健康、生活 › 2018年12月21日

2018年12月21日

『歯肉炎』は治療をすれば完治できる病気

最終的に歯を失うことになる恐ろしい病気!それが歯周病です!
歯が健康であることの喜びは歯を失って初めて気付くものです。かたい食べ物、やわらかい食べ物など気にすることなく食べられるのは健康な歯があるからこそで、これは色々な味覚も楽しむことができることにも繋がります。現在では“食事を楽しむこと”は健康長寿、つまり自立した老後を送る上でも大切な要素とされています。歯科医院では患者様の将来の健康に重点を置いた歯周治療に取り組んでおります。歯のグラグラや歯ぐきからの出血、歯ぐきがブヨブヨするなどの症状が見られる方はお気軽にご相談ください。
オートクレーブ
『歯肉炎』は治療をすれば完治できる病気
 
歯周病はその進行度合いに応じて『歯肉炎』と『歯周炎』の2つに分類されます。つまり『歯肉炎』は歯周病の仲間の1つであり、原因となる細菌もほぼ同じということになります。歯周病菌はまず歯ぐきに感染し、炎症をおこします。この状態が『歯肉炎』です。
歯肉炎の症状としては、下記の特徴がみられます。
 
・歯ぐきが腫れぼったい
・歯磨きの時に歯ぐきから出血する
・歯ぐきがむずがゆい
 などが挙げられます。
歯ぐきになんらかの異変を感じるものの、大きな痛みや腫れはないのが特徴です。
 
また歯肉炎は歯磨きや専門的なクリーニングで歯に付着した汚れをしっかり落とせば、元のきれいな歯ぐきへと回復させることができます。つまり歯周病は初期の状態である『歯肉炎』の段階で適切な処置をおこなえば、その先の『歯周炎』への進行を防ぐことができるわけです。
 超音波スケーラー
『歯肉炎』で食い止めなければ歯周病はやがて『歯周炎』の段階へ
 『歯肉炎』の状態を長く放置しておくと、次の段階の『歯周炎』へと進行します。
 『歯肉炎』と『歯周炎』、この両者の違いは何か?それは『歯肉炎』が歯ぐきのみに限られた病気であるのに対し、『歯周炎』はさらにその下にある歯を支える骨にまで病気が広がってしまうところにあります。そして歯周病菌によってその骨が破壊されてしまうと、やがて歯を支えきれなくなってしまいます。また『歯肉炎』は適切な処置をおこなえば歯ぐきを健康な状態へ回復することができるのに対し、『歯周炎』はある程度進んでしまうと治療をしても元の状態に戻すことができません。つまり歯周病は『歯周炎』という状態にまで進んでしまうと、完治が難しくなるのです。さらにやっかいな点は『歯肉炎』から『歯周炎』へと進行しても、すぐには症状が変わらないため気づきにくいことにあります。
したがって歯周病は早い段階で予防や治療をはじめることが非常に重要となります。歯ぐきに何らかの違和感を覚えたら、早めに歯科医院を受診しましょう。  


Posted by koikenina at 15:33Comments(0)

2018年12月21日

『歯肉炎』は治療をすれば完治できる病気

最終的に歯を失うことになる恐ろしい病気!それが歯周病です!
歯が健康であることの喜びは歯を失って初めて気付くものです。かたい食べ物、やわらかい食べ物など気にすることなく食べられるのは健康な歯があるからこそで、これは色々な味覚も楽しむことができることにも繋がります。現在では“食事を楽しむこと”は健康長寿、つまり自立した老後を送る上でも大切な要素とされています。歯科医院では患者様の将来の健康に重点を置いた歯周治療に取り組んでおります。歯のグラグラや歯ぐきからの出血、歯ぐきがブヨブヨするなどの症状が見られる方はお気軽にご相談ください。
歯科器具
『歯肉炎』は治療をすれば完治できる病気
 
歯周病はその進行度合いに応じて『歯肉炎』と『歯周炎』の2つに分類されます。つまり『歯肉炎』は歯周病の仲間の1つであり、原因となる細菌もほぼ同じということになります。歯周病菌はまず歯ぐきに感染し、炎症をおこします。この状態が『歯肉炎』です。
歯肉炎の症状としては、下記の特徴がみられます。
 
・歯ぐきが腫れぼったい
・歯磨きの時に歯ぐきから出血する
・歯ぐきがむずがゆい
 などが挙げられます。
歯ぐきになんらかの異変を感じるものの、大きな痛みや腫れはないのが特徴です。
 
また歯肉炎は歯磨きや専門的なクリーニングで歯に付着した汚れをしっかり落とせば、元のきれいな歯ぐきへと回復させることができます。つまり歯周病は初期の状態である『歯肉炎』の段階で適切な処置をおこなえば、その先の『歯周炎』への進行を防ぐことができるわけです。
 歯科 通販
『歯肉炎』で食い止めなければ歯周病はやがて『歯周炎』の段階へ
 『歯肉炎』の状態を長く放置しておくと、次の段階の『歯周炎』へと進行します。
 『歯肉炎』と『歯周炎』、この両者の違いは何か?それは『歯肉炎』が歯ぐきのみに限られた病気であるのに対し、『歯周炎』はさらにその下にある歯を支える骨にまで病気が広がってしまうところにあります。そして歯周病菌によってその骨が破壊されてしまうと、やがて歯を支えきれなくなってしまいます。また『歯肉炎』は適切な処置をおこなえば歯ぐきを健康な状態へ回復することができるのに対し、『歯周炎』はある程度進んでしまうと治療をしても元の状態に戻すことができません。つまり歯周病は『歯周炎』という状態にまで進んでしまうと、完治が難しくなるのです。さらにやっかいな点は『歯肉炎』から『歯周炎』へと進行しても、すぐには症状が変わらないため気づきにくいことにあります。
したがって歯周病は早い段階で予防や治療をはじめることが非常に重要となります。歯ぐきに何らかの違和感を覚えたら、早めに歯科医院を受診しましょう。
   


Posted by koikenina at 13:17Comments(0)

2018年12月21日

歯周病の症状はさまざまで、程度によって異なります

歯肉の炎症を歯肉炎といい、歯肉の下の歯を支える歯周組織の炎症を歯周炎といいます。この2つを合わせた病名の総称を歯周病と呼びます。ワンちゃん、ネコちゃんの口の病気でもっとも多いのが歯周病です。また、発症率は年齢とともに増加します。歯周病は、歯の表面に付着した歯垢(プラーク)が原因で起こる病気です。歯垢はお口の中の細菌の塊(バイオフィオフィルム)で、食べカスを栄養源として毒素を出します。その毒素が歯肉や歯を支える(歯槽骨)などを破壊していきます。プラークはブラッシングにより除去できますが、実際にはどんなに上手に磨くことができる人でも、60~80%程度しか除去できません。残ったプラークが唾液に含まれるカルシウムと結合することにより、歯石ができます。歯石は歯ブラシでは除去できず、表面がザラザラしているため、プラークがさらにつきやすくなります。また、歯石の下は歯周病菌が繁殖し、いわゆる歯周病菌の巣ができます。これにより、磨いても歯周病が進行してしまうのです。
歯科器具
原因
歯周病の原因は歯垢(プラーク)や歯石の中の細菌とされています。細菌そのものや細菌の出す毒素によって歯肉炎が起こり、さらに進行すると歯の根元の歯周組織にまで炎症が拡がり歯周炎となります。
糖尿病などの慢性疾患や猫白血病ウィルス(FeLV)感染症や猫免疫不全ウィルス(FIV)感染症などによって、ネコちゃんの免疫力が低下している状態だと歯周病になりやすくなります。

症状
歯周病の症状はさまざまで、程度によって異なります。正常な歯肉はピンク色ですが、歯周病では歯肉の赤み・腫れ、出血がみられ、口臭、ヨダレ、歯の動揺、痛みによる食欲不振などの症状がみられます。さらに進行すると、鼻水、くしゃみ、顔の腫れなどもみられることがあります。
また、歯周病は炎症を起こした部分から細菌が侵入して血流に乗って運ばれ、心臓や腎臓、肝臓にまで病気を引き起こすおそれもあります。
治療
一般的に、原因となっている歯垢や歯石の除去と、お薬の投与などによって治療を行いますが、歯を支えている骨(歯槽骨)まで破壊されている場合などは抜歯が必要となる場合もあります。
ハンドピース
予防
口の中に食べかすや歯垢がたまると、カルシウムなどが沈着し歯石を作ります。歯石は歯肉炎の原因になるばかりでなく、細菌を増殖しやすくしてしまいます。このような環境を作らないようにするためにも、歯磨きの習慣をつけましょう。(ケア方法につきましては、『おていれ「歯磨き」』をご参照ください)歯垢が石灰化し、歯石となってしまうと全身麻酔下での歯石除去が必要となる場合が多くなります。歯石除去の時期につきましては、かかりつけの獣医さんにご相談ください。  


Posted by koikenina at 12:46Comments(0)