健康、生活 › 2018年11月06日

2018年11月06日

別記もしていますが、歯を失う原因の第一位は「歯周病」です。

あなたは、自分の歯の健康状態をご存知ですか?
痛みがないからといって虫歯になっていないとは限りません。痛みを感じでからではすでに悪化している可能性があります。
「80歳で20本」の歯が残すためには予防が大切
“予防”とは、お口の中の隅から隅までを診査・診断・治療することをいいます。特に歯周病は、歯を失う一番の原因といわれています。歯周病は歯を支える、歯肉や骨に炎症が起こる病気全般のことを指し、日本で30歳以上の約8割の人がかかっているといわれています。

歯周病にかかると「糖尿病」や「心筋梗塞」などのリスクが高くなるといわれています。初期段階の歯周病は痛みを感じにくいので、まずは定期健診を受けていただくことを歯科医院ではおすすめしています。
歯科用高圧蒸気滅菌器
プラーク(歯垢)
プラーク(歯垢)は、食べ物の食べかすをエサにして増殖した細菌のことで、歯を磨いたあと、時間が経つと歯の表面がネバネバした感じになるのが特徴です。プラークは除去歯垢染色剤を使用すると、磨き残したプラークが赤く染まるので、赤く染まった箇所を歯磨きで全て取り除いていく方法が一般的な治療法です。

PMTC
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は歯ブラシが届きにくい部位や、頑固な汚れ(細菌)を専用の機械を使って清掃・研磨していきます。PMTCには、虫歯予防や歯周病予防や改善、タバコのヤニなど歯の着色を除去し、本来の綺麗な歯に戻す効果があります。
超音波スケーラー
「歯周病」の恐ろしさ
別記もしていますが、歯を失う原因の第一位は「歯周病」です。
歯周病とは、簡単に言うと、歯垢や歯石に存在する細菌が産出する毒素が、歯を支えている骨を溶かしていく疾患です。
歯肉が赤く腫れたり、歯茎からの出血が多くなったりするという自覚症状から始まり、進行していくと歯がグラグラしてゆき、骨で歯を支えられなくなったら抜歯に至ります。
もちろん毎日食後の「歯磨き」は必要不可欠なのですが、ほとんどの場合、磨き残しがあり、また歯石は「歯磨き」では除去できません。
ですから定期的に歯科医院での「プロフェッショナルケア」を受ける必要があるのです。
予防歯科治療
口腔衛生指導とセルフケアの実践
歯石や着色の除去
フッ素塗布
を基本治療とし、必要に応じた治療を行っていきます(PMTC,3DS など)。  


Posted by koikenina at 16:27Comments(0)

2018年11月06日

スケーリングとは、歯や歯根の表面(根面)からプラーク(歯垢)と歯石を除去することです

予防歯科とは、歯周病だけなく虫歯などお口のトラブルを未然に防ぐために行う治療のことです。
普段、皆さんの歯磨きだけではどうしても落としきれないプラーク、歯垢があります。それを歯医者に行きにクリーニングすることによって、歯周病の予防だけなく虫歯の予防または、虫歯の早期発見ができ、無駄に削らない治療を行うことができます。

スケーリングとは
スケーリングとは、歯や歯根の表面(根面)からプラーク(歯垢)と歯石を除去することです。歯科医師や歯科衛生士がスケーラーと呼ばれる専用の器具を使って、鱗を落とすように歯から歯石を落とします。

PMTCとは
歯科衛生士が特別な機器を使ってプロならではの歯のクリーニング行うことで、普段の歯磨きケアでは取り除くことのできない頑固な歯の汚れを取り除きます。PMTCには、歯の汚れを取り除き、きれいな歯を保つだけでなく、その結果として虫歯や歯周病を予防する効果もあります。
超音波スケーラー販売
定期検診
定期検診では、虫歯や歯周病の確認、歯のクリーニング、ブラッシング指導、詰め物の不具合、粘膜に異常がないかどうか、普段、患者様が行っている口腔ケアが予防になっていて口腔異常がないかを確認させていただきます。

定期に検査することによって、無駄に削らない治療をすることが少なくなり、無駄に削らないということは、痛みのある治療も少なくなるということです。歯医者が苦手、痛いのは苦手そんな方ほど、歯医者に行かずに大きな問題になってしまいます。皆さんがそのようなことにならないためにも、一度、当院にお越しいただき検査することオススメいたします。
集塵機歯科
食事指導
正しいブラッシングの仕方を習得するだけでなく、食事や飲み物、間食の取り方やタイミングなど、生活習慣を見直すことで、虫歯や歯周病になるリスクを下げることができます。

健康な歯を保っていくためにも、まずは現状の食生活について詳しくお伺いし、改善点を見いだします。そして、無理のない範囲で生活のなかに取り入れていくことができれば、健康的な口内が継続できます。  


Posted by koikenina at 13:20Comments(0)

2018年11月06日

P.M.T.C.は歯石の除去とはちがい、柔らかい特殊な器具を使うので、痛みはありません。

虫歯は一度治したらOK…ではありません
治療が終了してからが、予防歯科のスタート。もう二度と治療しないようにするために、まずは「何が原因で歯や歯茎が悪くなったのか?」「防ぐにはこれからどうしたらいいのか」をよく理解して治療に取り組んでいくことが大切です。

特に注意してほしいのは、親知らず以外の歯を何本か抜歯してしまっている方です。こういう方は、将来的に治療の箇所も多くなり、歯周病も進みやすくなります。なぜなら、磨けていない場所が知らないうちに増えていくため。私はこれまで、こういうタイプの患者さんのお口の中をたくさん見てきましたが、定期的にチェックされていない方で、確実に磨けている人は見たことがありません。
歯科 超音波スケーラー
大事なのは、何かが起きる前に、磨き残している箇所を患者さんに気付いていただくこと。
一度治療した歯は、治療が済んだと言っても、人工物を詰めたり、被せたに過ぎません。その接合部をしっかり磨かなければ、何年か後には、さらに重篤な虫歯や歯周病になる危険性があります。また、磨きにくいところだからこそ治療に至ったわけで、治療後の磨き残しが改善され、管理できなければ、その後の再発予防はできないのです。治療に至った原因を取り除くためには、より難しいブラッシングが必要です。その管理は、自分だけではなかなかできないものです。

虫歯や歯周病を引き起こす細菌を徹底的に口腔内から除去するには、歯科医師や歯科衛生士による定期的なオフィスケアが必要です。このオフィスケアの代表的なものは、PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)といわれ、歯科衛生士が規格された様々な機械、器具を使用し、お口の細菌や汚れを徹底的に除去するプログラムケアです。
生体情報モニタ
毎日しっかりハミガキしているつもりでもどうしても歯ブラシの届きにくい所や、汚れがたまりやすい所ができてしまいます。この部分のお掃除を専門の機械で徹底的に行うのがP.M.T.C.です。歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目には、普段のハミガキでは落とすことの難しい汚れが残っています。この汚れをバイオフィルムといいます。

P.M.T.C.おすすめのポイント
P.M.T.C.は歯石の除去とはちがい、柔らかい特殊な器具を使うので、痛みはありません。
P.M.T.C.によって歯の表面はバイ菌のいないとても清潔な状態になります。
P.M.T.C.を3~4ヶ月に1度行なうことで非常に効果的にむし歯や歯周病を予防することができます。
P.M.T.C.は、コーヒーやタバコによる着色が気になる方や、矯正治療中の方にもおすすめします。
  


Posted by koikenina at 12:27Comments(0)