健康、生活 › 2018年12月12日

2018年12月12日

クリーニングでも取れない、歯の着色や黄ばみをホワイトニング剤を使用して取りのぞきます

一般的に審美歯科とは、歯や口元の美しさに焦点を当てた総合的な歯科治療のことを指します。
「歯の色」「歯の形」「歯並び」をより美しく、口元の美を追求した歯科治療です。 口元が明るくなると表情まで明るくなり、多くの患者さんから、「自信をもって笑えるようになった」と喜びの声を頂きます。
歯科レントゲン
オールセラミックの被せ物
オールセラミックは、治療で歯を削った場合に被せるセラミックの被せ物で、差し歯とも呼ばれます。セラミックで作った歯は、ご自身の歯と見分けがつかないくらい綺麗で、自然な仕上がりが可能です。時間が経つにつれての変色や劣化などが起こりにくい為、長期間に渡って綺麗な歯を保つ事が可能です。また、機能面でも、耐久性に優れており、歯垢もつきにくく素材です。金属を使っていないため金属アレルギーの方でも安心して使って頂くことができます。

ホワイトニング
クリーニングでも取れない、歯の着色や黄ばみをホワイトニング剤を使用して取りのぞきます。生活スタイルにあわせて、短期間で効果を実感できる歯科医院でのオフィスホワイトニングと、ご自宅でご自身のペースで行っていただくホームホワイトニングがございます。

オフィスホワイトニング
歯科医院で行うホワイトニングです。歯にホワイトニング剤を塗り、レーザーの光で歯の着色を分解させます。個人差はありますが、数回のホワイトニングで白さを実感していただけるため、お手軽にホワイトニングできる方法です。
マイクロモーター
ホームホワイトニング
歯科医院でお作りしたマウスピースにホワイトニング剤を塗り、決められた時間つけていただくホワイトニングです。ご自宅でホワイトニングができるため、ご自身のペースでケアできます。少しずつ着色を分解していくため、白さを実感していただくのに2週間ほどかかりますが、オフィスホワイトニングに比べ後戻りが少なく、ご希望の白さに調整することもできます。

ラミネートべニア
歯の表面を少し削り、薄いセラミックを貼りつけ歯の色や形を整えます。ホワイトニングでは改善できない歯の変色も、好みの白さにすることができます。大きな歯並びの矯正は必要はないけど、少しの隙間をなくしたい、部分的な歯並びを整えたいという方におすすめです。  


Posted by koikenina at 15:30Comments(0)

2018年12月12日

お口元は、その人の上品さを醸し出す大切な部分です

歯のクスミや黄ばみがあると顔色が悪く見えるため、周囲の人に不健康そうな印象を与えてしまいます。審美歯科治療を受けることによって、お口元が美しくなるだけでも、自然と笑顔が増えてお顔の表情も活き活きと輝いていきます。また、アクティブになって外出が増えたり、自分に自信が持てるようになったりして、どんどん素敵になっていきます。

オールセラミック
変色や色素付着の心配がない
前歯の治療に適している
金属を使用しないためアレルギーが起こりにくい 
強い力がかかると欠けることがある
汚れが付きづらいので歯茎を清潔に保てる
セラミック(陶器)素材を使った審美性の高い人工歯です。金属を一切使用していませんので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心です。自然な色合を再現しやすいので、前歯の治療に適しています。
マイクロモーター
ジルコニア
強度と審美性を兼ね備えている
金属を使用しないためアレルギーが起こりにくい
症状によって不向きな場合がある
ジルコニアは、人工ダイアモンド素材を内面に入れ表面をセラミックスで作られた素材です。自然な白い色合いで、強度があります。お口の中の症状によってはおすすめできない場合もございます。

メタルボンド
変色や色素付着の心配がない
金属の色が歯茎との境目で見えることがある
内側の金属によって、歯茎や歯が少し黒ずんで見える場合がある
メタルボンドとは、セラミック製の人工歯で、強度を高めるために内側に金属を使用しています。自然な白さと透明感があり、変色や色素の付着が少ないです。
歯科 コントラ
ハイブリッド
自然な色合いと透明感がある
欠けたり割れたりする恐れがある
プラスチックとセラミックを混ぜ合わせた素材です。自然な色合いと透明感があり審美性に優れています。経年変化による変色が起きやすいので、メンテナンスが必要です。
セラミックとコンポジットレジンのちょうど中間ぐらいの柔らかさになります。なお、極端に強い力が加わると、欠けたり割れたりする恐れがありますので、歯ぎしりが強い方や噛み合わせが不自然な方は、事前にご相談ください。  


Posted by koikenina at 12:50Comments(0)

2018年12月12日

初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります

歯医者さんは歯が痛くなったら行くところ…多くの方がそんな風に思っているのではないでしょうか。
虫歯の早期発見、早期治療はもちろん大切です。しかし虫歯になってから治療をすると時間がかかり、神経を抜くことになれば数ヶ月もかかってしまいます。治療を行った歯は、二度と元には戻りません。削れば削るほど、歯の寿命は短くなってしまいます。そうならないためには虫歯や歯周病にならないための「予防」が重要です。

毎日歯磨きをしていればいい?
歯磨きは大切です。しかし、毎日時間をかけて歯磨きをしていても、虫歯や歯周病の予防には不十分です。また、自分ではしっかり磨けていると思っても実際はまったく磨けていない、ということも珍しくありません。虫歯や歯周病から歯を守っていくには、歯科医院での定期的な歯のクリーニング(PMTC)や食習慣を含めたプロによるケアが絶対に欠かせません。
抜歯 器具
歯の検診だけで歯医者に行っていい?
もちろん、お気軽にお越しください!虫歯や歯周病予防に役立つことはもちろんですが、予防歯科を通して歯の仕組みや虫歯のリスクを詳しく知ることで、健康への意識が高まり生活習慣の改善にもつながります。年をとった時に歯がたくさん残っている人ほど、医科の医療費が少ないという報告もあります。予防歯科を行うということは、健康で明るい人生を送るための重要なポイントになるのです。

歯周病検査と歯石除去(スケーリング)
初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。 歯周病の検査として、まずは歯周ポケットの深さを測ります。 健康な歯肉の歯周ポケットは2mm以内ですが、歯周炎の歯肉は歯周ポケットが3mm以上になり、骨も溶け始めています。重度の歯周炎では8mm程度と非常に深くなります。検査後は、歯や歯の根に付着した歯垢や歯石を、スケーラーと呼ばれる器具を用いて除去します。

歯石は歯周病の大きな原因の1つですが、普段のブラッシングでは除去できません。スケーリングによって歯垢や歯石を徹底的に除去することで、歯周病の発生を防ぐことができます。歯周病は痛みがないまま静かに進行していきます。痛みを感じたときにはすでに重症になってて、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。そうなる前に、定期健診を受けて早めに症状を知ることが大切です。
ユニファスト
PMTC
PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科衛生士などの専門家が、歯の表面に付着した汚れを除去することをいいます。清潔志向が進む昨今、歯を磨かないという人はごくまれだと思います。ですが“しっかり磨けている人”は意外と少ないものです。下のスライドのように、一見すると白い歯ですが、歯垢(歯の汚れ)を染め出す薬剤を使って、チェックしてみるとけっこう汚れています。  


Posted by koikenina at 12:10Comments(0)