健康、生活 › 2018年12月24日

2018年12月24日

プロフェッショナルケアでは、まずは歯ブラシでとれない汚れを落としていきます

大切な歯を守るためには、まず歯みがきなどのホームケアをしっかり行うことが重要です。しかし毎日すみずみまで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい所ができてしまします。

さらにこの磨き残しは時間がたつと台所の排水溝やお風呂のぬめり(バイオフィルム)のようになり、歯ブラシでは落とすことができなくなってしまいます。
そこでプロフェッショナルケアが必要になってくるのです。
歯科材料 通販
「プロフェッショナルケア」って、どんなことをするの?
プロフェッショナルケアでは、まずは歯ブラシでとれない汚れを落としていきます。
頑固な汚れでも、特殊な器械を使ってプロがクリーニングを行えばきれいにを落とすことができます。でも痛いのは嫌ですね。

確かに歯石がしっかりとこびりついている状態でクリーニングすると、できる限り痛みの無いように行っても、歯ぐきも腫れて敏感になっているのもあり、あまり気持ちの良いものではないかもしれません。

でも、歯石になる前の頑固な汚れやぬめり(バイオフィルム)の状態であれば、痛みもなく、お口がさっぱりして、歯がスベスベになりとても気持ちいいものになるのです。
お口や歯磨きの状態に合わせて、1~6ヶ月ごとにプロのクリーニングをうけることで、健康な歯を保つことができます。また合わせて、最適な生活習慣やホームケアのアドバイス(歯磨きや補助器具の使い方など)をご指導していきます。

いままでの、悪くなってから、悪くなっても早いうちに歯科医院へ行くのではなく、健康な状態がずっと続くように定期的に歯医者さんでクリーニング(PMTC)を受けてみませんか?
ハンドピース
PMTC
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、「プロフェッショナルによる治療機器を用いた口の中の清掃」を意味する言葉です。
歯石や汚れを除去した後、歯の表面の清掃を行います。
保険適用外にはなりますが、これにより徹底した虫歯・歯周病予防を行うことができます。
PMTCでは、口臭や歯茎の病気(歯肉炎、歯周炎)の原因にもなる歯石を、歯科医師や歯科衛生士がスケーラーという専用の歯科用器具を使って除去します(これをスケーリングと呼びます)。
歯石はご自身ではきれいに取り除くことができません。
また、歯を頑張って磨いている方でも、何か月か経つと歯石が溜まってしまうことがあります。
定期的に歯科医院で、歯石の除去を行うことを重要です。  


Posted by koikenina at 12:39Comments(0)

2018年12月24日

歯は削ったら二度と元に戻らない

歯は削ったら、二度と元に戻らないってご存知でしたか?それに、虫歯で悪くなって痛くなった歯は元に戻らないってご存知でしたか?そんなの当たり前じゃん!と思われるかも知れません。しかし、人間の体で考えてみてください。転んで擦り傷ができてもたいていの場合、ヨードチンキを塗っておけば治ります。体は骨が折れても、ギブスをしておけば骨ができて治ります。

歯は他の体の組織と異なり、自浄作用(自分で良くなる能力)がないのです。
ですから、悪くなったら、悪い部分を削り落として、人工の物で補うしかないのです。
それは例えるなら、転んで擦り傷ができてしまったら、その部位を手術で取り除いて、人工の金属でできた皮膚などをつけるしかなかったらどうでしょう?
考えただけでも、恐ろしいですよね。
ユニファスト
でも、歯にはそのようなことをしているのです。
しかも、平気で。
そうならないためには、常に悪くならないように気を使ってあげる、大切にしてあげることが欠かせないのです。

歯は治療すると直るの?
悪くなった部分を人工の物で補うと、デコボコができます。
人間の目には見えなくても、小さい細菌にとっては大きなデコボコです。そこに細菌がたまりやすくなったり、デコボコのすき間から入り込んだりする原因を作ってしまうのです。しかし、自分の歯であればそのようなデコボコはないので、細菌がたまりづらいのです。

患者様は「治療すれば元にもどる」と思っていらっしゃいますが、それは違います。
それは先ほども言ったとおりです。また、神経まで到達してしまった歯は神経がある歯に比べて、残存年数が飛躍的に短くなります。というのは、神経がなくなるというのは木で言えば枯れ木と同じような状態になってしまうのです。それは、柔軟性がなくなりポキポキとおれやすくなるのです。そのようになっても、「噛む」「食べる」「しゃべる」などの基本的な機能を回復させることはできますが、耐久性が断然、悪くなってしまうのです。
エアーモーター
何か強い衝撃が加わったり、硬いものを噛んだ拍子に歯が割れてしまう、折れてしまうとしまうこともあるのです。歯をみてなんら問題ないのに「先生歯茎がはれるんです」といわれる方の歯を手術でみると歯にヒビがはいっておりわれていることがおおいのです。
ですから、悪くなってしまった歯を治すということはできないのです。「機能を回復させる」ということしかできないのです。ですから、悪くなってしまった歯を治すということはできないのです。「機能を回復させる」ということしかできないのです。  


Posted by koikenina at 11:49Comments(0)