健康、生活 › 2019年01月24日

2019年01月24日

歯医者でのメンテナンスって、どんなことするの??

日本では、未だにほとんどの方が歯医者さんを訪れる理由として、「歯が痛む時」・「歯茎が腫れた時」・「詰め物や冠が取れた時」など、何か症状があった際に来院される方が多いのが実情です。しかし、違和感を感じてこまめに受診している患者さんでさえ、実はお口の健康を損なっているというのが事実です。世界的に見ても治療中心の医療から、軸足を予防に移す事は今や常識となりつつあります。 当院の予防歯科は、お口の健康を生涯維持する事はもちろん、自分の歯をさらに美しい歯に育てる事を目的としています。 いつまでも健康で美しい歯を手に入れてみませんか?
歯科診療用ユニット
PMTCの治療手順
PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、予防歯科先進国の北欧で開発された予防プログラムです。歯磨きしても落ちない歯の汚れやバイオフィルムを、歯科医師・歯科衛生士が専門の器械を用いて取り除き、口腔内を清潔にすることで細菌の繁殖を防ぎます。
痛みや出血等を恐れ、PMTCを敬遠される方がいらっしゃいますが、ブラッシングの上達(当院での繰り返しの指導)や少なくとも3ヶ月に1回程度定期的に行えば不快な症状も少なくすみ、お口の中の清掃が行えすっきりと爽快感も得られます。

歯医者でのメンテナンスって、どんなことするの??

その方に必要な処置を行います。
その時に、優先度が高いものから提供します。
私たちの願いは、歯を永く残して健康でいていただくことです。
こんな内容があります。
ワックスペン
 検診・・・ドクターが歯や歯ぐき、噛み合わせをしっかりチェック。
レントゲン撮影・・・歯周病の進行や虫歯をチェック。(必要な場合のみ)
歯周病検査  ・・・歯周病は、進行性の病気なので、定期的に検査が必要です。
歯垢・歯石取り・・・予防には、必須条件です。徹底除去!
歯周ポケット洗浄・・・歯ブラシでは、届かないところをきれいに洗います。
着色除去・・・汚れも付きにくく、白くツルツルな歯面に。
歯肉マッサージ・・・血行促進やヒーリング効果あり。
フッ素塗布・・・むし歯に対して、歯を強くする薬です。
リップケア・・・ぷるぷるの唇に!保湿効果あり。
唾液マッサージ・・・唾液の分泌を促します。  


Posted by koikenina at 12:41Comments(0)

2019年01月24日

虫歯・歯周病は歯を失う原因ワースト1・2位の病気です。

特に日本人は先進国でありながらも、虫歯・歯周病にかかっている患者の数が多く、残っている歯の数も少ないことがわかっています。歯科医療は日々進化し、インプラントや入れ歯など失った歯に変わる治療法が増えてきています。しかし、どんなに最新の義歯でも天然の歯に肩を並べるものはなく、「もっとちゃんと治療をしておけばよかった…」「若い時から予防をしておけば…」と後悔する人が後を絶たないのです。

歯を失うとどうなるの?
歯を失ったままにしていては食事や会話はうまくできません。たとえ入れ歯をいれたとしても噛む力は天然歯の約1/3になってしまいます。歯を失って不便なだけでなく、認知症のリスクが高まるといった研究結果もあります。歯を失うこと、噛むことができなくなることはとても恐ろしいことなのです。
高圧蒸気滅菌器
今、歯科先進国として注目されているのがスウェーデンです。
スウェーデンの平均の虫歯の数、歯周病にかかっている人の割合はどちらも日本のおよそ3分の1!
しかし、昔はスウェーデンも日本と同じく、虫歯・歯周病の多い国でした。
なぜそこまで減ったのかというと、危険を感じたスウェーデンは、国を挙げて予防歯科を推進したからなのです。
すると、虫歯・歯周病にかかる人が1/4まで減り、現在では80歳になっても20本もの天然歯が残っているというデータがあります。

予防でまず最初にすることはご自身のお口のことを知るための検査です。お口の環境は十人十色です。虫歯や歯周病の原因も異なれば、予防法も異なります。まずはご自身のお口の特徴を知り、お口の個性に合わせた予防プランを立てていきます。
超音波スケーラー
治療は特別なことはなく、定期検診とクリーニングが主な治療です。
虫歯の有無の確認、歯周ポケットの確認、お口の中のクリーニング、適切なブラッシング方法の指導など、痛みを伴わない治療を行います。

虫歯や歯周病になってからの治療では、どうしても痛みを伴い、健康も少なからず損なわれます。痛みもなく、将来の健康が手に入れられる方が良いと思いませんか?
そう思われる方は、ぜひ今日から予防歯科を始めましょう!  


Posted by koikenina at 12:12Comments(0)