健康、生活 › 2018年12月05日

2018年12月05日

歯周病をそのままにしておくと、歯肉の中に歯周病菌や炎症の生産成分が侵入します

歯ぐきからの出血、口臭、歯がぐらぐらするなどが気になったら、歯周病を疑ってください。
歯周病は、痛みが無く、上記のような症状が静かに進行するとっても厄介な、そして恐ろしい病気です。歯周病の原因は、歯周病菌による感染症です。歯周病の治療には、抗生物質を使用して菌の数を減らした上で歯石を取ったり、歯磨きに気をつけたり、食事の習慣を見直したりといろいろな方面からのアプローチが大切です。まず原因菌である歯周病菌を除去しないことには口の中の状態は、なかなか良くなりません。菌を除去、衰退させるには、抗生物質が効果的です。(それでも完全に菌を除去することはできません。)
生体情報モニタ
歯周病が他の病気の原因になる可能性
歯周病をそのままにしておくと、歯肉の中に歯周病菌や炎症の生産成分が侵入します。さらに血管の中にまで入り込んで身体中に到達し、身体のあちこちに悪影響を与えると考えられています。

心臓病、脳卒中、糖尿病の悪化、気管支炎、肺炎などとの関連性が指摘されており、お口の健康状態が全身の健康に多くの影響を与えているのです。また最近では、妊娠中の歯周病は低体重出産や早産の可能性も指摘されており、注意が必要です。
もし、歯周病が気になりだしたら早めにご相談ください。

「プロのクリーニング」の重要性
デンタルフォレストでは、歯科医院での定期的なお口のメンテナンスをお勧めしています。定期的なお口のメンテナンスでは、歯科衛生士による「プロのクリーニング」 を行います。 日ごろの磨き残しを取り除き、お口を清潔な状態にします。また、これがとても大事なことなのですが、定期的にメンテナンスを受けることで、皆さん自身が、お口を健康な状態に保とうと、自分の歯に関心を持ち意識を高めることができます。

万一、悪いところが見つかった場合も、早期の発見・早期の対処により通院にかかる時間、費用、精神的な負担は、悪くなって初めて通うよりもずっと少なくすることができます。皆さんにも、歯科医院を「定期的なメンテナンスに行くところ、予防をするために行くところ」と考えていただけたら、と思います。そしてそのために当院をご活用いただけたら嬉しいです。患者さまのお口の中の環境をよい状態に維持できるようスタッフ全員でお手伝いさせていただきます。
ダイヤモンドバー
歯周病は「静かな病気」といわれます。どういうことかと言うと歯周病は自覚症状がほとんどないまま、あなたの知らない間にどんどん病気が進行します。気が付いたらかなり症状が悪化していて最悪の場合、歯を抜かなくてはなりません。日ごろから歯周病に気をつけていただければ、こまめに歯科医院で歯周病に対する治療を受けていただけて、悪くなりそうな箇所は早期に治せます。その結果としてお口の病気の予防につながるのです。
ですから、今「予防歯科」が歯科治療の主流になっていますが、それは、歯周病治療をしっかり行うことにつながるのです。
  


Posted by koikenina at 16:08Comments(0)

2018年12月05日

歯周病になりやすさはありますか?

歯周病は口の中に住み着いている細菌が炎症を引き起こして、歯周組織を破壊する病気です。
歯周病が進行する足場である「歯周ポケット」は、組織が破壊されたり炎症が起こったりしていて、「怪我をした後に傷口が開いたままになっている状態」の様になっています。
ですから歯周ポケットからは容易に出血しますし、容易に細菌が体内に入り込めます。
そんな歯周ポケットから、歯周病菌が血液の中に入り込み、流れに乗って臓器や血管壁全身に運ばれていきます。

そして、その箇所で悪さをすることによって様々な影響を及ぼしてしまいます。歯周病菌が口の中から体内へ入る経路には上記血液から運ばれてくる他に、気道を通って主に肺に影響を及ぼすことがあります。唾液の中に歯周病菌が混ざって、それが誤嚥(気道に唾液などの異物が入りかけると、通常は反射的にむせたりしてそれを防ぎますが、睡眠中だとその反射が起こらず、微量ながら気道に流れ込んでしまうことがあるのです)や呼吸で肺に入り込んでしまいます。
歯科器具
歯周病になりやすさはありますか?
あります。大きく分けて口の中の状態と全身状態によります。前者は歯並びや歯周病菌の種類や粘膜の形が影響します。具体的には、遺伝性の病気、血液の病気(白血病など)、皮膚の病気、降圧剤を含めた特定の薬によって歯肉を含めた歯の周囲組織に症状が出ることがあります。またホルモンの分泌の増減、糖尿病、喫煙などによって歯周病が治癒しにくくなるといった事があります。
歯科 鉗子
後者は生活習慣(喫煙など)やそれに関する病気(糖尿病など)、遺伝的影響など、
色々な要素が関わって歯周病にかかりやすくなるのです。また、遺伝子診断、免疫応答・炎症反応の検査により歯周病にかかりやすい患者さんがいると報告されています。特に通常は40歳前後に症状があらわれる歯周病が10歳代後半からあらわれる早期発症型と呼ばれる歯周病がこれにあたります。また、歯周病には男女差があらわれるときがあります。
妊娠されている女性は口腔内に分泌されるホルモンの影響で歯肉の炎症が起こりやすく
なっています。また閉経前後には歯肉の上皮が剥がれ落ちてしまうことによる歯肉の
炎症(慢性剥離性歯肉炎)が起こりやすくなる言われています。  


Posted by koikenina at 12:52Comments(0)

2018年12月05日

予防歯科は、そういった幸せをサポートする歯科とも言えるのではないでしょうか?

予防歯科とは、むし歯や歯周病になることを予防する歯科のことです。
しかし、単にむし歯や歯周病を防ぐという意味だけではありません。歯や口の機能が悪くならないようにすることは、食べたいものを不自由なく食べられるなど、幸せな人生を送るためにも大切なことです。

予防歯科は、そういった幸せをサポートする歯科とも言えるのではないでしょうか?歯や歯ぐきが痛くなってから歯医者に行くと、歯や口の健康はご自身が思っていた以上に悪化していて、健康を取り戻す(治ること)がなかなか難しい場合があります。
そうならないためには、ご自身のセルフケアと歯科医院での定期的な検診や口腔清掃(プロフェッショナルケア)の両輪を動かし続けることが大切です。
歯科 マイクロスコープ
歯周内科治療は位相差顕微鏡で、お口の中に感染している細菌・真菌・原虫などを特定し、動画管理システムに記録しそれらの微生物に感受性の ある薬剤を選択し、微生物叢を非常に綺麗な状態に改善することで歯周病を内科的に治す治療方法です。
治療前の非常に汚れた微生物叢が治療後は非常に短期間で綺麗に改善し、術前・術後の状態が一目瞭然に画像で示されるという利点があることが知られています。
また、はっきりと自覚できる程、歯茎からの出血や排膿が短期間で改善されます。以前は、長時間歯磨きや外科治療によって1~2年の治療期間でそのような綺麗な微生物叢を獲得していたのです。

微生物叢が改善されたら、歯石を除去します。その場合も、微生物叢が改善されていると、冷たいものがしみるというような症状が非常に少なくなることが知られています。
(なお、前歯においては短期間で歯茎が縮むので歯が伸びたような感覚が生じることがあります。そのような場合には残念ながら通常の治療では 元々骨が溶けている状態ですので改善は難しいようです。その場合は特殊な審美外科を行う必要があるかもしれません。)
歯科 鉗子
虫歯や歯周病予防に効果的なPMTCとは
PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、日本語に直訳すると「歯科専門家による機械的なお口の掃除」という意味になります。

歯と歯の間や、歯と歯茎の境目、歯周ポケットなど、自分ではケアしにくいところや、歯面に付着したバイオフィルム、タバコのヤニなどを徹底的に掃除し、歯面をきれいにします。 お口の健康を維持するには、ご自宅でのケア、そして定期検診と予防、そしてPMTCが大切になります。  


Posted by koikenina at 12:24Comments(0)