健康、生活 › 2019年01月10日

2019年01月10日

ラミネートベニア治療とは歯の表面を一層削り、非常に薄いセラミックで作られたシェルを歯の表面に強力な接着剤で貼り付けます

「審美歯科」という用語は、「審美性を追及する歯科治療」という広い意味で使われています。
その中でも見た目の美しさを追求した詰め物やかぶせ物、差し歯などは日々さまざまな材質による新しい商品が開発されています。保険適用範囲の銀歯やレジンなどが一般的ですが、審美性はもちろんのこと、劣化などによる長期的な治療費を計算した上でオールセラミックやジルコニアなど長持ちする材質を選択する患者様が増えています。

ホワイトニング
歯を削ることに抵抗がある方でも安心して自分の歯を白く輝かせることが出来るホワイトニング治療。歯を削るわけではなく専用の薬剤を使用し自然な白さを取り戻していきます。ホワイトニング治療は医院で行うオフィスブリーチングとご自宅で行うホームブリーチングを組み合わせることが理想的です。両方のプロセスを行うことによって早期で確実なホワイトニング治療が行えます。
歯科用ユニット
ラミネートベニア
ラミネートベニア治療とは歯の表面を一層削り、非常に薄いセラミックで作られたシェルを歯の表面に強力な接着剤で貼り付けます。ホワイトニング治療で歯が白くならないケースやすきっ歯の治療に用いられる治療法です。ラミネートベニア法は歯に貼り付けるセラミックの形状、色、厚みなど工夫することで理想的な歯並びと白い歯を短時間で手に入れる事が可能な治療法です。

PMTC(プロによるクリーニング)
歯周ポケットに潜む細菌を、日本歯周病学会認定歯科衛生士の手により丁寧にクリーニングします。表面の歯石や歯垢や着色は専用の柔らかいゴムブラシで丁寧に磨きあげます。
歯の健康と手軽な美白が可能です。また、セラミック治療などのメンテナンスとしてお勧めの処置です。
歯医者 マイクロスコープ
オールセラミック
銀歯を白くしたり、虫歯治療後に銀歯以外の白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用したかぶせものを使用して修復します。内部に金属を一切使用していないため、歯を自然な色合いにしていきます。長く使用しても変色することもありません。歯周病などで歯肉が下がっても、差し歯独特の黒いすじが見えないといった特徴もあります。  


Posted by koikenina at 12:32Comments(0)

2019年01月10日

審美歯科は、一般的な保険治療では行えない審美性(美しさ)を提供する治療です

一般的な保険診療では、虫歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をします。
保険治療での目的は「機能の回復」という視点の治療であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。
それに対し、審美歯科は、機能的回復に加え、「見た目の美しさ」も満たす治療を行いますので、「虫歯治療の痕が気になる」、「虫歯を治療したいが、きれいに治したい」という方に最適の治療です。
保険が適用できないケース
1.治療目的以外の処置
2.高価な材料を使う場合
一般的に、治療目的以外の処置には保険が効きません。
治療目的以外の処置とは、予防目的のもの、美容のみを目的としたもの、などのことです。
小型滅菌器
きれいな虫歯治療
保険適用外治療なら噛む機能の回復だけでなく、美しさも追求できます。
一般的な保険診療では、虫歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をします。
治療での目的は「機能の回復」であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。
審美歯科では、機能的な側面だけでなく、「見た目の美しさ」いわゆる「審美」という側面も満たす治療を行いますので、「虫歯治療の痕が気になる」、「虫歯を治療したいが、きれいに治したい」という方にお勧めの治療です。
虫歯を治療した箇所をきれいに修復することが可能です。
強度と耐久性が強く、奥歯のように、噛む力が強い場合におすすめできます。天然の白さと輝きを取り戻す治療法です。

これからホワイトニングをするあなたへ
白い歯・美しい口元は、笑顔を引き出し、あなたの人生までも明るく変えてしまうような原動力となります。ホワイトニングをして、きれいな歯・笑顔が手に入る。審美歯科が確立された今、あなたの希望はきっとかないます。
もっとも、期待の裏側で、初めてホワイトニングをされる方にとって、不安や疑問はあって当然です。
当院では、不安を少しでも解消していただくために、治療の流れ、費用などを、丁寧にご説明いたします。ご不明な点がございましたら何なりとおたずねください。マイクロモーター
スタッフ一同、あなたのご期待・ご希望に沿えるよう、精一杯努力させていただきます。
当歯科医院では、ご自宅で可能なホームブリーチと短期間に効果のでるオフィスブリーチの2通りの方法をご提供しております。
オフィスブリーチは漂白の薬剤とレーザーを併用した方法です。
一方ホームブリーチは濃度の低い薬を使用することにより、安全にご自宅で漂白することを可能にしています。  


Posted by koikenina at 11:37Comments(0)
アクセスカウンタ