健康、生活 › 2019年01月09日

2019年01月09日

天然の歯のような質感や透明感を再現することができ、高い審美性を得ることができます

昔から中国や日本では、美人のたとえとして 明眸皓歯(めいぼうこうし)という言葉が使われてきました。
その人の印象を左右するのはファッションや髪型ではなく、実は 美しい口元によって作り出されている笑顔なのです。気になる歯を美しくして、心の「かげり」を取り除き、精神的な健康を作るのも大切な歯科治療の目的です。とりわけ前歯は“美しさと機能性”という二つの要素を満たす事が要求されます。あなたの輝く笑顔のために、私たち担当医と一緒に考えていきましょう。
ホワイトニング 照射器
審美歯科は、 『美しくするための治療』という側面だけではありません。従来から使用されている、いわゆる「銀歯」。これが原因で金属アレルギーやアトピー性皮膚炎を引き起こすという例が確認されてきているのです。一方、審美歯科で使用される素材であるセラミックは、陶器の一種なので金属アレルギーやアトピー性皮膚炎といった病気を引き起こす心配がありません。このことから、審美歯科は、『美しくする』というだけでなく、『お口の中を健康にする』ことを目的としても知られています。

オールセラミックとは
セラミックは自然な歯のようなツヤや透明感で、本物の歯と見わけがつかないほどです。
特にオールセラミックは、すべてセラミックで作られた被せ物や詰め物で、費用は高くなりますが、本物の歯のようで審美的に満足感のある治療法です。
また、金属が全く使われないので、金属アレルギーの方や金属による黒ずみの心配はありません。
オールセラミックのメリット
天然の歯のような透明感
セラミックでの治療は、色や透明感を活かしたまま被せ物や詰め物を製作できます。今までの保険診療での銀歯や、金属を使ったメタルボンドでは得られなかった、天然の歯のような質感や透明感を再現することができ、高い審美性を得ることができます。
歯科 光照射器
白さを調節できる
前歯などの目立つ箇所はいつも白い歯でいたいものです。ホワイトニングしている場合は、オフィスホワイトニングなら白さが失われたころに歯科医院に通院したり、ホームホワイトニングなら自宅での継続したホワイトニングが必要です。
しかし、オールセラミックで治療した場合、自分の希望の白さの被せ物を製作できるだけではなく、ホワイトニングしなくても白い歯の状態を保つことができます。

歯茎が黒ずまない
金属を使用した被せ物などは、年月が経つと唾液や水分で金属が溶けだし、歯茎が徐々に黒ずむ、メタルタトゥになるというデメリットがあります。歯茎が黒ずむので、見た目も汚れたように見えてしまいます。オールセラミックは金属を使用していないので、メタルタトゥは起こりません。
  


Posted by koikenina at 11:10Comments(0)

2019年01月09日

審美歯科とは、美しさを追求する歯科医療。

「審美」という言葉の響きから、どのようなことを想像されるでしょうか。美容整形やエステ、などのイメージが湧くでしょうか。 
審美歯科(しんびしか)とは、美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野の事を指します。 見た目と機能を両立させることが治療の目的になります。
<健やかで豊かな生活へ導きます。>
一言に審美歯科といっても、単純に見た目をきれいにするだけが目的ではありません。審美歯科治療によって、正常な咬み合わせを作り出し、身体の機能をあるべき状態へ導くこともできます。また、歯にコンプレックスを持っていて人と話し辛い、思いきり笑えない、という方の悩みを解消することも、審美歯科の重要な役割の一つです。
超音波スケーラー
元来、歯は「生体鉱物」と言われる特殊な身体の組織、器官であり、その機能を果たすために細胞の一つ一つが確実な配置をとって構成されています。機能を果たすために最適な形態を持っているものなのです。そして審美歯科はその最適な形態になるべく近づけることを目的としています。
審美歯科の目的も、他の一般的な医療行為と同様、ひとりでも多くの方が豊かな日々を送ることができるよう、健やかな身体づくりに貢献することにあります。歯についてお悩みの方は、ぜひ一度当院にご相談ください。
審美歯科の基本的な流れ
審美歯科治療を行うにあたっての大まかな手順をご紹介します。 
歯の症状、ご予算、患者様のご希望により方法は様々ですが、ここではどの治療にもあてはまる基本的な流れをご紹介します。
1.カウンセリング
悩みをもっている部分についてよくお話しをお聞きし、どの治療法が適当であるのか、その利点と弊害について、治療時間・期間、費用についてしっかりと説明致します。納得のいくまでいくらでも質問して下さい。
2.診断
レントゲン撮影や、歯周のポケット診査などを行って根本的な病気の有無を診査します。虫歯や、歯周病といった病気がある場合には、審美治療の前にそれらの治療を優先させることもあります。
3.虫歯治療などの基本的な治療
虫歯や歯石のクリーニングが必要であれば、それらお口の中の病気自体を治療することが先決です。きちんとした組織に戻してから審美治療を行います。
生体情報モニター
4.ホワイトニングや歯の形成・型取りなどの治療
お口の中が健康な状態になったら、薬液を使用するホワイトニングや、歯の型取りなどの治療を行います。
5.治療完了
納得のいく色や形に仕上がっているかをご確認します。ご満足いかない場合には、具体的に気になる部分についてお申し付け下さい。
6.メンテナンス
一度きれいになっても、歯をそれまでと同じ扱いをしていては元に戻ってしまうこともあります。定期的に歯科医院でのメインテナンスに通い、日ごろのご自身のお手入れも欠かさないように気をつけましょう。  


Posted by koikenina at 10:30Comments(0)
アクセスカウンタ