健康、生活 › 2018年12月04日

2018年12月04日

歯みがきをしてもらった後、特殊な薬品を使ってプラークの染め出しを行います

生まれたときには人のお口の中には歯周病菌は存在しません。
しかし、もともといない歯周病菌がなぜ今お口の中にいるかというと、人からうつされているのです、今も家族の間でうつしあっている状態にあるかもしれません。回し飲みや回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなどが感染ルートとしてあげられます。菌が再びお口の中に入ってくると、お口の中で定着して歯周病を発生する可能性が出てくるということになります。特に危険なのは性感染です。せっかく歯周病を治してもパートナーからうつされたのでは意味がありません。パートナーの方と同時に治療なさることをおすすめします。

毎日の歯磨きと歯科医院における定期的なプロフェッショナルクリーニングが大切です。カビ菌が増えすぎると歯ぐきが腫れるなど、悪い影響が出てきます。また、カビ菌は歯周病菌の快適な住みかにもなりますので歯周病菌が再感染しやすくなります。定期的に歯科医院に通って、歯周病菌が再感染していないか、カビ菌が増えすぎていないか、顕微鏡で確認しカビ菌が増えすぎないように専用の器具を用いてクリーニングを行う必要があります。
歯科用エアーコンプレッサー
スケーリング
スケーリングとはスケーラーという器具を使用して、外に見えている歯と歯肉の中に埋まっている歯の部分からプラーク(歯垢)や歯石を取り除くことです。
スケーリング終了後に歯垢によって汚染されたものを綺麗にし、滑沢な面に仕上げることをルートプレーニングといいます。
PMTC
PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略であり、専門家による歯面清掃のことをPMTCといいます。特殊な機械等を使って、通常のブラッシングではとれない歯に付いた汚れや歯石などを取り、ブラッシング指導をします。
歯みがきをしてもらった後、特殊な薬品を使ってプラークの染め出しを行います。
この後にみがき残しがある箇所のブラッシング指導を行いながらきれいにプラークを除去します。
特殊な機械を使って、歯の表面や歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目を清掃します。
歯と歯ぐきの境目や、ポケット(歯と歯ぐきの隙間)に付着した歯石を取ります(スケーリング)。
マイクロスコープ 歯科
PMTCは何がいい?
機械での清掃は痛みもなく、歯に付いた汚れも驚くほどきれいにとれます。 また、PMTC後は歯垢もつきにくくなります。
定期的にPMTCを行うことにより、お口の健康を維持することをお勧めしております。
  


Posted by koikenina at 16:12Comments(0)

2018年12月04日

お口の病気(むし歯と歯周病)の原因は歯垢(細菌のかたまり)です

歯周病はプラークの中にいる歯周病菌がもとで発症する可能性があります。
自覚症状のないまま歯ぐきが炎症を起こしてしまうものであり、やがて顎の骨が溶けはじめ、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうリスクもある怖い病気です。日本人の30代の9割が感染していると言われています。
歯医者 マイクロスコープ
定期健診とメインテナンスの重要性
歯の治療が終了するとホットしますね。治療が終わったのに、どこも痛くないのに、どうして定期的に歯科医院に通院しなければいけないの?と思われる方も多いと思います。でも安心は出来ません、治療が終了したそこからがスタートなのです。お口の健康を維持するためには、まず病気に罹らない予防と、むし歯や歯周病の治療が終了してからのメインテナンスが重要です。予防とメインテナンスは、いずれも患者さん御自身が日常生活で日頃心がけるべき事(御自分で行うブラッシング)と、歯科医院で受ける予防処置(PMTC)や指導があります。快適な食生活を維持し継続していただくため、当医院では治療とは別に、予防やメインテナンスを行う専用の診療台を設置し、歯科医師や歯科衛生士は、あなたのお口の健康維持を支えます。

PMTC
お口の病気(むし歯と歯周病)の原因は歯垢(細菌のかたまり)です。歯垢をとることをプラークコントロールと言います。プラークコントロールを実践するためには、毎日御自身で行うブラッシングが大切で、これをセルフケアーと言います。セルフケアーですべての歯垢をとりきる事が理想ですが、現実には磨き残しがあり、なかなか上手くはいきません。そこで、セルフケアーで十分にプラークコントロール出来ない部分をサポートするのが、プロフェショナル・メカニカル・トウース・クリーニング(PMTC)です。PMTCは、歯科医師、歯科衛生士が、歯の表面についた歯垢や沈着物を特殊な医療機器を使って取り去った後、歯垢の再付着を防ぐために、歯の表面をお薬できれいに磨く処置のことを言います。
歯科 鉗子
PMTCによって得られる効果
歯周病の改善および進行防止:御自身では磨きにくい部位の歯垢を除去し、歯肉の状態を健康にする。
むし歯予防:ブラッシングだけでは落とすことの出来ない歯垢を取り除き、フッ素を塗布することで歯垢の再付着を防ぎ、むし歯の発生や進行をおさえることが出来ます。
歯質の強化:歯垢を取り除いた歯の表面に、直接フッ素が配合されたお薬で磨くことで歯の再石灰化(歯を固く、強くする)を促進することが出来ます。
審美性の向上:光沢のある、歯の表面を回復することが出来ます。

歯周病の治療やその予防、メインテナンスのみを希望される方も、知識の普及から最近増えております。歯科医院は、むし歯の治療だけをする所では、ないのです。自分の歯を出来るだけ永くもたせたい、自分の歯で美味しく食事がしたい、当医院では治療とは別に、予防専用の診療台を設置し、歯科医師や歯科衛生士がそうした方のニーズにも積極的にお応えしておりますので、安心してお問い合わせください。  


Posted by koikenina at 13:07Comments(0)

2018年12月04日

歯石は、プラークがミネラル分を含みかたくなったものです

歯を失う原因は、虫歯だと思われがちですが、実は歯周病で歯を失っている方の方が多いのです
歯周病の進行
歯周病は歯槽膿漏とも呼ばれており、歯肉や骨の病気です。虫歯のように歯が黒くなったり、穴が空いたりすることがないため、基本的に痛みがないまま進行します。放置しておくと膿が出て、口臭がひどくなり、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病治療
歯周病といっても進行度と悪化させる原因は、1人ひとり異なります。えじま歯科クリニックでは、治療前にカウンセリングや検査を実施し、 患者様一人ひとりに合わせた治療法を提案させていただきます。
光照射器
プラークコントロール
歯周病は、歯と歯の間に潜むプラーク(歯垢)によって引き起こされます。歯周病治療では、歯周病の直接の原因であるプラークの増殖を抑えるために、プラークコントロールを行います。プラークコントロールは、歯ブラシを使って行うことが基本となります。 当院では、歯科衛生士が患者様の状態にあった最適なブラッシング方法を指導いたします。

スケーリング
歯石は、プラークがミネラル分を含みかたくなったものです。スケーリングとは、スケーラーという器具で歯についた歯石を取り除く治療方法のことをいいます。 スケーリング後、プラークや歯石は、再びザラザラした面に付着しやすいので、歯の根の部分を滑らかな形状にしていきます。(ルートプレーニング)

生活習慣病を予防するためには、歯周病予防が大切です
歯周病は全身の健康にも影響を及ぼす恐ろしい生活習慣病です。心臓・循環器疾患や糖尿病といった他の生活習慣病と深い関係があることが明らかになってきました。 歯周病は、症状が進行する前に適切な治療をすることが大切です。歯ぐきが腫れる、歯ぐきから血がでる、歯がグラグラするといった症状がある方は、早めに受診することをおすすめします。
歯科技工 材料
歯周病は疾患にも関係している
歯周病は歯周病に関わる菌群(人体に悪影響を及ぼす5種類ほどの菌がいることがわかっています)による感染症です。歯周ポケットなど歯の周辺から、口腔内の傷や血管を通して、細菌が全身に広がってしまうことがあります。近年、歯周病に関わる細菌が心筋梗塞や脳梗塞などと関係していることが発表されています。特に病気療養中や高齢者などの病原菌に対する抵抗力が落ちている方にとっては決して軽く扱ってはならない病気です。  


Posted by koikenina at 12:07Comments(0)