健康、生活 › 2018年10月

2018年10月26日

歯垢が「歯肉溝」という歯と歯ぐきの間の溝に溜まり、歯ぐきが炎症を起こして腫れる症状を「歯肉炎」と呼びます

実は、虫歯や歯周病は痛みを感じたときにはかなり病状が進行しています。また、一度削った歯や神経を抜く治療をした歯は、決して元には戻りません。入れ歯やインプラントなどの人工の歯と入れ替えることはできますが、どんな人工の歯も天然の歯の機能を完全に補うことはできません。

ちょっとした意識でできる予防
普段の生活の中でほんの少し意識するだけで、お口の健康は大きく改善されます。ブラッシングの仕方や歯ブラシ・歯磨き剤の選び方などを覚えるだけで、虫歯や歯周病のリスクを減らすことができます。ただし、お口の環境には個人差があり、歯に影響を与える細菌の種類も異なります。当院では患者さん一人ひとりのお口の環境を検査した上で丁寧なカウンセリングを行い、ご自宅でできる予防について最適なアドバイスをいたします。また、定期的に通院していただくことも大切です。生活習慣や予防習慣の改善だけではすべてのリスクを防ぐことはできません。定期的に適切な処置を行うことで、より効果的に予防することができます。
歯科 コントラ
ブラッシング指導
自分ではきちんと磨いているつもりでも、磨き方の癖や歯ブラシが合っていないことなどが原因で、正しく磨けていないこともあります。当院では患者さんに合ったブラッシング指導を行い、お口の環境を検査して、最適な歯ブラシや歯磨き剤をお勧め・処方しています。

歯周ポケットチェック
歯垢が「歯肉溝」という歯と歯ぐきの間の溝に溜まり、歯ぐきが炎症を起こして腫れる症状を「歯肉炎」と呼びます。このとき「歯周ポケット」と呼ばれるものができます。この深さをチェックすることで歯周病の進行度を確認します。

スケーリング
超音波を発する専門の器具を使って、歯や歯周ポケット内から歯石を取り除きます。保険適用なので比較的安価で行えます。歯石は、虫歯や歯周病だけでなく口臭の原因となる細菌の塊です。定期的に取り除きましょう。
パルスオキシメーター
SRP(ルートプレーニング)
歯周ポケットが深くなってスケーリングだけでは歯石を取り除けなくなった場合は、ルートプレーニングという治療を行います。手用の器具で1歯ずつ丁寧に、歯ぐきの下、深いところから歯石を取り除きます。

PMTC
専用の器機を使ってお口の中のクリーニングを行うのがPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。歯垢や歯石を放置しておくと「バイオフィルム」と呼ばれるブラッシングでは取れない汚れに成長します。PMTCを行うことでバイオフィルムを除去し、歯の白さや健康な歯肉を取り戻すことができます。  


Posted by koikenina at 11:56Comments(0)

2018年10月26日

放置すると、むし歯と歯周病の原因となるバイオフィルム

歯ブラシでは落とせない汚れがあるのをご存知でしたか?
歯ブラシでは落とせない歯石とバイオフィルム
「歯ブラシ、しっかりやってるんだけどねー」とおっしゃる方がいらっしゃいます。しかし、そうではありません。歯ブラシを一生懸命していただいても、落とせない汚れがあるのです。それが歯石とバイオフィルムです。

歯槽骨を溶かす原因となる歯石
歯石とは歯垢(プラーク)が固まって(石灰化)できたものであり、この歯石は表面がザラザラしているために、細菌がつきやすくなります。細菌がついて、歯と歯ぐきの間にある溝(歯周ポケット)に入り込み、それにより歯槽骨を溶かしてしまう原因となります。ですから、歯石はきちんと取り除く必要があるのです。
歯科 ユニット
放置すると、むし歯と歯周病の原因となるバイオフィルム
また、バイオフィルムとは台所のヌメヌメのようなものであり、細菌同士が固まって保護膜を作り、殺菌剤や抗菌剤から細菌を守る役目を果たし、それによって歯ブラシでは取りづらくなります。また、歯と歯の境目、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)についたバイオフィルムは歯ブラシで取り除くことは困難になります。バイオフィルムを放置しておくと、むし歯と歯周病の原因となります。ですから、これを機械的に歯科医院で取り除くことが重要になるのです。

主な治療内容
正しい歯磨きの方法
自分ではしっかり磨けていると思っても実際には多くの磨き残しがあったり、歯茎を痛めつけていたりというケースも珍しくありません。歯科医や歯科衛生士のチェックを受け、正しい歯磨きの方法を教わることによって日ごろのケアを万全なものにします。
ワックスペン
歯のクリーニング
どんなに丁寧に歯磨きをしても、どうしても歯石や着色などが残ってしまいます。歯磨きでは落とせない汚れを除去することで虫歯の予防を行うことができます。最近ではPMTCという歯のクリーニングが注目を集めています。単に汚れを落とすだけでなく、歯の強化や黄ばみなどの着色を落として白い歯を取り戻すことができるなどの効果があります。  


Posted by koikenina at 11:32Comments(0)

2018年10月25日

歯科医師や歯科衛生士が、正しい歯みがきの指導を行います

毎日の歯のお手入れ、定期的な歯科検診により、あらかじめむし歯になることを防ぎ、ご自身の健康な歯を保つために重要なのがこの予防歯科です。
むし歯になってから歯科医院に行き、治療するのではなく、むし歯にならないためにはどうすればよいかを考えます。
ぜひ、これまで以上にご自身の歯の健康を意識するようにしてみてください。自分でできる予防と歯科医院でできる予防は異なります。どちらも、歯にとって非常に大切なことです。ぜひ、今日から取り組んでみてください。
マイクロモーター 歯科
自分でできる予防(セルフケア)
毎日の歯みがきで、磨き残し、歯垢の汚れを残さないようにするのが第一歩です。正しい歯みがきの方法で、汚れや細菌を取り除いていきます。ただ歯みがきだけでは完全に取り除くことができません。デンタルフロス、デンタルリンスやマウスウォッシュを使い、細菌の繁殖を防ぐことが大切です。正しい歯みがきに加え、これらケア用品を使うことが、むし歯や歯周病の予防に効果的です。

歯科医院での予防(プロフェッショナルケア)
歯科医師や歯科衛生士が、正しい歯みがきの指導を行います。セルフケアの基本でもある毎日の歯みがきを正しく行うことは、予防の観点からも最も大切なことです。その上で、歯石の除去、フッ素塗布などを行います。定期的な歯石除去、フッ素塗布で、いつまでも健康な歯を保つことができるようにしましょう。

定期検診はとても大切です
歯科医院で、むし歯や歯周病を治療することはできます。ただ、それよりも大切なことは、毎日の歯みがきでご自身で健康な歯を維持すること、そして歯科医院での検診を定期的に受けて、口の中の状態を常にチェックすることです。予防と定期検診が浸透している歯科先進国スウェーデンでは、90%の人が80歳時の残存歯数が20本以上というデータもあります。予防と定期検診、2つのケアでむし歯や歯周病を防ぎましょう。
口腔内カメラ
予防が大事です
歯は一度むし歯になると、残念ながら初期の段階を除いて治りません。歯周病も同じく、初期の歯肉炎のときは治りますが、歯周病になると元どうりの健康な状態には治りません。天然の歯にかなうものはないのです。もちろんいったん悪くなってしまってからの治療もきちんと行いますが、患者さんもそして我々も大変です。そこでレミントン歯科では、むし歯と歯周病は予防することが一番大事であると考えています。  


Posted by koikenina at 15:54Comments(0)

2018年10月25日

歯科医師や歯科衛生士が、正しい歯みがきの指導を行います

毎日の歯のお手入れ、定期的な歯科検診により、あらかじめむし歯になることを防ぎ、ご自身の健康な歯を保つために重要なのがこの予防歯科です。
むし歯になってから歯科医院に行き、治療するのではなく、むし歯にならないためにはどうすればよいかを考えます。
ぜひ、これまで以上にご自身の歯の健康を意識するようにしてみてください。自分でできる予防と歯科医院でできる予防は異なります。どちらも、歯にとって非常に大切なことです。ぜひ、今日から取り組んでみてください。

自分でできる予防(セルフケア)
毎日の歯みがきで、磨き残し、歯垢の汚れを残さないようにするのが第一歩です。正しい歯みがきの方法で、汚れや細菌を取り除いていきます。ただ歯みがきだけでは完全に取り除くことができません。デンタルフロス、デンタルリンスやマウスウォッシュを使い、細菌の繁殖を防ぐことが大切です。正しい歯みがきに加え、これらケア用品を使うことが、むし歯や歯周病の予防に効果的です。
歯科技工用マイクロモーター 
歯科医院での予防(プロフェッショナルケア)
歯科医師や歯科衛生士が、正しい歯みがきの指導を行います。セルフケアの基本でもある毎日の歯みがきを正しく行うことは、予防の観点からも最も大切なことです。その上で、歯石の除去、フッ素塗布などを行います。定期的な歯石除去、フッ素塗布で、いつまでも健康な歯を保つことができるようにしましょう。

定期検診はとても大切です
歯科医院で、むし歯や歯周病を治療することはできます。ただ、それよりも大切なことは、毎日の歯みがきでご自身で健康な歯を維持すること、そして歯科医院での検診を定期的に受けて、口の中の状態を常にチェックすることです。予防と定期検診が浸透している歯科先進国スウェーデンでは、90%の人が80歳時の残存歯数が20本以上というデータもあります。予防と定期検診、2つのケアでむし歯や歯周病を防ぎましょう。
エアーモーター
予防が大事です
歯は一度むし歯になると、残念ながら初期の段階を除いて治りません。歯周病も同じく、初期の歯肉炎のときは治りますが、歯周病になると元どうりの健康な状態には治りません。天然の歯にかなうものはないのです。もちろんいったん悪くなってしまってからの治療もきちんと行いますが、患者さんもそして我々も大変です。そこでレミントン歯科では、むし歯と歯周病は予防することが一番大事であると考えています。  


Posted by koikenina at 12:24Comments(0)

2018年10月25日

【予防歯科】虫歯・歯周病にならないお口に

どのような病気も、事前に防止することが1番の治療です。
ご家庭でのむし歯や歯周病の予防といえば歯を磨くことですが、実は正しい歯の磨き方をしている人はほとんどいません。どうしても歯につく細かい雑菌の除去がうまくできておらず、毎日歯磨きをしているのにむし歯や歯周病になってしまいます。ご家庭での歯磨きと並行して、定期的な来院によるメインテナンスを行うことが重要です。

すずらん歯科矯正歯科では、ご家庭でできるむし歯予防、歯周病予防を皆様のライフスタイルに合わせてご提案させて頂くとともに、ご家庭ではどうしても落とせない汚れを定期的な健診で取り除いていきます。
光照射器
歯垢や歯石を残さないことが大切です
歯科医院でのメインテナンスは、むし歯や歯周病を予防し、健康な状態を維持していくためにはとても大切です。細菌の集合体の歯垢は、毎日の歯磨きで除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌は歯磨きだけでは取れません。また、歯石になってしまった部分はいくら頑張って歯磨きをしても自分では取ることができません。

【予防歯科】虫歯・歯周病にならないお口に
「歯医者は、虫歯で歯が痛くなってから行く場所」というイメージを持っている方も多いかもしれません。ですが、一度、虫歯や歯周病になってしまうと、初期の場合は治療が可能ですが、進行してしまうと歯を削ったりすることが必要になってしまいます。虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、お口の健康を維持する治療法が予防歯科です。「虫歯や歯周病の治療を受けたくない」「一生、健康な歯と口を保ちたい」そういった想いを持たれている方は、ぜひ当院へお越しください。
オートクレーブ 価格
スウェーデンは今でこそ「予防歯科先進国」として知られていますが、昔は多くの人がむし歯や歯周病で歯を失っていました。そんな状況を重く見たスウェーデン政府は、1970年代に「予防歯科」を国家的な一大プロジェクトとしてスタートさせました。プロジェクトの効果は大きく、現在では世界で最も歯科疾患が少ない国だと言われるようになりました。
  


Posted by koikenina at 12:02Comments(0)

2018年10月24日

コンプレックスのもとになる

矯正歯科は、見た目を良くするということも当然ありますが、歯並びの悪さは、美容の問題以外にも不正咬合、発音障害、むし歯、歯周病などの原因にもなります。また、義歯を付ける際、歯並びを治さないと義歯を付けられない場合があります。歯には力を加えるとその方向に移動する性質があります。その性質を利用して口の中に様々な矯正装置を入れて歯に一定の力をかけ時間をかけて歯を動かして治療していくものです。

歯並びが悪いとどうして困るの?
1. むし歯や歯周病になりやすい
歯並びが悪いと歯ブラシが歯のすみずみまで届きにくいため、みがき残しが増えてむし歯や歯周病になりやすくなります。また、人は唾液を分泌することで歯を清潔にしますが、デコボコがあると唾液にあたらない部分が出るため、むし歯になりやすくなります。
歯科器具
2. 胃や腸への負担が大きい
かむという行為は、実は非常に複雑。すべての歯に役割があり、28本(永久歯の場合)がバランスよくかみ合わさることではじめて、食べ物が消化しやすい大きさになるのです。また、ちゃんとかめないと唾液の分泌も十分でないので、消化器系への負担も大きくなります。

3. 骨格や顎関節に問題が生じる
上下の奥歯が左右にずれている交叉咬合や、上の奥歯と下の奥歯がすれ違ってしまう鋏(はさみ)状咬合などがある場合には、顔が左右対称ではなくなります。その状態でものをかみ続けると、かむ力が不均等に。また、姿勢が悪く、いつも下あごが後ろに下がっていると、負担がかかり、顎関節に症状が表れる場合もあります。

4コンプレックスのもとになる
歯並びが悪いために、「大きな口をあけて笑うのをためらってしまう」「口に手を当てて笑うくせがある」と答える人もいます。かみ合わせによっては、くちびるが閉じない人もいます。それがコンプレックスとなって、対人関係に影響を与える場合もあります。
光照射器
5発音がうまくできない
歯並びが悪いことで、発音が不明慮になることも少なくありません。極端な上顎前突や開咬の場合も上手に発音できません。受け口の場合、サ行やタ行が発音しにくくなります。  


Posted by koikenina at 15:40Comments(0)

2018年10月24日

顎の成長、顔のかたちにも影響する

矯正歯科は、見た目を良くするということも当然ありますが、歯並びの悪さは、美容の問題以外にも不正咬合、発音障害、むし歯、歯周病などの原因にもなります。また、義歯を付ける際、歯並びを治さないと義歯を付けられない場合があります。歯には力を加えるとその方向に移動する性質があります。その性質を利用して口の中に様々な矯正装置を入れて歯に一定の力をかけ時間をかけて歯を動かして治療していくものです。
歯科バイブレータ
まず第一に「噛み合わせの改善」、第二に「審美的な改善」です。
噛み合わせの改善
大人の歯列矯正治療は、外見の変化が大きな目的で利点のようですが、実際には、もっと重要なことがあります。それが「噛み合わせの改善」です。矯正治療を受けた後の歯並びでは全ての歯でほぼ均等に噛む為、極端に一本の歯だけ負担がかかると言うことがなくなります。その為、全体的な歯の寿命が長くなります。さらに、食べ物をよく噛んで食べるようになり、消化や吸収を助け、内面からも健康になります。また歯並びが良くなると、今までは歯ブラシが届かなかったところまで、歯磨きができるようになり、虫歯や歯周病の予防が容易になります。悪い噛み合わせを「不正咬合(ふせいこうごう)」と言います。不正咬合を改善しないと頭痛、肩こり、腰痛、膝痛など全身のいろいろなところに影響があると言われています。

2.審美的な改善
大人の歯列矯正を考える方たちの多くは、小さい頃からのコンプレックスが歯列矯正治療への決断をさせたようです。例えば、出っ歯、受け口、八重歯など。いつもいつも口元を気にして生きてきた自分を変えられるのが歯列矯正治療です。子供の矯正と違い、装置や治療内容の説明を納得でき、自分のお金で治療できるということも、やる気を出すことにつながります。
エアーモーター
[理由その1]  むし歯や歯周病になりやすい
歯が重なったり凸凹に並んでいると、十分に歯磨きができずに食べかすもたまりやすくなります。そのため、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。

[理由その2] よく噛めない
歯並びが悪いと正しい咬合ができません。そのために、食べ物を正しくかむことができず、まる飲みのクセがついてしまい、胃腸にも大きな負担を与えてしまいます。

[理由その3] 顎の成長、顔のかたちにも影響する
顎の骨や顔の筋肉は、正しく噛むことで発達します。不正咬合だとそれができませんので、顎が未発達になったり、顔が歪んだりする影響がでてきます。  


Posted by koikenina at 12:44Comments(0)

2018年10月24日

通常の疾患と異なり「虫歯」は自然治癒する事はありません

歯周病は感染症であり、歯周病菌が口腔内に留まってしまう事が原因です。歯周病は治療だけではなく予防が非常に大事ですから、原因菌を除去し再度口腔内に菌が蔓延しないように口腔内の清掃を行うことが重要です。また清掃性の高い環境を作ってゆく事が必要となります。また、歯周病の増悪因子といわれるストレス・歯列不正・喫煙などを取り除いていく必要がある場合もあります。さらには、薬剤による除菌(3DS法)を行うことが有効なケースもありますのでご相談下さい。

近年の歯周病に対する考え方
歯周病に全身疾患との関連があるという事が近年の研究で明らかになってきました。
特に糖尿病と高血圧については、お互いにそのリスクや病状を悪化させる増悪因子として影響しあっている事が指摘されています。また、動脈硬化や早産や骨粗鬆症へのリスク因子である事も分かってきました。ですから、全身の健康管理の観点からも歯周病の予防の重要性が高まってきているのです。
歯科器具
虫歯予防
通常の疾患と異なり「虫歯」は自然治癒する事はありません。現在の虫歯の治療は失われてしまった歯質を修復しているのです、つまり埋めたり被せたりしている訳です。近年、素晴らしい材料が次々と開発され非常に審美性の高い治療が実現できるようになりました。しかしこれらは残念ながら修復であり回復ではありません。虫歯になってしまったら出来るだけ早期に確実な虫歯を受ける事が非常に重要です。また、虫歯に罹患して軟かくなってしまったり溶けてしまった歯は元にもどせませんので、虫歯にならない口腔内環境を作る事が重要です。虫歯菌の除去は薬剤による除菌を行うことが有効なケースもありますのでご相談下さい。
光照射器
定期検診の必要性
歯科医院に「痛い」や「怖い」というイメージをお持ちの方はとても多いと思います。そういう方は特に、歯科医院へ行くのに敬遠しがちで、痛みの症状が出て仕方なく歯科医院に行くというケースが少なくありません。しかし、歯の病気には初期の自覚症状が少なく、痛みに気づいたときには、病状が進行しまっているという場合が多く、症状が進行してからの治療は、病気になってしまった箇所だけではなく、周りの歯や周辺組織にも負担がかかり、歯の寿命にまで関わってきます。そのため、定期的なメンテナンスで「予防する」という患者様の意識がとても大切なのです。また、定期検診のメリットとして以下のようなことがあげられます。  


Posted by koikenina at 12:15Comments(0)

2018年10月23日

結果、保険の材料と比べ虫歯再発リスクを最小限に抑えることが可能となるのです。

審美歯科治療とは、従来の虫歯や歯周病の治療など、通常の歯科で行っている治療に「美」の視点をプラスした歯科治療です。
ホワイトニング治療で歯を白く綺麗にしたり、歯並びを綺麗にしたり、歯茎の色を美しいピンク色に改善するなど、健康的で美しい口元を作ることを目的としています。見せかけの美しさだけを求めるのではなく、審美歯科治療により健康で美しい笑顔を手に入れ、自分に自信を持つことにより、人生をより豊かにする可能性をもっています。

虫歯治療をした歯は人工のかぶせ物をしているため、歯とかぶせ物の境目からむし歯が再発するリスクが非常に高い事実があります。こうしたことを避けるために我々歯科医師としては、人工のかぶせ物のすき間をぴったりと埋めようとしますが、保険の材料ではこうしたことに限界があり、せっかく治療した歯も数年すると再治療になってしまうケースが圧倒的に多いといえます。
抜歯鉗子
しかし、セラミック(陶器)などの保険適用外の材料を用いることにより、かぶせ物と歯の間をぴったり埋めることが可能となります。また、セラミック(陶器)は汚れが付きにくい特性を持っていますので、虫歯菌も付着しにくく、この意味でも虫歯になりにくいということが言えます。結果、保険の材料と比べ虫歯再発リスクを最小限に抑えることが可能となるのです。

セラミック
セラミックは、被せ物や差し歯の素材が全てセラミック材料(陶器材料)で出来ているものを使用する審美歯科治療です。金属類を使用しないので、体に金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療を行うことができます。また、歯科クリニックでは、従来の焼成型ポーセレンだけでなく、強度が3~4倍になったガラスセラミックや8~12倍のジルコニアなど、審美性と機能性を兼ね備えた最新のセラミックを準備しております。

ホワイトニング
クリーニングをしても取れない歯の黄ばみにお悩みの方はホワイトニングはオススメの治療方法です。 歯を削ることがないので痛みや不快感はなく、リラックスした状態で治療して頂け、健康的な白い歯を取り戻すことができます。
歯科 鉗子
ホームホワイトニングの効果を高めるために、以下の事項にご注意ください。
ホワイトニングをしてから30分間は飲食・喫煙をお控えください
ホワイトニング期間中は色の濃い食品をできるだけお控えください
期間中はできるだけ毎日ホワイトニングを行ってください  


Posted by koikenina at 16:27Comments(0)

2018年10月23日

セラミックや金合金を使った治療は、自費診療となります

審美歯科とは、歯の見た目の修復や改善を行う処置のことです。クリニックでは、セラミックを使用した各種処置のほか、ホワイトニング、レーザー、歯科技工士との連携、歯周病治療など、総合力を活かした多様な審美歯科治療を行っています。以下、それぞれの事例を交えて紹介します。
生体情報モニター
保険診療と自費診療との違い
セラミックや金合金を使った治療は、自費診療となります。保険適用のコンポジットレジン法では、その日のうちに治療を終えることができますが、自費治療の場合、患者さんが結果に納得していただくまで何度でも治療をやり直すことがあります。また、詰めものや被せものを作る技工所も、より技術力の高いところを厳選しているので、微妙な色・形にぴったり合わせたものが仕上がってきます。それでも難しいケースには、技工士が歯科医師とともに、実際に直接歯を見ながら色・形の適合をすることもあります。治療を終えて患者さんの心からの笑顔を見せていただけるように、症状やご予算に合わせた最適な治療をご提案いたします。

オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウンは、クラウン全体がセラミック(陶器)で出来ている白の陶材のかぶせ物です。 金属を一切使用していないクラウンなので、色調の点でもきわめて自然の歯に近いものを再現することができ、前歯など審美性が重要な部分の歯の治療に最適です。 また、金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。
マイクロスコープ 歯科
セラミックスインレー・オンレー
通常健康保険内では虫歯を削った後には金属の詰め物を入れますが、より自然の歯に近い光沢や色調のものにするためにセラミックスの材料に置き換える事で審美性・封鎖性・生体親和性を向上させることが可能です。 オールセラミックスクラウンと同様、金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。

ラミネートベニア法
歯の表面を少し削り、薄いセラミックの板を表面に貼付けします。 遺伝的にホワイトニングだけでは白い歯にならない場合や、歯の形態を直したい時に、歯の表層を少し削り、セラミックを貼る方法です。 治療期間は2回程度の通院で済みます。材質はポーセレン(セラミック)ですから、歯ぐきにもやさしく、磨耗や変色の心配もありません。 歯を白くするだけでなく、ムシ歯やねじれた歯、磨耗した歯、奇形歯などにも幅広く適応でき、セラミック片の形や大きさを調整することで、歯並びや歯の形を修正できます。  


Posted by koikenina at 15:58Comments(0)