健康、生活 › 2019年03月04日

2019年03月04日

歯周病は気づかないうちに進む病気です。

今まで歯科医院は、歯が痛くなってから行くものでした。
しかし虫歯になってから、歯を失ってからでは手遅れです。また歯周病で溶けた顎の骨はなかなか元には戻りません。そのため最近では歯が悪くならないように予防していくことが重要になってきました。治療する前に予防することがこれからの歯科医院のスタンダードとなってきます。

歯周病は気づかないうちに進む病気です。
プラーク・コントロールという言葉がよく使われますが、歯垢を除去することが、歯周病の予防に最も有効です。また、歯肉の血行を良くするためのマッサージ も大切です。毎日しっかり歯磨きしているはずなのに虫歯になったり歯周病にかかってしまう患者様がおられます。いったい、どうしてでしょうか。その最大の 理由は、磨いているつもりでもきちんと磨けていないのが実状だからです。「磨いている」と「磨けている」とは全く別のことになります。きつい言い方に聞こ えるかもしれませんが、「磨いても、磨けていなければ意味がない」ということです。ブラッシング方法にはさまざまな方法が提唱されていますが、人にはそれぞれブラッシングのくせがあり、歯の生え方も一様ではありません。自分に合った方法を見つけることが大切です。
マイクロモーター 販売
当院では、患者様ができるだけ無理なく効果的なブラッシングを継続できるよう、数種類の歯口清掃用具の中から、ご自身に最適と思われるモノをおすすめします。またブラッシングのコツを記載したオリジナルのリーフレットを作成するなど、きめ細やかなブラッシング指導を行っております。

また歯周病を防ぐには、定期的な歯科医院での歯石除去も必要です。歯石除去は、口腔衛生の専門家である歯科衛生士の手により行われます。優秀な歯科衛生士は非常に頼もしく、お口の健康を皆様と一緒になって守ってくれます。

喫煙がもたらす歯周病への影響
歯周病菌と戦う白血球の機能を低下させる
歯肉に酸素や栄養を供給するのに大切な毛細血管を収縮させる
歯肉を修復するために必要な線維芽細胞の働きを抑制させる
歯と歯肉の境目にある溝の中の酸素が不足し、酸素が大嫌いな歯周病菌にとって繁殖しやすい環境を作ってしまう
唾液の分泌が少なくなり、う蝕(虫歯)や歯周病の原因菌が増殖しやすくなる
体の抵抗力が弱まり、傷ついた歯周組織を修復する能力を低下させる
歯肉からの出血は、歯周病を発見するサインの一つです。
歯科用 ダイヤモンドバー
ところが、喫煙すると歯肉の血流が悪くなるため、歯肉が炎症を起こしても出血しにくくなり、歯肉も色素が沈着し黒ずむため炎症反応を分かりづらくし、 結果として自覚を遅らせ、知らない間に症状が悪化して歯を失う恐れがあります。
また、喫煙は歯周病に影響を与えるだけでなく、抜歯後の傷口や歯ぐきの処置後の回復を遅らせ、 インプラントの脱落を招くなど、 あらゆる歯科の処置に悪い影響を及ぼします。
ぜひ、歯科医師や歯科衛生士、また禁煙外来などに相談しましょう!!  


Posted by koikenina at 11:56Comments(0)

2019年03月04日

「毎日、歯磨きしているのに、なぜ、むし歯ができるんだろう?」と思ったことはありませんか

アメリカやヨーロッパの人たちに比べて、日本人は残存歯数が少ない。というお話をご存知でしょうか。多くの動物は、歯が無くなると死んでしまいます。これは、人間にも当てはまること。年を取っても、元気な方の共通点。それは、歯が健康であるということです。
欧米では歯の定期クリーニングを行うことは一般的で、歯の大切さを子どもの頃から認識しています。

その結果、グラフのような違いが表れてくるのです。
日本人の多くの人が見落としがちな「歯の大切さ」。
歯を失くしてから、後悔してしまう人が減りますように。
おかだ歯科クリニックでは、定期クリーニングをオススメしています。
歯科用高圧蒸気滅菌器
定期的なクリーニングは、歯周病の予防や進行の抑制に非常に効果が高いことが学会でも認知されています。
グラフをご覧ください。ブラッシングを自分なりにしっかりして、治療もきちんと受けていても、80歳の時点で歯の数はやはりわずかに6~7本しか残っていません。ところが、きちんと最新の予防プログラムを受けた人は80歳でも約16本残っています。
患者様の歯の残存数を増やすこと。それが、私たちおかだ歯科クリニックの使命のひとつです。

むし歯の予防・歯のクリーニングについて
「毎日、歯磨きしているのに、なぜ、むし歯ができるんだろう?」と思ったことはありませんか。以前はむし歯の原因といえば、歯質・むし歯菌・砂糖などの条件がそろうと発症する、というものが定説でした。最近では、より詳しいメカニズムが分かり、予防法も確立されてきています。ただ一生懸命磨くだけでは、予防しきれないむし歯。
プロによる歯のクリーニング(PMTC)P.M.T.C(プロフェッショナル・メカニック・ツール・クリーニング)とは、歯科衛生士によって、専用の機械を用いて行われるプラークコントロール法です。歯周病やむし歯の予防はもちろん、歯を白くする効果や歯周病やむし歯のリスクを減らすことができます。
超音波スケーラー
歯周病やむし歯を引き起こす元凶である、プラーク(歯垢)。このプラークを取り除くには、毎日の丁寧なブラッシングが必要ですが、実は完ぺきにするのは難しいもの。
歯ブラシが届きにくいところに、プラークが残ってしまうことが多いのです。それをきれいに取り除いてくれるのが“PMTC”。所要時間は30分~1時間程度。
痛みは全くないので安心して受けられます。  


Posted by koikenina at 11:23Comments(0)