健康、生活 › 2018年11月13日

2018年11月13日

これらを実践していけば、もうむし歯なんて恐くありません。

診療科目の予防歯科の項目でもふれましたが、「お口の健康を維持し、キレイで、むし歯になりにくい強い歯を育てる」ことが予防歯科の目的です。
小さなお子様であれば、むし歯が一本もないお口の環境を維持することが可能ですし、大人の方であれば、治療した部分のメンテナンスや再発予防、口臭や歯の汚れを防ぐこともできます。
しかし、毎日きちんとお手入れされている方であっても、個人の“セルフケア”では限界があり、セルフケアだけでの完全なむし歯予防は難しいといえるでしょう。正しいセルフケアと定期的な歯医者での“プロフェッショナルケア”が快適なお口の環境を守り、健康で美しい歯を育てるのです。
ワックスペン
一番歯にとって良いのは
生涯、ご自身の歯で食べる楽しみを味わう……。年を重ねてもご自身の歯を健康な状態で保ち続けられれば本当に幸せですよね。一番歯によいのは、元気な歯を維持するには、日々のお手入れが欠かせないことはすでにお分かりいただけていると思います。歯医者でむし歯を治療した直後、「もうむし歯はこりごり…」と思われたあなた。むし歯とはこれっきりでお別れして、予防と健康維持を実践してみませんか?お口を守る方法はなにも歯磨きだけではありません。例えば歯のブラッシング以外でも、お口の乾燥に気をつけ、歯を磨けない時には水分で口を湿らすだけでもむし歯のリスクはグンと減らせます。正しい歯の予防知識と毎日のお口のお手入れ。そして定期的に歯科へ通う習慣、キュア(治療)ではなく、ケア(お手入れ)。これらを実践していけば、もうむし歯なんて恐くありません。

スケーリング
スケーリングとは、歯や、歯周ポケットから歯垢と歯石のお掃除をすることを指し、スケーラーと呼ばれる専用の器具を使って歯をキレイにしていきます。歯垢や歯石の除去は歯周病治療の基本で、予防のためにも大変重要。またスケーリングで歯がキレイになっても、しばらくすればまた歯垢や歯石は再形成しますので、定期的に歯科で除去する必要があります。
超音波スケーラー販売
ブラッシング指導
ブラッシングの主な目的は、歯垢のお掃除と歯ぐきのマッサージです。歯垢がなくなれば口臭も抑えられ、むし歯や歯周病にかかりにくくなります。また歯ぐきのマッサ-ジは血行をよくし、菌に対する抵抗力が高まります。しかし、毎日きちんとブラッシングをされているのにもかかわらず、むし歯や歯周病になってしまう方は大勢いらっしゃいます。その原因はご自身ではブラッシングをしたつもりでも、正しいブラッシングがなされてない(知らない)という場合が多く、“磨いている”と“磨けている”とはまったく意味が違うのです。そこで当医院ではブラッシング指導にも力を注ぎ、セルフケアの技術能力を高めていただくと同時に、なかなか磨きにくい場所などは、スタッフがお手入れの手助けをさせて頂くプロフェショナルケアを行なっています。  


Posted by koikenina at 15:44Comments(0)

2018年11月13日

歯の治療後すぐは皆さん時間をかけて良く歯みがきをされています

歯科クリニックでは定期検診に力を入れ、『治療』から『予防』への診療をおすすめしております。
今までの歯科治療といえば、虫歯や歯周病になってしまった後に歯や歯茎を治療していました。しかし、近年ではまず毎日の適切なブラッシング、そして定期的な歯の検査・クリーニングをすることで歯周病や虫歯になる前に予防をしていくという考え方になってきています。当院ではクリーニング、ブラッシング指導により虫歯、歯周病にかかるのを予防してまいります。またその時に早期発見、早期治療ができますので虫歯の場合などは歯を削る量を少なくすることができ結果的に痛みも少なく通院期間も短く、治療費もかかりません。痛くなってから歯医者に行くのではなく、痛くなる前の予防歯科してみませんか?
歯科 光照射器
歯の治療後すぐは皆さん時間をかけて良く歯みがきをされています。しかし、日が経つにつれ、また、歯みがきの時間も短縮され、お手入れが雑になってきてしまいます。
歯周病の原因となる細菌の数は、治療後3~6ヶ月で徐々に元の状態に戻ってきてしまいます。虫歯・歯周病にならない為にも3〜6ヶ月に一度は定期検診を行い、良好なお口の状態を保つことが必要です。

定期検診で来院していただくと、歯周病の進んでいる部位の重点的クリーニングやむし歯の早期発見、歯ブラシで落としきれない汚れの除去などを行います。その結果、定期検診をまったく受けない方と比べると歯の残存率が大きく変わることが様々な研究で証明されています。

問診・検査
歯に関する悩み、何か変わったことはあるか?気になることはあるか?簡単な問診を行います。
経過観察になっている歯をはじめとする虫歯の確認をします。必要な部位はレーザーの光により歯質の変化を測定するむし歯診断機を使用し、むし歯の検査を行います。
マイクロモーター
歯ぐきの検査
歯と歯ぐきの境目の溝の深さ(歯周ポケット)を計ります。歯ぐきの状態によって、検査の内容が異なることがあります。

レントゲン検査
むし歯の具合、歯を支える骨の具合を確認します。1~2年に一度はお口の中全体がわかる大きいレントゲンを撮影します。

ブラッシングの再確認
プラークのついている場所の確認をします。一人一人に合ったブラッシング方法を指導いたします。また、染め出すことで普段常に磨き残しているような部位は念入りにクリーニングできます。  


Posted by koikenina at 13:11Comments(0)

2018年11月13日

虫歯や歯周病などを予防するための診療です。予防をすることで、早期発見や早期治療につながります

「年をとれば歯を失うのは当然」そう思っていませんか?
「歯を失う」のは、虫歯や歯周病などのお口の病気が原因であり、誰にでも起こる老化現象ではありません。つまり、いくつになっても病気を予防することができていれば、歯を失うこともないということです。予防先進国であるスウェーデンでは、80歳になった時にほとんどの人が若い時とあまり変わらない歯の本数を維持しています。これは、国の歯科医療の方針として「予防歯科」の考えを採用し、子どもの時から歯の健診に通うのが当たり前、歯の健康づくりが生活習慣として定着している、ということが大きく影響しています。
口腔内カメラ
虫歯や歯周病などを予防するための診療です。予防をすることで、早期発見や早期治療につながります。痛みを感じるようになってから歯医者に行った場合、症状が進行していることが多いです。そうなる前に定期的に歯医者で歯科検診をし、症状がでる前に予防していくことが大切になってきます。虫歯や歯周病になるのは個人差があり、それは個人によって口腔内環境や生活環境が違うことが原因です。予防歯科治療には唾液検査や歯周ポケットの検査、その他全身疾患などの問診も含めた結果を参考に治療計画を立てていきます。患者様一人ひとりに合った治療方針やメインテナンスの期間を考えた診療を心掛けています。一生涯、ご自身の歯で食事や会話ができ、素敵な笑顔の生活を過ごせていただけるように努めています。

PMTC
専門の器具を使用するプロによる歯のクリーニングです。磨き残しや、ハブラシでは磨けない歯と歯茎の隙間まで、徹底的にお口の中をきれいにすることができるだけでなく、PMTC後は歯がツルツルになるので汚れがつきにくくなります。汚れを落とすことで歯本来の白さが戻り、痛みもないためエステを受けているような気持ち良さで虫歯や歯周病の予防もできる、一石二鳥の方法です。
高圧蒸気滅菌器
歯科医院で行うプロフェッショナルケア
歯みがき指導
ご自宅でのセルフケアをしっかり行なっていただくために、まずは磨き残しをチェックして、一人ひとりに合わせた歯みがきの仕方、ハブラシの選び方をアドバイスします。

PMTC
プロに寄る歯のクリーニングです。磨き残しや、ハブラシでは磨けない歯と歯茎の隙間まで、専門の器具を使用して徹底的にお口の中をきれいにします。
PMTC後は歯がピカピカになり、汚れがつきにくくなります。
汚れを落とすことで歯本来の白さが戻り、痛みもないので気持ちよくむし歯や歯周病の予防ができる、一石二鳥の方法です。  


Posted by koikenina at 12:22Comments(0)