健康、生活 › 2019年02月28日

2019年02月28日

歯周病は初期から中等度のものなら簡単に治療できます

「自分はまだまだそんな年じゃないし」「歯周病っておじさんの病気でしょ」こんな風に思っていませんか?
歯周病の一番怖い所は自覚症状が全くないことです。ですから、次のような症状のある方は、早急に歯科医院での検査を受けることをお勧めします。
・歯磨きすると出血する
・口の中が粘つく
・口臭がする
・固いものが噛みにくい
・歯が動く
・歯がのびてきた
歯周病は初期から中等度のものなら簡単に治療できます。しかし重度になるとそうはいきません。歯周病は早くからの予防が何よりも大切なのです。歯科 器材 通販
歯周病にはいくつかのリスクファクター(特定の病気を発症させる可能性の高い危険因子)があることが明らかになっています。歯周病菌に感染しているかどうか、細菌の量がどれくらいいるか、深い歯周ポケット、歯並び、歯ぎしり、口呼吸、さらには喫煙、ストレス、肥満や糖尿病、乱れた食生活などの生活習慣も間接的に歯周病を悪化させることが分かっています。
リスクファクターは人それぞれ。まずは自分のリスクファクターを知り、歯周病のリスクをコントロールすることが重要です。歯周病は基本的にはプラークコントロールを徹底することで予防できる病気です。ホームケアをしっかり行っていただくことはもちろん、ご自分で磨ききれない部分はプロの手での清掃が欠かせません。また、治療後も定期的に予防のための検査やクリーニングを受けていただくことが必須なのです。
予防にはメインテナンスが不可欠です
led光重合照射器
虫歯や歯周病の治療が終わってきれいなお口の中になったら、こんな風に思ったことはありませんか?
「やれやれ、やっと終わった。もう歯医者に来たくない」
お口の健康を取り戻した瞬間、それは予防のゴールではなくスタートラインなのです!これからも私たちスタッフが生涯に渡ってあなたのパートナーとなり、二人三脚で歯を守ります。
歯科医院で「メインテナンス」という言葉を聞かれたことはありますか?
メインテナンスと「歯科検診」という言葉を同じ意味だと思っておられる人が多いのですが、実はこの2つには明確な違いがあるのです。歯科検診は、治療すべきところがないか早期に発見し早期の治療を目的とするもの。一方、メインテナンスはお口や歯の健康を維持することを目的としています。
メインテナンスの内容として、定期的にお口の中の検査をしたり、生活環境や食生活の変化がないかなどの問診をし、お口の中が悪くなっていないか、また今後悪くなる要因がないかどうかをチェックします。また、セルフケアだけではとりきれない汚れ(細菌)をプロフェッショナルケアで定期的に除去することで、歯を病気から守りお口の健康を維持します。  


Posted by koikenina at 11:58Comments(0)

2019年02月28日

歯のクリーニングは、虫歯・歯周病予防のため、歯科医院で行う「プロフェッショナルケア」の一つです

TVCMや雑誌などで、「予防歯科」という言葉が一般的になってきました。
しかし日本では、歯医者さんは「歯科は痛くなったら行くところ」とお考えの方も、まだ多くいらっしゃると思います。実はスウェーデンなどの歯科先進国では定期的に健診を受けるのが普通になっているのです。虫歯や歯周病予防、歯とお口の健康を積極的に守るため、歯科医院での「プロフェッショナルケア」と、毎日の「セルフケア」がとても大切です。また予防以外にも、いつも通う信頼できる歯科医院があることで、何か異常が起こった時・困った時は「すぐに相談できる」ということも大きなメリットの一つです。
予防歯科では、お口の中のチェック(歯科健診)・クリーニング・歯磨きのアドバイスなどを行います。
歯 ホワイトニング 機械
歯のクリーニング
歯のクリーニングは、虫歯・歯周病予防のため、歯科医院で行う「プロフェッショナルケア」の一つです。
歯のクリーニングは、歯に付着している歯垢や歯石を取り除く作業のことです。
歯に付着した石のように固くなってしまった汚れを、歯石と言います。歯石は、歯ブラシなどを使って自分で取ることはできませんし、歯周病を進行させてしまう恐ろしいものです。
そのために、歯医者の専門の器具を使って徹底的に歯をお掃除(クリーニング)する必要があります。
仕上がりは、爽快で歯の表面がツルツルになります!
歯のクーニングの効果
虫歯や歯周病の予防
歯の本来もつ白さや輝きを取り戻す
口臭の予防
健康なお口・歯を維持できる
歯のクーニングの費用
通常は、お口の中のチェック(歯科健診)・クリーニング・歯磨きのアドバイスを含めて同時に行います。
虫歯や歯周病の治療・予防を目的として行う歯科健診・歯のクリーニングは、保険診療が適用されます。
歯の状況や保険負担額などにより異なりますが、目安は3割負担の方で3,000円前後くらいです。
超音波スケーラー
自宅でのセルフケアも忘れずに
予防歯科では、歯医者での定期的なプロフェッショナルのケアも大切ですが、毎日のセルフケアも欠かすことができません。
毎日歯磨きをしてみても、虫歯になったことがある方もいらっしゃるでしょう。
自分ではしっかり磨いているつもりでも、磨き残しができてしまうのです。
●ワンポイントアドバイス!フッ素の使い方
最近は、フッ素配合のハミガキ剤が多くあります。
歯の再石灰化を促し、虫歯を防ぐ効果があるフッ素を、「お口の中に長く留める」ことがポイントです。歯全体にハミガキ剤広げるように歯を磨き、その後は少量の水をお口に含み、1回すすげば十分です。何回もうがいをすると、フッ素が流れてしまいます。  


Posted by koikenina at 11:27Comments(0)