくなります。また、歯と歯の境目、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)についたバイオフィルムは歯ブラシで取り除くことは困難になります。バイオフィルムを放置しておくと、むし歯と歯周病の原因となります。ですから、これを機械的に歯科医院で取り除くことが重要になるのです。

主な治療内容
正しい歯磨きの方法
自分ではしっかり磨けていると思っても実際には多くの磨き残しがあったり、歯茎を痛めつけていたりというケースも珍しくありません。歯科医や歯科衛生士のチェックを受け、正しい歯磨きの方法を教わることによって日ごろのケアを万全なものにします。
ワックスペン
歯のクリーニング
どんなに丁寧に歯磨きをしても、どうしても歯石や着色などが残ってしまいます。歯磨きでは落とせない汚れを除去することで虫歯の予防を行うことができます。最近ではPMTCという歯のクリーニングが注目を集めています。単に汚れを落とすだけでなく、歯の強化や黄ばみなどの着色を落として白い歯を取り戻すことができるなどの効果があります。  


Posted by koikenina at 11:32Comments(0)