健康、生活 › 2019年01月14日

2019年01月14日

過去に金属を使った補綴物を入れて、見た目にお悩みのある方

審美歯科とは、歯並びが悪い、歯や歯肉の色が気になる、などといった美的な問題を解決し、美しい口元をもたらす歯科治療です。
一般歯科で出来る治療を終わらせた上で、口元の問題点を解消し、美しい口元に整えます。口元がきれいになったことで笑顔に自信が持てるようになり、性格まで明るくなったと語る患者様も多いものです。

オールセラミック
補綴物(ほてつぶつ:詰めものや被せもの)の素材にはいくつかの種類があり、その中の一つに「オールセラミック」があります。 オールセラミックは、すべてセラミックから成ります。 補綴物のなかには金属を使ったものもありますが、これには一切使われておらず、自分の歯のような透明感があります。金属を使った補綴物の場合、歯ぐきが痩せると金属部分が見えてしまったり、金属イオンの作用によって歯ぐきが黒ずんだりすることがありますが、オールセラミックでは、こうした心配がありません。 また、補綴物のなかで最も透明度が高いことから、前歯のように見た目を重視したい歯の治療に適しています。
マラソン マイクロモーター
オールセラミック治療はこんな方にお勧めです
前歯の形や歯並びを整えたい方
過去に金属を使った補綴物を入れて、見た目にお悩みのある方
歯髄(歯の中の神経)を取ったものの、クラウン(被せもの)で覆っておらず、歯が変色してきた方
金属アレルギーの方

ラミネートベニア治療
ラミネートベニア治療とは、歯の表面を薄く削り、オールセラミックやハイブリッドセラミックスで出来たつけ爪のような薄片を貼り付け、見た目を白くしたり、歯のすき間をなくしたり、欠損部分をカバーする治療のことです。 セラミッククラウンを被せる治療に比べ、天然歯を削る量の少ないのが特徴です。

ラミネートベニア治療はこんな方にお勧めです
前歯の歯並びが比較的良い方
ホワイトニングで満足のいく結果が得られなかった方
歯と歯のすき間をなくしたい方
歯科 コントラ
歯肉退色のホワイトニング
歯肉が黒ずむ原因のうち、なんと言っても多いのは、メラニン色素の沈着です。皮膚が日焼けで黒くなるのは、紫外線から皮膚を守ろうとしてメラニン色素が分泌されるためですが、歯肉も同様で、タバコの煙などの刺激から守るために、メラニン色素が生成されて黒ずんできます。メラニン色素は歯肉の浅い部分に沈着しているので、薬品を塗布する「歯肉ホワイトニング」でピンク色の歯肉を取り戻すことが出来ます。  


Posted by koikenina at 15:49Comments(0)

2019年01月14日

「銀歯が気になる」「差し歯が変色してきた」という方へ~審美歯科

メタルボンド
金属でできた「被せ物」の外部を、白く透明感のあるセラミックで覆った人工の歯です。
金属部分が見えないため、見た目もきれいで、変色もせず、多くの患者さんがよく選択される治療法です。また、強度が高いことも忘れてはならないメリットです(オールセラミックはすべて"セトモノ"でできているため、メタルボンドに比べると割れやすい)。
また、セラミックは細菌が付着しにくい材質であるため、本来の歯よりも汚れが付着しにくいという特徴もあります。
<メタルボンドのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない
<メタルボンドのデメリット>
・歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない
歯科レントゲン
セラミックインレー「セラミックインレー」とは、セラミック製のインレー(詰め物)を使用した治療法です。
従来の金属の詰め物では、目立ってしまうことに加え、金属アレルギーの問題も指摘されていました。しかし、白くて透明感のあるセラミックを金属の代わりにつめることで、それらの問題をクリアすることができました。
<セラミックインレーのメリット>
・自然な白さがあり、質感・強度ともに問題ない
・金属アレルギーの方も安心して利用できる
<セラミックインレーのデメリット>
・すり減りやすい
(これはメリットでもあります。強度が強すぎると、噛み合う歯を傷つけてしまうからです)
・保険外治療のため、値段が高い

ハイブリッドクラウン
金属のフレームにプラスチックとセラミックの混ぜ物を貼り付けたものです。 プラスチックが混ざっているためリーズナブルにできますが多少の変色と色褪せがあり、透明感はセラミックにおとります。 主に奥歯に使用します。
 マイクロモーター
ハイブリッドインレー
プラスチックとセラミックの混ぜ物で作った詰め物です。 セラミックよりもやわらかく周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがあります。 多少、色調はセラミックよりは劣り、経年的に変色もみられます。  


Posted by koikenina at 15:22Comments(0)