健康、生活 › 2019年01月08日

2019年01月08日

金属を使用するので丈夫で強度があり、割れにくく長持ちである。

審美歯科とは、本来の自然な歯のような白さや機能を回復するための歯科治療です。
セラミックを使用したかぶせものや詰め物の材質により、天然歯に近い状態に回復することも出来ます。特に保険適用外のかぶせものや詰め物の中には、天然歯とほとんどかわらない物もあり、ご予算や症状により様々な種類があります。治療の際には患者様の状態にあわせ適切なものを、ご提案しております。ぜひお気軽にご相談くださいませ。また、下記では各種審美歯科の特徴を解説しております。

メタルセラミッククラウンとは
メタルセラミッククラウンは、被せ物や差し歯の全体をセラミック材料(陶器材料)で覆い、内側を金属で補強したものを使用する審美歯科治療です。すべてセラミック素材(陶器材料)でできているオールセラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちであり、奥歯やブリッジなどの強度が求められ部分にはオールセラミックよりメタルボンドが適しています。
歯科用ハンドピース
メタルボンドの特徴
メリット
金属を使用するので丈夫で強度があり、割れにくく長持ちである。
内部を強固な金属で補強するのでブリッジや連結冠などに用いる。
デメリット
セラミックに比べて、治療費を押さえることができる。保険対象外となるため、高価となる。色調や天然歯のような透明感は感じる事ができす、見た目はセラミックを用いた被せもの、詰めものと比べると劣ります。金属を全く使用しないオールセラミックと比べ、やや劣ります。また、使用する金属により、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合や、金属アレルギーを引き起こす可能性がある
歯科 鉗子
自宅で簡単ホームホワイトニング
ホワイトニングとは、一般的に歯をブリーチング(漂白)することを指します。当院のホワイトニングは患者さんごとに専用のマウスピースを作成し、ご自宅で手軽にできるホームホワイトニングに対応しています。
ホワイトニングの流れ
①まずはカウンセリングで目指す白さやお悩みなどを確認します。
②歯科衛生士による歯のクリーニングを行い、着色汚れ・歯石を除去します。
③キレイになった状態で型を取りマウスピースを作成します。
④マウスピースが完成したら使い方をご説明します。
⑤ご自宅でホワイトニング開始です。
  


Posted by koikenina at 11:22Comments(0)

2019年01月08日

審美治療とはただ歯の形を整え、白くする事だけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します

バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔が生まれます。また、精神面でもお口の悩みやコンプレックスを解消することで全身の健康や自信を持った明るい性格を導くことにつながると考えます。

このように歯には、機能的な側面と審美的な側面、どちらも健康的な日常生活を送るうえで大事な要素ですが、保険診療による一般の歯科治療では、虫歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復するといった治療に重点が置かれ、治療した後の見た目や周りの歯との調和・機能性などを考えた場合には、限界があります。
光照射器
インレー(詰めもの)・クラウン(被せもの)治療イメージ
インレー(詰め物の場合)
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。虫歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に用います。セラミックインレーは、ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。治療費は、やや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりを求める方にはお勧めです。

クラウン(被せ物の場合)
金属を全く使用せず、陶器のみで作られたクラウンなので、金属アレルギーなどの心配がなく、アレルギーの方も安心です。特に色調や透明感に優れていますので、きわめて自然の歯に近いものを再現することができるため、前歯などきわめて目立つ部分の歯の治療に適しています。マイクロモーター

ホワイトニング
ホワイトニングは、薬剤を歯の表面に塗布して歯を白くする方法です。適応症は、コーヒー、紅茶、赤ワインなどの色素が歯の表面から内部にまで沈着している場合です。 ホワイトニングには、医院で行うオフィスホワイトニングとお家で 行うホームホワイトニングがあります。

ホームホワイトニングについては、専用の患者様個々に製作 した器具を1-2時間ほどつけていただくものです。 また、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの併用が白色度、透明感ともに、もっとも効果的なホワイトニングです。  


Posted by koikenina at 10:44Comments(0)