健康、生活 › 2019年01月22日

2019年01月22日

再発予防のためには、次のような予防対策が不可欠です。

歯周病になってしまったら…
歯周病を治すには、まず「お口の中を清潔に保つ意識」を強く持つことが必要です。
そして、徹底した歯科医院でのプロフェッショナルケア・ご家庭でのホームケアの両立が大切です。
歯科医院では基本的な治療に加え殺菌水による歯周病治療などを併用し、治癒効果の高い治療をおこなっています。
従来の基本的な歯周病治療に比べると劇的な効果が見られるため、感動すら覚えていただけるでしょう^^
歯科 コントラ
歯周病の再発予防のために
歯周病が治ったからといって元の生活に戻ってしまっては、また再発するかもしれません。
歯周病は感染症ですから、どこにでも原因はあるのです。
特に歯周病菌の一種である真菌(カビ)は口腔内常在菌と言っても過言ではなく、お口の中に必ず住み着いている菌です。徹底的にやっつけても、空気中や食べ物や手の指などから再びお口に戻ってきます。
また、真菌が増えすぎると歯ぐきが腫れるなど悪い影響も出てきます。真菌は歯周病菌と相性が良く、歯周病菌の再感染を招きやすいのです。
お口の中からこれらの細菌を完全に全滅させることは不可能なのです。

再発予防のためには、次のような予防対策が不可欠です。

定期的なPMTC(歯の清掃)を受けましょう

歯科医院で定期的にPMTC(歯の清掃)をおこない、歯周組織(歯のまわり)をいつも清潔に保つ。
歯の黄ばみも取れてきれいになり、見た目も良く口臭予防にもなります。

ブラッシング指導を受け適切な歯磨きをマスターしましょう
抜歯 器具
染め出しによる磨き残しチェックをして、歯磨きの弱点を知りましょう。
そして歯みがき指導を受け、正しい歯みがきをマスターしましょう。お口の状況によっては歯間ブラシやデンタルフロスの使用方法も説明します。

位相差顕微鏡を用いた定期健診を受けましょう

歯周病を起こす細菌の状況(細菌量)など、再び歯周病が進行する環境になっていないか?
などを、定期健診時に診てもらいましょう。

歯周病を予防する生活(意識)をしましょう

歯磨きの習慣や飲酒・喫煙など患者様の日常の生活状況をお聞きし、歯周病を予防するために必要なことや改善すべきことなどを説明します。  


Posted by koikenina at 12:42Comments(0)

2019年01月22日

みなさんは、歯周病についてはっきりとした知識をお持ちでしょうか?

簡単に言うと、顎の骨が溶けて歯がグラグラ揺れてしまう病気です。虫歯はある程度の深さなら、なんとか抜かずに、詰め物で元通りに咬み合わせを回復することができます。
ところが、一度歯周病にかかり、揺れ始めた歯を元に戻すことは、大変な労力が必要です。
また歯周病の悪化は、痴呆、姿勢の悪さ、内臓の悪化など全身に悪影響を及ぼします。歯周病治療の流れ
1.検査
・歯周ポケット測定
・レントゲン
・口腔内写真、顔貌写真
(咬み合わせが崩壊してしまったような、重度の歯周病の患者様に必要に応じて行います) 
レントゲンや歯周ポケットの測定により、歯肉の状態、歯を支える骨(歯槽骨)の状態、出血の有無、歯石の付着、歯の動揺などを
詳しく調べます。
歯科用マイクロモーター
2.カウンセリング
診査結果のもと、治療計画を患者様と相談して参ります。
3.初期治療
3-1.目に見える歯石、プラークの除去 
まず目に見える歯石、プラークの除去を行います。
同時に、患者様一人一人に適したブラッシング指導を行います。
3-2回目の検査 
歯石、プラーク除去後の歯肉の改善度合いを調べ、炎症が落ち着いて症状の改善がみられる場合はメインテナンスへ。
改善がみられない場合はルートプレーニングへ。 
3-3隠れた部位の歯石、プラークの除去 
歯周ポケットが深い部位の歯根表面に付着している歯石などを、専用の器具を使用し取り除くことで、歯周病を改善します。
※歯肉のかなり深い部分まであつかっていきますので、1回につき3~4歯ずつ、麻酔をし、無痛下にて治療していきます。 
ポータブルレントゲン 歯科
4.再評価
炎症が落ち着いて症状の改善がみられる場合はメインテナンスへ。
改善がみられない場合は歯周外科処置へ。 
5.歯周外科処置 
歯肉の悪い部位を外科的に切除し、歯根面を専用の器具で滑沢にします。同時に、歯槽骨の形態の修正も行います。 
・GTR法
・エムドゲイン、人工骨etcを用いた再生療法
・切除療法(フラップ治療)
6.メインテナンス
治療を行った箇所が再度歯周病に罹患してしまわないように、
メインテナンスを定期的に行っていきます。  


Posted by koikenina at 11:52Comments(0)