健康、生活 › 2018年11月12日

2018年11月12日

あなたにあった予防法を提案させていただくことにより、生涯、自分の歯を保つことができるのです

個人にあった虫歯予防、歯周病予防と言うのは、ひとそれぞれ違います。
どうやって、虫歯や歯周病を治すか、ということよりも、どうやれば、虫歯や歯周病にならないか、を考えた方がよいと思いませんか?そうすれば、痛い思いをしなくて済みますし、長い期間、通院しなくても済みます。また、医療費の削減にもなります。 なにより、自分の歯で何でもおいしくいただけるのは、すばらしいことです。

ある国の国民の歯は、80歳で25、6本も残っているのに、日本は7、8本しか残っていません。(全部で28本)これは、何が違うのでしょうか? それは、「予防歯科」と「メンテナンス」の違いです。個人にあった虫歯予防、歯周病予防と言うのは、ひとそれぞれ違います。
歯科用サクション
あなたにあった予防法を提案させていただくことにより、生涯、自分の歯を保つことができるのです。これまでの、日本の歯科治療、すなわち「早期発見早期治療」の名の下に、削って、詰める、を繰り返していると、歯はどんどん少なくなります。 この悪循環をいつ断ち切るか、それはあなた次第です。 さあ、一緒に予防プログラムを始めましょう。

歯周病の原因
歯周病の直接的な原因はデンタルプラークですが、口の内にプラークが付着しやすい状況があれば歯周病が起こりやすくなります。例えば、歯並びが悪かったり、詰め物がはずれたり、金冠が合っていなかったりすると、その場所はプラークが付きやすく歯ブラシなどによるプラーク除去が困難な場所となり歯周病が発症しやすくなります。また、歯周病は原因である細菌とそれに対する身体の防御機構とのバランスにより症状が決定されるため、全身的な病気の影響を少なからず受ける事になります。
超音波スケーラー
全身疾患と歯周病
糖尿病や白血病などにかかった人には歯周病がよく起こりますが、これらの病気が直接の原因となって歯周病を起こすのではなく、これらの病気にかかっている人は健康な人に比べ、細菌に対する抵抗力が低下しているため、歯周病が発症し悪化しやすいのです。また、薬物(ある種の坑てんかん薬、降圧剤、免疫抑制剤など)を常用していると副作用として歯肉肥大が起こる事があります。

歯周病の原因は主にデンタルプラーク(口腔細菌)ですから、プラークを除去し、プラークが付着しにくくする事が歯周病に対する治療の基本となります。定期的にお口の中のクリーニングをするように心がけましょう。  


Posted by koikenina at 15:42Comments(0)

2018年11月12日

歯周病にならないために、あるいは歯周病をこれ以上進行させないために、何をしたらいいのでしょうか?

歯周病とは、歯を支えているまわりの組織(歯肉、歯槽膿漏)の病気です。
 歯周病は、口臭や歯槽膿漏,歯肉炎といった辛い症状があらわれ、重度の歯周病になると歯を失ってしまうこともあります。また歯だけでなく、血管に入り込んだ細菌が血液と共に全身へ運ばれ、心内膜炎など全身疾患のリスクになり、糖尿病の増悪にもつながります。歯だけでなく体の健康のためにも歯周病を知り、歯周病になってしまう前にきちんとしたプラークコントロール(歯周病予防)と定期的な健診が大切です。一度歯周病健診をして、自分の歯の状態をチェックし、正しいセルフケア方法を一緒に考えていきましょう。
歯髄診断器
歯周病とは、歯を支えているまわりの組織(歯肉、歯槽膿漏)の病気です。
歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれることもありますが、正確には歯周病といいます。虫歯との違いはほとんど痛みがなく、気づかないうちに進行することが多いです。
人によって症状は様々で歯ぐきの炎症が強い人や、一見健康そうに見えるけれども歯肉が歯から剥がれて隙間ができ(歯周ポケット)、それが深くなっている人もいます。
レントゲン写真を撮ると、骨が吸収して見えることもあります。ほっておくと症状は気がつかないうちに進行することが多く、自然に歯が抜けることもあります。
歯周病が自然に治ることはほぼありません。早めに歯科を受診し歯周病か調べてもらうように伝えましょう。自覚がない、なんでもないと思ううちにご相談ください。

歯周病にならないために、あるいは歯周病をこれ以上進行させないために、何をしたらいいのでしょうか?
先ほど書きましたように、歯周病の原因は歯垢の中にいる細菌です。細菌が減れば歯周病になる可能性も低くなります。細菌を減らすには、歯垢を取り除くことが大切です。歯垢がなくなれば、歯周病だけではなく、むし歯になる可能性もグッと低くなります。(一石二鳥ですね)
歯垢を取り除く方法、それは正しい歯みがきをすることです。
「え。毎日歯みがきしてますけど…。」
とおっしゃる方も多いと思いますが、それでもむし歯や歯周病が減らないのはなぜだと思いますか?
それは、きちんと(正しく)歯をみがけていないからに他なりません。
歯をちゃんとみがこうと思うと、意外と神経を使います。 慣れの問題だと思いますが、鏡を見てじっくりゆっくりみがきながら、正しい歯みがきを体感してください。磨きあがった後の口の中は、清潔感いっぱいで本当に気持ちいいです。当院でもブラッシング指導をしていますので、ぜひ受けてみてください。
歯科材料販売
また、生活習慣を改善することも大切です。
先に書いた歯周病の原因となるものを一つずつ取り除いていってみてください。
細菌が原因だと分かっているのですから、その細菌(のかたまりである歯垢)を取り除くこと、そして、自分の体そのものを健康に保って、細菌に負けない状態にすることが大切です。
歯周病をきっかけに、あなた自身の生活や健康をぜひ見直してみてくださいね。
■歯周病の治療法 
今なってしまっている歯周病は、正しい歯みがきや生活改善でその進行を止める、あるいは遅らせることができても、根本的には治癒しません。ひどい歯周病になってしまったら、歯医者さんで治療してもらう必要があります。当院では、歯周病の患者さまには以下のような治療を行ないます。  


Posted by koikenina at 11:19Comments(0)

2018年11月12日

この歯周病が進行していくと、驚くことに歯を支えている顎の骨が溶けてしまうのです!

この歯周病が進行していくと、驚くことに歯を支えている顎の骨が溶けてしまうのです!
歯を取り巻く組織(歯周組織)には、歯を支える歯槽骨(顎の骨)、歯と歯槽骨を仲介する歯根膜、そしてそれらを包む歯肉(歯ぐき)があります。歯周病は、歯の周りの病気と書きますが、お口に潜む特殊な細菌感染によって発症する歯周組織の破壊です。初期症状としては、痛みのない歯ぐきの腫れや出血、さらに進行すると痛みを伴った腫れや歯ぐきからの膿などが見られるようになります。

しかしこれらの症状は持続せず、数日で落ち着いてしまいます。ところが、これで歯周病が治ったわけではなく、恐ろしいことにそれほど自覚症状がないままじわじわと進行していきます。ほとんどが、痛みや腫れを伴う急性期と自覚症状のない慢性期を繰り返しながら進行していく病気なのです。
生体情報モニタ
この歯周病が進行していくと、驚くことに歯を支えている顎の骨が溶けてしまうのです!(考えてみて下さい。自分の身体の中で骨が溶けている場所があるなんて想像つきますか?)でも、そうなると当然支えられている歯はぐらつき、やがては抜け落ちてしまう運命にあります。症状として我慢できないほどの痛みになったり、膿が止まらなくなったり、歯がぐらついてきたりすると『もう手遅れ!』なんてこともあるのです。

歯周病と全身疾患
「痛くなったら歯医者に行けばいい…」そんな風に、かるく考えてはいませんか?
歯周病菌は口の中だけにとどまらず、血流にのって全身を回り、糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・早産など、全身の健康にも関与することがわかってきています。しかし、歯周病を深刻な病気ではないと考える方が多いのが現状であり、この認識が最も危険なのです。
マイクロスコープ 歯科
糖尿病の人は健康な人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多かったり、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという調査結果が報告されています。つまり、歯周病と糖尿病の関係は特に密接で、糖尿病を治療することで歯周病が、歯周病を治療することで糖尿病が改善される可能性があるのです。

動脈硬化の要因の一つとして、歯周病菌などの細菌感染が注目されています。歯周病菌が血流に乗って血管へ入り、その刺激によって動脈硬化を引き起こす物質が出るというのです。また、それによってできた血管内の沈着物が血液の通り道を細くすることで、心臓疾患も引き起こすといわれています。
  


Posted by koikenina at 10:50Comments(0)