健康、生活 › 2018年11月08日

2018年11月08日

クラウン法とは差し歯や、歯に被せものをする治療方法です

一般的な保険歯科治療は、虫歯や歯周病などの歯と歯肉の病気、症状を治療に重点がおかれていいるため、金属などの詰めものを使用したり保険の中での限られた治療になります。審美歯科治療については歯並びや歯の白さ、健康的な口腔の美しさに重点がおかれた治療です。

ホワイトニング
食生活、遺伝、加齢などで変色した歯を脱色し(歯は削る必要はありません)、歯を白くする治療です。タバコやコーヒー、ワインなどを嗜む方は、ステイン(汚れやしみ)の影響で変色の傾向があるので、ホワイトニング治療をされる方が大変増えております。
歯科レントゲン
セラミッククラウン
クラウン法とは差し歯や、歯に被せものをする治療方法です。セラミッククラウンは、歯並びの矯正も行うことができ、セラミックで限りなく実際の歯の色に近い素材で美しく、綺麗な仕上がりになります。また、金属を使わないので金属アレルギーを起こすことがありません。

【ラミネート・ベニアによる修復】
テトラサイクリンという抗生物質の服用などにより、生まれながらに歯の色が暗く、茶色っぽい色を呈している場合があります。重度の場合では、歯牙漂白だけでは色の改善は難しいといえます。このような場合は、歯牙の表面を一層削合し、セラミックベニアを貼り付ける方法が有効であると思われます。

【歯牙漂白】
歯の色には個人差があります。しかし、最近では歯の色を白くしたいという患者さんからの要望が多いようです。当院では、歯を削らずに白くするという方法を行っています。しかし、症例2のようにテトラサイクリン等による生まれながらにして歯牙の変色があるケースでは、限界があります。重度のケースでは、ラミネートベニアによる方法などが適しているといえます。
超音波スケーラー
【歯肉漂白】
歯肉が喫煙等で黒ずんでいる方などに適した治療法であるといえます。生まれながらにメラニン色素が多い方に歯肉の黒ずみが強いのも事実です。喫煙者の場合は、喫煙をやめ、歯肉の漂白を行えばニコチンによる黒ずみは解決できますが、メラニン色素が生まれながらに多い方の場合は、定期的に行う必要があります。  


Posted by koikenina at 16:34Comments(0)

2018年11月08日

トータルな口元の美しさをつくる究極の審美

口元が美しく整っていると、自然と自信が持てて表情も美しくなります。
表情が美しくなれば、普段の生活も楽しく活動的なものになってくるでしょう。生活にとってプラスになる口元の美しさを実現するための診療科目が「審美歯科」です。たとえば、口元でもっとも目立つ前歯の黄ばみを取ることや、意外と目立ってしまう銀歯を白い素材に替えるなど、気になる歯を生まれ変わらせることができ、歯のコンプレックスがなくなるため大変好評です。また、美しさだけでなく健康にもかかわる咬み合わせの調整にもなります。歯の見た目に関するお悩みがあれば、一度ご相談ください
生体情報モニタ
審美歯科は、歯や口元の見た目を改善することを重視した治療ですが、得られるのは審美的なメリットだけではありません。例えば、小規模であれば歯並びの乱れも整えられますし、乱れたかみ合わせも改善できます。審美面だけでなく、機能面の向上を図ることができるのも審美歯科の魅力だと言えるでしょう。

トータルな口元の美しさをつくる究極の審美
先天的に濃い色の歯や、詰め物、かぶせ物の色が合わずに、無意識のうちに口元がコンプレックスになっている・・・。 セラミックスなどを用いた審美歯科治療でそんなお悩みを解消できます。また、歯の色や形、軽度の歯列不正(きれいに並んでいない歯並び)までも審美歯科的な視点と治療法で改善することができます。よりトータルに、あなたらしい口元の美しさを演出いたします。

メタルボンド
最も歴史あるオーソドックスなタイプのセラミックスです。合金の上にセラミックスを焼き付けています。十分な強度があり、耐久性も抜群です。

ラミネートベニア
歯の表面を薄く削り、その部分につけ爪のような薄い板を貼付けて歯の色を美しく改善する方法です。ホワイトニングではどうしても白くならない方におすすめです。

ハイブリッドセラミック
セラミック微粒子とプラスチック樹脂を理想的に配合。噛む力が強くかかる奥歯にも十分使用できる強度と、適度な柔らかさを備え、噛み合わせの相手の歯を痛めない生体にやさしい素材です。
ダイヤモンドバー
オールセラミック
金属を一切使用しないことによる高い光の透過性で、より自然な美しさと透明感をもち、耐摩耗性にもすぐれています。オールセラミックの冠(クラウン)は、最も美しい被せ物ですので前歯の治療に向いています。

ジルコニア・オールセラミックス
ジルコニアという特殊なセラミックをフレームに用いることで強い強度が得られます。従来はできなかった強い力のかかる奥歯やブリッジなど強度が必要な場合にも金属を用いないで治療することが可能になりました。  


Posted by koikenina at 12:30Comments(0)

2018年11月08日

みなさんは、「審美歯科」と聞かれてどういったことを想像されますか?

セラミック?ホワイトニング?確かにキレイになりますよね。そういった最新の技術を利用した上で、私どもの考える「審美歯科」のキーワードは「ナチュラル」です。審美治療を受けられた方がお友達に、「キレイな歯が入ったね」じゃなく「キレイにケアしているね」と言われるような自然で美しい歯になれるよう、お手伝いいたします。
歯科 タービン 滅菌
審美歯科にはどんなものがあるの? 
 口元の美しさに対する不満や悩みは、歯に関すること、歯ぐきに関すること、その形や大きさや色のことなどさまざまです。それに応じた最適な処置を診断するのが、審美歯科の役目です。たとえば、歯が黄色いとお悩みの方には、ホワイトニングやセラミック、歯ぐきが黒いとお悩みの方にはガムブリーチ、また入れ歯の方にもインプラントやスマイルデンチャー、といった具合にどんなかたにでもお口をきれいにすることを目標にしています。

審美性
耐久性
清潔さ
セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で、硬すぎず軟らかすぎず、粘り強さもあるので、インレーに適しています。金属アレルギーはもちろん、歯茎の変色が起きる心配もありません。

メリット
金属とは異なりアレルギーの危険がなく、歯茎も黒くならない
従来の保険適用の素材(レジン)より強度が強い
オールセラミックに比べると価格が低い
金属を使わないので金属アレルギーのリスクがない

デメリット
オールセラミックに比べ、見た目が劣る
時間が経過すると、ツヤの減少や多少の変色がある
オールセラミックに比べ、若干強度が劣る
オートクレーブ滅菌
ラミネートベニア
気になる歯の表面のみを少し削り、薄い板のようなセラミックを貼り付けることで歯の色や形を改善させます。表面のみの使用になるので歯を削る量を抑えられ、色合いも自然です。生まれつき歯の変色がある方におすすめです。

メリット
短期間で美しい歯を手に入れられる
自然な歯に仕上げることができる
汚れや色素がつきづらい  


Posted by koikenina at 11:13Comments(0)