健康、生活 › 2018年11月15日

2018年11月15日

疾患リスクを考慮した予防医療を提供します

小さなお子様であれば、むし歯が1本もないお口の環境をつくることが可能ですし、成人の場合、治療した部分の再発予防、新たなむし歯、歯周病の進行、口臭、歯の汚れを防ぐことができます。残念ながら、毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは、むし歯の原因となるバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどの汚れを完全には落とすことはできません。正しいセルフケアに加え、定期的なプロのケアがあなたの将来の口腔環境を守り、自然で美しい歯を育てるのです。
歯科器具
日本人が持つ歯科医院のイメージは、「歯が痛くなったら行くところ」ですが、欧米の予防歯科先進国では「むし歯や歯周病にならないため、健康で美しい歯のお手入れに利用するところ」という考えです。その結果、70歳での平均残存歯数に大きな差が出ています。歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。ずっと健康な自分の歯で美味しくごはんを食べたい方は、今から予防歯科を始めましょう。

疾患リスクを考慮した予防医療を提供します
患者さんの疾患リスク(病気のなり易さ)を科学的に判定して、そのリスクをコントロールすることにより、むし歯や歯周病の発症・進行・再発を予防します。

歯や口の健康の保持増進に努めます
患者さんが「一生おいしく食べて楽しく会話ができること」を目標として、歯や口の健康の保持増進を目指します。
お口の管理を継続的に支援します
健康な歯を早期に失うことを防ぐために、病気の原因を取り除けるようなセルフケア(歯磨きなど)の支援とプロフェッショナルケア(専門的口腔清掃)を継続して行っています。
ハンドピース
定期的な検診がむし歯・歯周病を予防します
毎日の歯磨きがむし歯を予防する最良の手段ですが、全ての人が完全な歯磨きができるわけではありません。磨き残しがどうしてもでき、そこからむし歯になることもあります。また、毎日の歯磨きだけでは歯周病を防ぐことができません。歯周病予防には医院での歯石除去が有効です。来院されるペースは患者さんによって違いますが、3~4か月に1回が目安になります。
毎日の歯磨きと医院での定期的な健診により、生涯ご自分の歯を保つ事が可能になります。  


Posted by koikenina at 15:48Comments(0)

2018年11月15日

80歳における残存歯数はたったの5本です。

虫歯や歯周病は、生活習慣病と呼ばれ毎日のケアが大切です。
とはいってもなかなか時間の取れないときもあるでしょう。又、注意してケアしていても必ず磨き残しがでます。
毎日一生懸命磨いて、歯の治療には時間をかけてきたのに歯が悪くなっていくという経験はないですか。特に熱心に歯磨きをしているというわけではないのですが3ヵ月に1回程度の定期健診に通われている方のほうが歯の健康状態は、良い状態に保たれています。
そのくらい定期健診は大切なのです。

超音波スケーラー チップ
日本では予防の大切さは分かっていても、まだ治療中心であり定期健診がなかなか定着しないのが現状で、その結果子供の虫歯の数は少しずつ減少していますが、先進国の中ではまだまだ多く、80歳における残存歯数はたったの5本です。
キシリトールで有名なフィンランドでは、子供から大人まで定期健診が定着しており、90%以上の子供にムシ歯がなく、80歳における残存歯数は20本以上を維持しております。これだけ定期健診による予防効果は高いのです。

プラークコントロール
プラークとは、口の中にある歯垢のことをいいます。プラークの約80%は細菌でできており、虫歯や歯周病を引き起こします。また、放っておくと歯石となり、ますますプラークが溜まりやすい環境になります。正しいブラッシングや適切な施術を受け、プラークの発生を抑えることをプラークコントロールといいます。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは歯科医師、歯科衛生士が専用の機械を使用して通常の歯磨きでは落とせない汚れやプラークを除去する施術です。歯の表面を軽く研磨し、フッ素を添付します。患者さんが毎日のケアで清掃困難な部位を重点的に清掃・研磨していくことで、虫歯や歯周病の原因となるプラークを効果的に除去します。
パルスオキシメーター
PMTCの効果
PMTCを行うことによって以下のような効果が得られます。
・コーヒー・紅茶・赤ワインなどによるステインの除去
・ホームケアでのプラークの取り残しの確認
・初期虫歯の再石灰化促進
・虫歯・歯周病の予防
・歯周病の改善
・爽快感  


Posted by koikenina at 13:27Comments(0)

2018年11月15日

虫歯や歯周病を徹底して予防するために

「歯を失う原因」の実に7割を占めているのは、虫歯と歯周病です。
老化などの年齢は「歯を失う原因」と直接的な関係はなく、虫歯と歯周病を予防すれば将来的にも歯を失う確率が大幅に下がると言えます。歯科先進国であるスウェーデンでは、国全体の歯科医療方針として「予防歯科」の考えが採用されています。子どもの頃から歯の検診・歯の健康づくりが生活の中に定着しており、虫歯や歯周病を防ぐことに繋がっているのです。そして年を重ねても、多くの方が若い時とあまり変わらない歯の本数を維持できています。そのため食事やおしゃべりも楽しむことができ、より豊かで充実した時間を過ごされているのです。
歯科材料 通販
虫歯や歯周病を徹底して予防するために
「プロフェッショナルケア」と「セルフケア」の両方を行いましょう予防歯科は大きく分けて2つのケアから成り立ちます。まず定期的に歯科医院で受ける「プロフェッショナルケア」、そしてご自身が毎日自宅で行う「セルフケア」です。これらはどちらか一方でも行えば良いということではありません。両方のケアにしっかり取り組むことで、大切な歯を守り続けることができ、より効果的な予防歯科を実践できると言えます。

 PMTC
専門の器具を使用して、歯磨きの磨き残しから、歯ブラシでは届きにくい歯と歯茎の隙間など、お口の中を徹底的に隅々まできれいにする、プロによるクリーニングです。
さらに歯質を強化するフッ化物(フッ素など)も塗布することにより、歯に汚れがつきにくくなるので予防効果も期待できます。施術の痛みはなく、気持ちよくエステを受けているような感覚で虫歯や歯周病の予防もする、一石二鳥の方法です。

歯磨き指導
歯科医院でいくらお口の中をキレイにしても、ご家庭での歯磨きが正しく行われていなければ、歯を予防することは困難です。正しい歯磨きを見につけていただくため、当院では歯磨き指導を行っています。
ハンドピース
歯石除去
ご家庭での歯磨きでは落とせない歯石(虫歯の原因となる、歯垢が固まったもの)を、専用の器具で除去します。

フッ素塗布
フッ素とは、歯の再石灰化を促進する物質です。歯の表面に塗ることで、酸に強い歯を作り、虫歯菌が酸を作るのを抑制します。

シーラント
歯の溝を、フッ素を含んだプラスチックで塞ぎ、虫歯を予防する方法です。特に、乳歯から永久歯に生え替わった時期の奥歯に使用します。
  


Posted by koikenina at 12:42Comments(0)