健康、生活 › 2018年11月26日

2018年11月26日

自覚症状が出るほど進んだ段階では治らない病気なのです

おいかわ歯科医院は予防を第一に考えています。
予防歯科はなぜ大切なのか虫歯をテーマにその事について少し書きたいと思います。当たり前の事ですが、虫歯にならないのが一番です。なってしまった場合は、その部分を取り除き、別の物で置き換えるという処置になります。あまりに虫歯が大きい場合や歯が使える状態ではない場合は残念ながら抜かなければならない事もあります。
(その後の処置に関しては歯を失ってしまったを参照)
抜歯鉗子
つまりは置き換えて、なるべく本来の健康な状態になるべく近付ける、という処置です。
なので治療となれば、歯は削らないといけません。もちろんなるべく削らないようにするのですが、やはり削らないのが一番です。そして、お口の中はみなさんの想像以上に非常に過酷な環境です。

365日、熱いもの、冷たいもの、硬いもの、弾性のあるものなどを噛み砕いたり、噛みちぎったりという環境の中で、歯とつめ物、かぶせ物の間には目では確認できないほどの隙間がどうしても生じてしまいます。その隙間が大きくなると虫歯菌が入り込み虫歯となります。

健康保険は疾病保険ですから、病気やケガという不慮の災難に際して給付をするもので、悪くならないためのメンテナンスに対して給付する仕組みはありません。ただ、歯の治療の場合、痛みが出てからでは、薬を飲んで自然に治るということがありません。ちょうど糖尿病で、失明してから治療をしても、目が治らないのと同じです。
ユニファスト
自覚症状が出るほど進んだ段階では治らない病気なのです。このため、病気が目立たない早い段階で予防的な治療をしなければ、治療しても治療しても悪くなるという悪循環に陥ります。むし歯も歯周病もバイオフィルム感染症ですので、機械的にバイオフィルムを破壊することが病気の予防であると同時にもっとも基本的な治療です。

そのため、あらゆる歯科治療の再発防止において、定期的なバイオフィルムの破壊と除去が何よりも重視され推奨されます。メンテナンス(歯のクリーニング)は、ただのお掃除ではないのです。
その効果は、このデータが証明しています。  


Posted by koikenina at 15:58Comments(0)

2018年11月26日

そういったむし歯や歯周病予防のための『予防歯科』に来られる方が最近は増えています

日本人のほとんど(80%以上)は歯周病にかかっていると言われていますが、歯周病(歯ぐきから血や膿が出る、歯ぐきが腫れる、歯ぐきが下がって歯が長く見える、歯がぐらぐら動く、または歯が抜ける、口臭などの症状が出ます)も、歯周病菌をはじめとする様々な細菌が原因であり、噛み合わせ、歯ぎしりや食いしばり、食習慣、生活習慣なども密接に関係しています。歯周病菌は歯の土台となる骨を溶かしてしまうので、やがて歯茎が歯を支えられなくなって、歯が抜けてしまいます。80歳になったときに残っている日本人の歯は平均で5本前後しかありません。それに比べて北欧では、80歳の時に残っている歯の数は平均25本です。「そんなにむし歯はないから」なんて油断して放っていたら、歯周病で歯を全部抜く羽目になってしまった、なんていうことが、日本人では40歳代~50歳代の人でもよくあることです。歯周病は、歯の土台となる骨そのものを溶かしてしまうだけでなく、全身疾患(肥満、高血圧、糖尿病、心疾患、動脈硬化、早産、肺炎、ガンなど)に関連しているということが徐々に明らかになってきており、実は恐ろしい病気なのです。
たとえば北欧のフィンランドでは、歯に何のトラブルがなくても3ヶ月に一度歯科医院に行くことが義務づけられています。どこも痛くないのに歯医者さんで何をするかというと、お口の中の診察と歯のクリーニングをして、むし歯の原因菌や歯周病の原因菌を取り除いてもらっているのです。意外かもしれませんが、1日3回歯磨きをするけれど歯医者に行かない人よりも、1日1回しか歯磨きをしないけれど、3ヶ月に一度、歯医者さんで歯のクリーニングと正しい歯磨きの仕方を教えてもらっている人のほうが、将来歯を多く残せるのです。
コントラアングル
予防すれば、多くの問題は防ぐことができます
問題が大きくなってしまう前に、ちゃんとクリーニングして、チェックしていけば多くの問題は防ぐことができるのです。日本人は、病気になれば病院に行って医者に治してもらえばいい。むし歯になれば、歯医者さんに治してもらえばいい、と、とても安易に考えています。しかし、そうなる前に「予防」がいかに大切かということが、今見直されています。ちゃんと自分の歯についてカウンセリングを受け、定期的に歯医者に通えば、むし歯になることもありません。何かあったとしても、ごく初期の状態で問題を発見して、たとえばむし歯であれば、歯を削らずに済ませることができ、痛い思いをしなくて済みますし、お金も時間も最小限で解決できます。
そういったむし歯や歯周病予防のための『予防歯科』に来られる方が最近は増えています。何も問題がないからこそ、その状態を維持していくために、定期的に歯科医院に行ってクリーニングをして予防していく。予防歯科では、定期的にカウンセリングと口腔内のクリーニングを行って、まずむし歯を作らないようにし、歯周病菌のコントロールをします。歯が白くなり、歯ぐきも健康的なピンク色になりますから、笑顔の印象も自然と良くなります。
歯科 ユニット
歯がピカピカ、歯ぐきも美しい…。予防歯科で健康の維持&爽やかなお口を手に入れれば、気分も変わり、将来の病気の予防にもつながります。こんなに効果があって、安上がりで、気分のいい健康習慣はなかなかありません。歯医者さんで定期的に「予防クリーニング」をして、口の健康を保つかどうかはちょっとしたことのように感じてしまいます。しかし、それは本当の意味で自分自身を大事にするかしなかということであり、実際にあなた自身の寿命や健康度合いとなって跳ね返ってくるのです。  


Posted by koikenina at 12:06Comments(0)

2018年11月26日

予防歯科はなぜ大切なのか虫歯をテーマにその事について少し書きたいと思います

おいかわ歯科医院は予防を第一に考えています。
予防歯科はなぜ大切なのか虫歯をテーマにその事について少し書きたいと思います。当たり前の事ですが、虫歯にならないのが一番です。なってしまった場合は、その部分を取り除き、別の物で置き換えるという処置になります。あまりに虫歯が大きい場合や歯が使える状態ではない場合は残念ながら抜かなければならない事もあります。
(その後の処置に関しては歯を失ってしまったを参照)
歯科重合用光照射器
つまりは置き換えて、なるべく本来の健康な状態になるべく近付ける、という処置です。
なので治療となれば、歯は削らないといけません。もちろんなるべく削らないようにするのですが、やはり削らないのが一番です。そして、お口の中はみなさんの想像以上に非常に過酷な環境です。

365日、熱いもの、冷たいもの、硬いもの、弾性のあるものなどを噛み砕いたり、噛みちぎったりという環境の中で、歯とつめ物、かぶせ物の間には目では確認できないほどの隙間がどうしても生じてしまいます。その隙間が大きくなると虫歯菌が入り込み虫歯となります。

健康保険は疾病保険ですから、病気やケガという不慮の災難に際して給付をするもので、悪くならないためのメンテナンスに対して給付する仕組みはありません。ただ、歯の治療の場合、痛みが出てからでは、薬を飲んで自然に治るということがありません。ちょうど糖尿病で、失明してから治療をしても、目が治らないのと同じです。
ハンドピース
自覚症状が出るほど進んだ段階では治らない病気なのです。このため、病気が目立たない早い段階で予防的な治療をしなければ、治療しても治療しても悪くなるという悪循環に陥ります。むし歯も歯周病もバイオフィルム感染症ですので、機械的にバイオフィルムを破壊することが病気の予防であると同時にもっとも基本的な治療です。

そのため、あらゆる歯科治療の再発防止において、定期的なバイオフィルムの破壊と除去が何よりも重視され推奨されます。メンテナンス(歯のクリーニング)は、ただのお掃除ではないのです。
その効果は、このデータが証明しています。  


Posted by koikenina at 10:59Comments(0)