健康、生活 › 2019年01月25日

2019年01月25日

歯が抜けるのを防ぐために、まずは定期検診で歯周病チェックを行いましょう。

歯を失う人の多くは歯周病が原因です。歯周病も虫歯と同じように口の中に住む細菌が食べかすをエサに増えることでおこりますが、虫歯の原因菌とは種類が違って、毒素を出して歯肉や歯を支える骨を破壊していきます。虫歯のように激しい痛みを感じないので、気づかないまま悪化させてしまう人も少なくありません。自覚が無いだけで、30歳を過ぎると80%以上の人が歯周病にかかっていると言われています。歯が抜けるのを防ぐために、まずは定期検診で歯周病チェックを行いましょう。

歯周病は歯の周囲組織に起こる疾患をいいます。虫歯と同じように細菌感染が原因です。近年では、口の中の慢性的な炎症や歯周病の原因菌が、肺炎や心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病に起因する病気などとの関連性が問題となっています。また、歯周病や虫歯の原因菌は人から人へ移ることがあります。例えばスプーン等の共用、口移しの食事などで赤ちゃんや小さいお子さんと接することで感染してしまう恐れがあります。歯周病は自分で気付くのは難しいですが、自分のためだけでなく家族のためにもお口のケアの大切さを理解しましょう。

プラークスコア
歯に付着している歯垢の残り具合をチェックすることを「プラークスコア」といいます。歯と歯の間・奥歯の噛み合わせの部分・歯の裏側などの歯ブラシが届きにくい場所は、自分ではしっかり歯磨きをしているつもりでも歯垢の磨き残しが多くなりがちです。歯垢は歯周病の原因になるほか、放っておくと石灰化して歯磨きでは落とすことができない歯石になってしまうので早めの対処が必要なのです。そのため、歯に付着した歯垢の磨き残こしがないか、プラークスコアによってしっかりチェックします。
ダイヤモンドバー
歯石除去
歯垢は、時間が経つと唾液中のカルシウムが沈着して硬くなってしまいます。この状態を歯石と呼び、溜まってしまったら除去しなければなりません。歯ぐきより上の部分の歯石除去(歯肉縁上スケーリング)を行います。

ルートプレーニング(SRP)
歯ぐきの中にまで歯石が沈着した場合も、除去(歯肉縁下スケーリング)が必要です。また、ざらざらになった根っこの表面をツルツルにし、組織がなじみやすくするように「ルートプレーニング」も行います。この2つの作業は同時に行うことが多く「スケーリング・ルートプレーニング」とも呼ばれます。
歯科用ポータブルユニット 
歯周外科治療
歯周病が進行すると、スケーリングやルートプレーニングでも状態が改善しないことがあります。歯垢や歯石を取りきれなかったり、歯ぐきの質の改善が必要だったり、骨がいびつに溶けてしまったりしている場合は、歯周外科治療が必要となります。  


Posted by koikenina at 11:54Comments(0)

2019年01月25日

口臭がある。また、周りの人に指摘されたことがある。

最近、歯科でクローズアップされているのが「歯周病」です。
歯周病とは、歯と歯肉の間にプラーク(歯垢)が溜まり、そのプラーク(歯垢)に含まれる歯周病菌が原因で歯肉に炎症を起こす病気です。さらに進行すると骨にまで到達してしまい、歯を支えている骨を溶かし、そして支えている骨が無くなるので歯が抜け落ちてしまう病気です。

歯周病は無自覚で少しずつ進行していき、気付いたときには大変なことになっているケースをよく見かけます。最近では、歯を失う原因のナンバーワンが歯周病だと言われています。平成17年の厚生労働省「歯科疾患実態調査」では、15~24歳が36.5%、 35~44歳が84.27%、55~64歳が85.79%の人たちが歯周病を患っていると言われています。
歯科材料販売
特に40~50歳代では歯周病による歯の喪失が多く60歳代では平均10本の歯を喪失しています。歯周病は「気づいたときにはもう手遅れ」といったケースをよく見かけます。むし歯と同様にやはり早期発見・早期治療がカギとなります。
下記のような症状がある場合は当院に早めにご相談ください。

歯周病の主な症状
◎ ハミガキをするたびに歯肉から出血する
◎ 歯肉が腫れている気がする
◎ 歯がグラグラする
◎ 口臭がある。また、周りの人に指摘されたことがある。
◎ 食事をすると歯の隙間に食べ物が挟まる
◎ 硬いものが食べづらい(噛んだときに痛みがある)
◎ 歯肉から膿が出ている
◎ 口の中がネバネバしている
◎ 歯が伸びたような気がする(歯肉が後退している)
◎ 歯が浮いた感じがする(歯肉がムズムズする)
口腔内カメラ
歯周病の予防
「日本国民の約80%が歯周病にかっている」という言葉を聞きますが、実際に歯周病にかかっている割合は50%ぐらいです。ではなぜ8割という数字がでてくるのでしょうか?これは、ほっておくと歯周病にかかってしまう歯周病予備軍を含めた数字になります。この数字を逆手に取り、歯周病予備軍の方たちをしっかり予防することができれば、歯周病羅患率をグッと下げることができるのではないでしょうか。

歯周病は進行もゆっくりですが、治癒するのも同じぐらいゆっくりです。ですから虫歯の治療のように「削って、詰めて、おしまい」というわけにはいきません。歯周病は、一連の治療が終わったあとも、メインテナンスを続けていく必要があります。そして、継続的にメインテナンスをすることで歯周病の進行を止め、かつ予防することもできます。  


Posted by koikenina at 11:20Comments(0)